2275 VIEW

すのこでDIY!100均を使った棚の作り方

100均で手に入るすのこを使って、お洒落な棚をDIY!
コスパ抜群なすのこでのDIYは、初心者さんにも最適で、どんなインテリアにも合わせやすい家具が作れるのが魅力です。
今回は、すのこDIYの基本の手順ややり方についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年2月4日更新

目次
  1. 1:すのことは
  2. 2:材料は100均で購入可能!
  3. 3:すのこのDIYに最低限必要な道具
  4. 4:すのこDIYでの作り方
  5. 5:初心者はすのこで棚をDIYしてみよう
  6. 6:すのこベッドのDIYの作り方
  7. 7:すのこのDIYでベランダ家具にもチャレンジ
  8. まとめ

1:すのことは

「すのこ」とは、太い木の角材に、それより薄い木材の板を直角に打ち付けたものです。
木材の材質で使われるのは、主に「ひのき」や「桐」。
水気に強いその性質を活かして、除湿目的で使用されることもあります。

すのこの木が対象物の水分を吸収し、そしてそれを空中に発散させます。
湿度の高い、寝具への対策として使われることが多く、ベッドやマットレスの下に使うのも有効な使い方です。

2:材料は100均で購入可能!

すのこは低価格で手に入る!

すのこはプチプラで購入することが可能な、コスパ優秀アイテム♪
ダイソーやセリアなどの100均を始め、ニトリなどでも100円よりは多少お値段がアップするものの、グレードも高くなったものが簡単に手に入ります。

サイズも大小様々なものが揃っているので、作りたいものに合わせて選べるのが嬉しいですよね。

材料費が抑えられる!

すのこDIYの魅力のひとつは、初期投資費用が少なくて済む、ということです。
材料となるすのこは100均のものでもOKだし、必要な工作道具も、結束バンド、ボンドなどで済ませられる場合もあり、100均で一通りのものは揃います。
まずは気軽に作ってみたい、という人へのハードルも低く、DIY初心者さんにもオススメと言えます。

3:すのこのDIYに最低限必要な道具

トンカチ(金槌)

すのこDIYに限らず、DIY全般において必要な局面が出てくるのがこちら、「トンカチ(金槌)」です。
すのこ同士を合わせて釘を打って固定する時には必須ですし、もし木工ボンドなどで固定するから大丈夫、という方も、強度を高めたい場合にはやっぱりあったほうが心強いです。

100均でも手に入りますが、ある程度の大きさがあったほうが釘は打ちやすいです。

木工ボンド・結束バンド

すのこDIYへのハードルを低くしてくれるのが、木工ボンドと結束バンド。
釘打ちなどに不安がある方ならば、耐荷重は低くなりますが、木工ボンドのような手軽な固定道具を使ってまずは作品を作ってみるというのもひとつの手です。
釘打ち前の仮止めにも使えます。

ペンキ・ネジ

すのこのカラーを変えて使いたい時に使用する、ペンキなどの塗料、また、ネジや釘なども100均で手に入ります。
セリアなどではアンティーク調のお洒落なネジなども取り扱われているので、見た目も素敵なものが作れますよ。

その他

4:すのこDIYでの作り方

作るものを明確にする

欲しい家具像を明確にする

まずいちばん大事なのは、自分が一体何を作りたいのか、ということ。
ほしい家具のイメージを明確にしておきましょう。

スペース

すのこ家具の置き場所について、スペースの大きさをしっかり把握しておくことも大事です。
イメージだけで材料を買いに行くと、置きたい場所に入らなかった、なんてことも起こりがちです。
すのこのサイズを決めるためにも、まずは設置場所の測定をして、作るものの幅、高さ、奥行などを出しておきましょう。

雰囲気、イメージを決める

設計図を書いてみる

頭に思い描いたイメージを簡単でいいので、設計図の形にしておきましょう。
決めておいたサイズに従い、どんな風に仕上がるのか、完成品のイメージを書き込みます。
これがあると、今後の作業の流れが一段とスムースになります。
作業途中の確認にはもちろんのこと、後々、作業記録を書き足したり、新しいアイデアを補足しておいたり、同じものを作りたくなったときなどにも、容易に見返せるので、便利ですよ。

作業場所を確保

さて、いよいよすのこなどの材料も準備して、作業に取り掛かろう、という時に、作業のためにある程度の場所を用意しておくことが必要です。
DIYの時には、十分に余裕のあるスペースで行わないと、失敗はおろか、思わぬ事故にもつながりかねません。
すのこのカット、組み立て、塗装など、作業スペースの確保が必要な作業はいっぱいあります。
作業場所の周辺は、事前に片付けておきましょう。

自分なりにアレンジ

5:初心者はすのこで棚をDIYしてみよう

すのこDIYで作った棚の実例

カフェスペースに

コーヒーやお茶を入れる道具や豆などを、整然と見栄え良く整理するのに、すのこ棚を上手に活用されています。
すのこの持つ素朴さを活かしつつ、すのこの塗装もコーヒースペースにぴったりなイメージ。くつろぎタイムがますます楽しめそうですよね。
上にかかったすのこボードも、暗めの色合いがハマっていて、とても素敵です。

狭いスペースにも置ける

こちらはトイレに設置されているすのこ棚の実例です。
白くペイントされたすのこが可愛らしく、フェイクグリーンとの相性もいいですね。
100均で手に入りやすいミニすのこは、こんな狭いスペースでも大活躍する大きさです。

壁掛けにもできる

すのこ自体が軽い素材なので、壁掛けとしての設置も比較的楽にできます。
こちら、元はキッチンでスパイスラックとして使われていた棚だそうですが、リメイクして洗面所の収納棚として使われているそうです。
すのこ棚は、元々の形がシンプルなので、気分によって使い方を変えてみたり、応用の幅が広いのも魅力的ですよね。

すのこを使った棚の作り方

サイズが同じすのこ3枚を用意

まずは、お好みのサイズのすのこを同サイズで3枚用意しましょう。
今回作るすのこ棚は、この3枚とも縦半分にカットする、という工程がありますので、板が6枚(偶数)になったものがいいでしょう。

すのこを設計図に合わせてカット

次は、3枚のすのこをそれぞれ真ん中でカットします。ノコギリを使用します。
全部で6枚の細長いすのこができるはずです。
こちらの写真、左側のすのこの右部分に角材が出っ張っていますが、これもきちんとカットして落としておきます。
その後、紙やすりでカットした表面部分を滑らかにしておいてください。

外枠の組み立て

床の上に、先程カットしたすのこを1枚置きます。
そしてその両サイドに、2枚のすのこを立てて置きます。
床に置いたすのこと両サイドのすのことを、木工用ボンドで接着します。
この段階では、ボンドだけで大丈夫。場合によっては、最後までボンドだけでも大丈夫です。

棚部分を組み立て

一番上の下駄部分に、まず天板となるすのこを渡してボンドでくっつけます。
その後、真ん中の棚部分になるすのこを、両サイドのすのこと接着して固定します。
棚の形はこれで完成!あとは仕上げです。

棚を補強

アレンジ

6:すのこベッドのDIYの作り方

すのこを使ったベッドの作り方

すのこベッドのDIYに必要な道具

すのこベッドを作るのに必要なのは、まずは作りたいサイズに合わせた数量のすのこです。
ベッドという大型作品を作る時には、大きめの、押入れ用のすのこを使うといいでしょう。
ホームセンターやニトリなどで、比較的安価で手に入ります。
作りたいベッドの寸法と、目当てのすのこのサイズを調べておき、何枚のすのこが必要になるか計算してから買いにいきましょう。
もしぴったりにならなくても、ノコギリでカットすればいいですよ。

その他、「結束バンド」を用意しておきます。

すのこベッドのDIYの作り方

7:すのこのDIYでベランダ家具にもチャレンジ

観葉植物置き場

素朴でシンプルな外観が魅力のすのこ棚は、観葉植物を引き立たせるのにぴったりです。
すのこの材料としてよく使われるヒノキは屋外での使用にも向いた素材なので、耐久性にも安心感があります。防水塗装をしたり、保護剤、防腐剤などで定期的にメンテナンスすると、すのこの寿命も延びますよ。

ウッドデッキ

なんと、すのこで憧れのウッドデッキを作ることも可能です!
普通にウッドデッキを設置するよりもかなりのコストダウンができます。
こんな風にお洒落な色に塗ってみると、とてもすのこには見えませんよね。

ベランダの目隠しに使う

ウッドデッキを立てかけたり吊るして固定することで、ベランダの目隠しとして使用することも可能です。
防犯やプライバシーを守る目的だけでなく、S字フックやラックなどを使ってすのこに収納を引っ掛けることもできますし、観葉植物をディスプレイするのも素敵です。

まとめ

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事