26780 VIEW

セリアのフェイクフラワーがおしゃれ!種類と使い方を大公開

100均の造花は安っぽい…そんな誤った思い込みをしていませんか?実は100円ショップセリアの造花は間近で見ても問題ないほど良くできている物が多いのです。今回は、そんなセリアの造花の種類と使い方をご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月29日更新

目次
  1. セリアのフェイクフラワー(造花)
  2. セリアのフェイクフラワー。おすすめの種類と特徴
  3. お手本にしたい!フェイクフラワーのおしゃれな使い方
  4. まとめ

セリアのフェイクフラワー(造花)

セリアのフェイクフラワー(造花)に注目

DIY用品・収納用品・裁縫用品・キッチン用品・掃除用品などなど、さまざまなアイテムを取り扱う100円ショップ「セリア」。
この記事では、その100円ショップ「セリア」の多種多様な製品の中から、「フェイクフラワー(造花)」をピックアップしてご紹介していきます。

クオリティーは良い?それとも悪い?

こちらの記事をご覧のみなさんの中には、100円ショップのフェイクフラワー(造花)は、品質が悪そう…というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、それも仕方がありません。実際、4、5年前の100均のフェイクフラワーと言えば、布がテカテカしていたり、茎部分がいかにもプラスチックだったりと、とても残念なアイテムが大半でした。

しかし、100円ショップセリアは、そんな100均フェイクフラワーたちを一新。とても精巧な作りのフェイクフラワーを次々と売り出しているのです。
例えばこちらの写真。これは筆者が100円ショップセリアで撮影したフェイクフラワー売り場です。以前の100均クオリティーとは一線を超えているのがお分かりになると思います。

今回はそんなセリアの100均フェイクフラワーたちの中から、特にクオリティーの高いアイテムたちをピックアップしてご紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

セリアのフェイクフラワー。おすすめの種類と特徴

ハイドレンジア(紫陽花)

まず最初にご紹介するのは、セリアのフェイクフラワー(造花)の中でも、一際人気が高いこちら。小さな花弁が集まった愛らしいハイドレンジア(紫陽花)のフェイクフラワーです。

淡いベージュピンクのカラーがとても上品ですよね。ナチュラル系のインテリアやシック系のインテリアとの相性がとてもよいデザインです。
とてもおすすめのフェイクフラワーですので、セリアに立ち寄る機会がありましたら、ぜひとも確認してみてください。

このフェイクフラワーは、本当にクオリティーが高く、こんなに近づいても荒がまったく目立ちません。本当に100円(税別)のフェイクフラワーなのかと目を疑ってしまう逸品なのですよ。

ハイドレンジア(紫陽花)のアップ写真

ピントが合っていなくて申し訳ないのですが、これがセリアのフェイクフラワー(造花)の1つ、ハイドレンジア(紫陽花)をアップにした写真です

この1塊で1本分。しっかりとボリュームがありますね。それに花弁の質感もとてもリアルです。とても100均のフェイクフラワーとは思えませんね。
また、カラーですが、こちらのピンク色の他には、落ち着いた色合いのホワイトと薄い紫のものが売られていました。

ガーベラ

ハイドレンジア(紫陽花)と同様に、強くおすすめしたいのが、こちらのガーベラ。
セリアのガーベラはとてもクオリティーが高く、こんなアップ写真にも耐えうります。また、本物のガーベラ同様に肉厚でボリュームがあり、たとえ1本だけでも存在感があります。

そして、セリアのガーベラはけばけばしい色合いではなく、上品なカラーがそろっています。そのため、アンティーク調のインテイリアとの相性もとても良いのです。

ガーベラのアップ

こちらはセリアのガーベラ(造花)のアップ写真なのですが、またしてもピントを合わせることに失敗していますね。写真が下手で本当に申し訳ありません。

この写真では分かりにくいでしょうが、セリアのガーベラ(造花)は、花弁の品質の高さもさることながら、花弁中央の花心の再現度も目を見張るものがあります。
こちらのピントの合っていない写真でさえ、複数の色を使って丁寧に再現しているのが分かりますね。
このように、セリアで販売されているガーベラ(造花)は、とてもクオリティーが高いのです。

また、花も大きく存在感がありますので、1本挿しにしても十分に目を惹きます。お部屋のインテリアに最適なフェイクフラワーですので、セリアに立ち寄りましたらぜひハイドレンジアと一緒にチェックしてみてください。

ニゲラ(クロタネソウ)

続いてご紹介するセリアのフェイクフラワー(造花)は、こちらの写真中央に写っているさわやかなブルーのアイテム。

淡いブルーと濃いブルー、そしてきれいなホワイトの3種色が用視されていました。
この写真では、どんなフェイクフラワーなのかちょっと分かりにくいので、下記に掲載しているアップ写真に移りましょう。

ニゲラ(クロタネソウ)のアップ写真

こちらが上記写真に写っているフェイクフラワー(造花)をアップで映した写真です。

このフェイクフラワーは、ニゲラ(クロタネソウ)を模倣したアイテム。ニゲラは、先端が凸凹している花びらと、細かなモサモサした葉が特徴的な可愛らしい植物です。セリアのフェイクフラワーは、そのニゲラの特徴をとてもよく表現しています。

そしてこちらのフェイクフラワーは、お部屋にブルーが欲しいときにおすすめ。長くシュッとした茎と、上に向かって開く花弁のおかげでスッキリとした印象をしているので、さわやかな印象が生まれます。また、葉がもさもさしているので、スッキリしすぎて寂しい印象になることもないので、2、3本まとめて飾るだけでも、お部屋のいいアクセントになってくれるはずです。

ミニ菊ブッシュ

こちらはミニ菊を模したセリアのフェイクフラワー(造花)。とっても可愛らしいフェイクフラワーで、見ているとほっこりした気分になります。
カラーは写真に写っているホワイトとイエローがありました。

ご覧の通り、どちらのカラーも高品質で、安物のフェイクフラワーとは、とても思えないような出来栄え。では、このフェイクフラワーのさらなるアップ写真を確認してみましょう。

ミニ菊ブッシュのアップ写真

これがセリアのミニ菊ブッシュ(造花)のアップ写真です。花弁や葉がとても丁寧に作られているのがわかりますね。また、ふわふわとした花心もよく再現できています。

そしてこのミニ菊ブッシュは、1本に6~7個の花弁がついてきます。こんなにボリューミーでも、お値段はもちろん100円(税別)。とってもお得感のあるフェイクフラワーです。

可愛らしいフェイクフラワーですので、ナチュラス系のお部屋にもガーリーテイストなお部屋にもよくマッチしますよ。また、白いレースのカーテンと一緒に、窓辺に飾ってもステキなインテリアになるでしょう。

マムスプレー

次はポンポンしていて可愛らしいフェイクフラワー(造花)のマモスプレーをご紹介します。
写真中央のフェイクフラワーがマモスプレーなのですが、この写真では分かりにくいですね。
ですので、早速下記掲載のアップ写真に移ってしまいましょう。
こちらがセリアのマモスプレー(造花)です。毛糸のポンポンボールのような、とても愛らしいデザインをしています。
また、もちろん品質も良く、こちらの写真のように安っぽさがありません。シックなインテリアやアンティーク調のインテリアが欲しいときにおすすめのフェイクフラワーですよ。

また、愛らしいフェイクフラワーですので、ヘアアクセサリーにする方もいらっしゃいます。
落ち着いたカラーをしていますので、10代だけでなく、20代の女性が使っても◎。ぜひアレンジてしみてください。

ローズブッシュ

さて、続いてはバラのフェイクフラワー(造花)をご紹介します。
セリアでは、さまざまなデザインのバラ(造花)が販売されているのですが、今回おすすめしたいのは、やや小ぶりなローズブッシュ。

写真下段のフェイクフラワーがそのローズブッシュです。こちらのバラ(造花)は、複数の花弁がついてくる上に、カスミソウを模したフェイクフラワーとセットにまでなっているのですよ。
では、このローズブッシュをもっとアップで見てみましょう。

ローズブッシュのアップ写真

この写真がローズブッシュのアップ写真です。
1本に3つの花がついてきます。また、写真に写っているように、丁寧に作り込まれたカスミソウもついてきます。
ミニ菊ブッシュ同様、とてもお得感のあるフェイクフラワーですね。

ボリュームがあるフェイクフラワー(造花)ですので、1本だけで飾っても充分存在感がありますが、何本か一緒に飾って華やかなインテリアにすることもできますよ。
カラーは、こちらの赤の他に、イエローとホワイトを見つけることができました。

お手本にしたい!フェイクフラワーのおしゃれな使い方

デスクのインテリアに

ステンドグラスやおしゃれなオーナメントでコーディネートされたステキなデスク周り。その一角にガーベラのフェイクフラワー(造花)が飾られています。シックなコーディネートにとてもよくマッチしていますね。

それにしても本当にステキなお部屋です。うっとりしてしまうようなコーディネート術ですね。こんなにおしゃれなお部屋なら、デスクに向かうのも楽しくなりそうです。

玄関のインテリアに

こちらはフェイクフラワー(造花)で玄関を華やかにコーディネートしています。
こんなに明るい玄関であれば、朝の憂鬱な気分も吹き飛んで、さわやかな気持ちで外出できそうです。

また、色とりどりのフェイクフラワーを使用しているのに、目がチカチカしてきません。素晴らしいカラーコーディネート術。お手本にしたいですね。

メルヘンチックなインテリアに

続いてご紹介するのは、カゴバッグにたくさんのフェイクフラワー(造花)を飾ったこちらのアイデア。
メルヘンチックでとても愛らしい使い方ですね。眺めていると、夢心地のような、幸せな気分になってきます。

みなさんも、セリアのハイドレンジア(紫陽花)を使用して、こちらをお手本にステキなインテリアを作ってみてはいかがでしょう?

ウォールインテリアに

こちらはフェイクフラワー(造花)をカゴバックにつめて、ウォールインテリアとして活用しています。
春を連想させる温かみのあるアレンジですね。窓から射し込む日差しがとても良く似合っています。とても素敵な発想です。

こちらの写真をお手本にする場合は、ミニ菊ブッシュを利用するとよさそうです。ぜひお試しください。

ハンギングインテリアに

ウォールインテリアアレンジをご紹介した後は、ハンギングアレンジのご紹介です。
こちらは、小さな花瓶にフェイクフラワー(造花)を入れて吊しています。こちらも春を想わせる温かくさわやかな使い方。
簡単な方法で、こんなにステキなインテリアができるなんて驚きですね。

グリーンコーナーに

こちらは、たくさんのフェイクグリーンとフェイクフラワー(造花)を使ってステキなグリーンコーナーを作成しています。
甘すぎることもなく、シンプル過ぎることもないステキなコーディネート術。ずっと見ていたくなるほど素晴らしいです。

フェイクフラワーであれば、水遣りの心配がいりませんから、みなさんもこちらの写真のように、たくさんのフェイクフラワーを用いて、おしゃれなグリーンコーナーを自作してみてはいかがでしょう?

リースにリメイク

ホワイトを基調とした、さわやかなこちらのリース。実は本物の花ではなく、フェイクフラワー(造花)で作られているのですよ。
とてもステキな出来栄えで、おしゃれな雑貨屋さんで販売していてもおかしくないほどです。

また、フェイクフラワーは枯れることがありませんから、リース作りに最適。こちらをお手本にして、自分好みのリースを作ってみるのもきっと楽しいですよ。

デコレーションアイテムとして活用

こちらは、フェイクフラワー(造花)をインテリアとして使うのではなく、小物をリメイクするためのデコレーションパーツとして使用しています。

とってもユニークな発想ですね。フェイクフラワーで、おしゃれにデコレーションされたたくさんの鏡たち。ショップで売っていたら、ついつい衝動買いしてしまいそうです。
このアイデアは本当にステキ。ぜひとも取り入れていきたい素晴らしいアイデアです。

シンプルなミラーをデコレーション

続いてご紹介するこちらも、フェイクフラワー(造花)をデコレーション用のパーツとして用いています。
たくさんのフェイクフラワーのおかげで、鏡がメルヘンチックなインテリアに早変わり。ため息がでるほどおしゃれな使い方ですね。

みなさんも、ご自宅の鏡をフェイクフラワーでデコレーションしてみませんか?お部屋がぐっと華やかになりますよ。

お子さんのようのヘアアクセにリメイク

こちらの可愛らしいヘアアクセサリーも、フェイクフラワー(造花)で作られています。
お気に入りのフェイクフラワーをカットして、ヘアピンに貼り付けるだけで、オリジナルのヘアアクセサリーが作れるなんて驚きです。
素晴らしいアイデアですね。

大人可愛いヘアアクセにリメイク

こちらの大人可愛いヘアアクセサリーも、フェイクフラワー(造花)で作成されています。
とってもおしゃれ。このデザインなら、大人が使っても違和感がありませんね。
手作りアクセにはまっている方は、こちらをお手本に、セリアのフェイクフラワーでオリジナルのヘアアクセを自作してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上、100円ショップセリアのフェイクフラワー(造花)特集でした。
セリアのフェイクフラワーは本当にクオリティーが高く、100均アイテムには見えないアイテムばかり。今回ご紹介したもの以外にも、ステキなフェイクフラワーがたくさん揃っていますので、セリアに立ち寄る機会があれば、ぜひ一度確認してみてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事