2342 VIEW

人気のスニーカーブランドはどれ?トレンドとおしゃれな靴ひもの結び方まで

スニーカーは今やおしゃれのトレンド。長時間履いていても疲れにくく、ビシッと決めたスーツにスニーカー姿もニューヨーカー気分。いろいろなブランドのスニーカーのラインナップを見て自分に合ったものをチョイスし、冬の街をカッコよく闊歩してみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月11日更新

目次
  1. いろいろ揃えたいスニーカー
  2. 売れ筋のスニーカーブランド
  3. 靴ひもの結び方を変えておしゃれに変身
  4. スニーカーを買うならオススメの通販ショップ

いろいろ揃えたいスニーカー

ハイテクスニーカーVSローテクスニーカー

ハイテクスニーカーとは

quote
ハイテクスニーカーとは、「AIR MAX(エアマックス)」のエアソール技術などに代表される、何らかの現代的技術・機能が投入されたスニーカーを指します。

日進月歩進化し続けるスニーカーのテクノロジー。もともとはNIKE(ナイキ)が1987年に初代エアマックスとして発売したことが火付け役となり、現在に至っています。

ハイテクスニーカーに搭載される技術は、
・衝撃吸収性能や推進力、グリップ力に関するテクノロジーの「ソールの技術」
・フィット感を向上させる技術や通気性のテクノロジーの「履き心地の技術」
・スニーカーの能力を落とすことなく軽くするテクノロジーの「軽量化の技術」の3つです。

ファッション性と機能性を兼ね備えたモデル

ハイテクスニーカーはストリートファッションに照準を合わせて制作され見た目もおしゃれ。

しかしそればかりではなく、もともとアスリート達が履くためにあらゆる技術を搭載しているので、最も足に優しいスニーカーと言えます。

カジュアルスタイルとの相性バッチリ。

おしゃれ女子のマストハブ。ハイテクスニーカーがアクセント。

ストリート派は、超ミニ丈のスカートにハイテクスニーカーをチョイス。

ローテクスニーカーとは

quote
1990年代に大流行したハイテクスニーカーに対して登場した言葉がローテクスニーカーで、昔から定番として各ブランドから販売されているスニーカー対して使われる表現です。

現在もハイテクスニーカーは根強く人気ですが、2015年ノームコアブームと共に徐々にローテクスニーカーブームに移行してきています。

「シンプルでおしゃれ」をコンセプトとしており、ハイテクスニーカーのように技術や機能が搭載しておらず、あくまでもスニーカーなのです。最も代表的なのはコンバースのオールスター。

今年流行のスタンスミスや、スーパースターなどもローテクスニーカーのカテゴリーです。

ベーシックスタイル「ノームコア」

「ノームコア」のベーシックなスタイルは根強い人気があります。雑誌やいたるところで、よくみかける「ノームコア」とは、一体何でしょう?

ノームコアとは、「ノーマル(標準)」と「ハードコア」を組み合わせた造語で「究極の普通」「とにかく普通」「普通中の普通」といった意味合いです。

ファッションで個性を追求することに疲れた人々が、逆に普通の格好をし始めたことを分析して「ノームコア」と名付けたのが始まりのようです。

quote
ノームコア
英語:normcore

ラフでカジュアルな「きわめて普通の格好」を指すファッション用語。ノーマル(noemal)と究極(hardcore)を合わせた造語。高級さや際だった感性といった「人とは違う」要素から遠ざかり、敢えて人と似たり寄ったりな変哲ない服装を選ぶ、というトレンドの流行と共に登場した語。

故スティーブ・ジョブズ氏も実はノームコア代表選手です。
彼は10年以上ほとんど変わらないスタイルで、イッセイミヤケの黒のタートルネック、リーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカー990シリーズを愛用していたことで知られています。

ジーンズにコンバースの組み合わせは安定感抜群ですね。シンプルだけど、おしゃれに見えるキレイ目コーデです。

シンプルな着こなしがおしゃれ。

アラフォー世代でも絶大なる人気のコンバース。

ひとつは持っておきたい定番の「白」

ひと前昔はスポーツやウォーキングのためにスニーカーを着用していましたが、今やおしゃれのトレンドとなりました。

色々なデザインや色のスニーカーがある中でやっぱり気になるのが「白スニーカー」。

いろんなコーディネートに合わせやすい白はひとつは持っておきたいアイテムですね。

普段着でもスタイルがグンと垢ぬける白スニーカー。

フェミニンなスタイルにも抜群のコーディネート。

黒を基調にしたコーディネートなのに、足元だけ「白」。おしゃれな人の着こなし術。

売れ筋のスニーカーブランド

ニューバランス(new balance)

今、ダントツな人気で履いているだけでおしゃれと言われるニューバランスのスニーカーは、10代から40代まで幅広い年代の方に愛用される超定番ブランドです。

ニューバランスはカジュアルだけでなくカチッとしたスタイルにも合います。全身をカチッとまとめ過ぎると固い印象になってしまいますが、足元をニューバランスにするだけで、抜け感がでます。
そういったはずしテクニックをつかえるニューバランスのスニーカーは1足もっておくだけで重宝します。

【247 Luxe】

2017年1月7日にリリース決定した「247 Luxe」。

ニューバランスの中で人気の高い「1300JP」や「998」「576」などのモデルからインスピレーションを受け、まったく新しいデザインを構築したモデル。
ヒールとソール部分の挿し色がアクセントのスタイリッシュなデザインと、フルグレインレザーとストレッチシンセティックヌバックを使用した「247 Luxe」は、仕事をしているオンの時間や、カジュアルシーン、またフォーマルなシーンでも履くことが可能なオールマイティスタイル。

【996】

ボリュームのあるスニーカーは足元がもたついた印象になりがちですが、この「996」モデルは、適度に細身になっていて、シルエットのバランスもスッキリと見えます。

カジュアル・スポーティまでどんなスタイルにも合わせやすい996はあらゆる年代の方でもきれいに履けるモデル。

ニューバランス996 made in USA パープル

【M1300】

スニーカーのロールスロイスと称されるほどの履き心地の良さで1985年の発売以来、フラッグシップモデルとして君臨する「M1300」。

比類ないクッション性を体現したテクノロジー、エンキャップ(ENCAP)をミッドソールに搭載。まるで雲の上を歩いているような快適な履き心地を実現したモデルです。

ナイキ(NIKE)

カラフルなカラーバリエーションの豊富さはナイキをおいては他にないと言われるほどです。
また、トレーニングタイプと、おしゃれ用と用途にあわせたさまざまなデザインが豊富で、オプションの多さは魅力的です。

多くの一流スポーツ選手がジャンルを問わずスポンサーとして契約しているナイキのスニーカーは、とてもスポーティで、ファッション性にも優れています。

さまざまなシーンに対応でき、アクティブな暮らしにもってこいのブランドです。

【エアフォースワン(AIR FORCE1)】

NIKEの定番モデルと言えば「AIR FORCE1」。ネーミングはアメリカ大統領専用機の「Air Force One」にちなんでつけられたとのこと。

どんなファッションコーデにもあうので1足持っておきたい王道で定番の1足。

【タンジュン】

メッシュ素材で通気性がよく、横幅もゆったりとして歩きやすく履いていることを忘れてしまうくらいの軽さです。長時間歩いても疲れにくいので、ウォーキングやお出かけのアイテムとして。

【プリモントリオール レーサー】

quote
NIKEランニングの創始者ビル・バウアーマンの一番弟子でもある伝説のアスリート、スティーブ・ローランド・プリフォンテーン(通称プリ)のモントリオールオリンピック挑戦に向けて1973年に製作されたモデル、その名も『PRE MONTREAL』。オリジナルでは競技用のスパイク仕様だったツーリングをワッフルソールにアップデート。長い歳月を経てなお色褪せないスタンダードなシルエットが魅力のレトロランニングシューズです。

アディダス(adidas)

adidasと聞けば、誰でも知ってる知名度の高さは抜群です。
中でも、スタンスミスやスーパースターなどは、価格も手ごろで一足は持っておきたいスニーカーです。
デザインも定番スタイルのものから、レアなコラボ作品まで幅広く、違ったコーディネートを楽しむことができます。

また、多くの芸能人が御用達のブランドで、イメージも大変いいです。
ホワイトのスタンスミスはぜひ持っておきたいスニーカーのひとつ。歩きやすくてなおかつおしゃれなのでオススメです。

【スタンスミス(Stan Smith)】

もともとはテニスシューズとして販売されていた「スタンスミス」には、スタン・スミスというアメリカ人のテニスプレーヤーの顔が印字されています。

ギネスブックには、世界で一番売れたスニーカーとして登録しているようです。

【スーパースター(SUPERSTAR)】

アディダスの中では最も定番となるスニーカー「スーパースター」は、もともとはバスケットシューズとして誕生したもの。定番の色は白×黒になります。

コンバース(CONVERSE)

定番中の定番。コンバースは昔から多くの人々に親しまれています。
カジュアルはもちろんのこと、ワンピースやロングスカートにも合わせられるのが絶大なる支持をされている理由。
豊富なカラーバリエーションと、リーズナブルな価格設定なので、色違いや、ロータイプ、ハイタイプといくつか揃えても便利です。
今はガーリーにまとめても、足元だけスニーカーで崩すといったファッションも人気があるので、そのようなコーディネートにはコンバースが一番!

【オールスターローカット】

コンバースのオールスターは、約100年前からほどんど形を変えておらず、定番中の定番。

見た目がおしゃれなハイカットは、脱ぎ履きが面倒といった方もローカットなら手軽におしゃれを楽しむことができます。

【パンピーヒール】

quote
エレガントさとカジュアルさを兼ね備えたヒールタイプのオールスター。前足部分にすべり防止のクッション材を、かかと部分に足抜け防止のスエードを使用したフィット感の高い構造がポイント。普段スニーカーを履かない方にもオススメ。

靴ひもの結び方を変えておしゃれに変身

靴ひもの結び方ひとつで、かなり印象が違ってきます。定番の結び方から、ちょっと凝った結び方、または、あっと驚かせる斬新な結び方までご紹介です。

オーバーラップ

カジュアルシーンでは定番の結び方。
どの方法よりもゆるみにくいので、スポーツシューズによく使われます。

最初に上からひもを通した状態でスタートします。各アイレット(靴ひもの穴)にひもを上から下に通していく方法です。

(1)最初の穴に「上から」ひもを通します。
(2)2番目以降の穴にも「上から」ひもを通していきます。

からみにくいのが特徴で、NIKE、New Balance、adidas、VANS、GLRなどのスニーカーブランドの公式サイトやオンラインストアなどでも多く採用されている結び方です。

アンダーラップ

オーバーラップと並ぶ定番の結び方です。

フィット感に優れた結び方でハイカットのシューズ等に適しています。ただし、ゆるみやすいようです。

オーバーラップとの違いは、常に靴ひもをアイレットの下から通すところ。

(1)最初の穴に「下から」ひもを通します。
(2)2番目以降の穴も「下から」ひもを通していきます。

楽にシューズを着脱したい場合や、長距離をランニングする時に足に余裕を持たせたい際などには便利な結び方となっています。

特にハイカットのシューズなどでは、着脱しやすさを実感できるのではないかと思います。

シングル

一番トラッドな結び方でビジネス・シューズやドレスアップ用の靴に最適です。ただし、締めやすいと同時に、緩みやすいという欠点もあります。

パラレル

シングルよりややスポーティーな結び方です。弾力性に富んでおり長距離を歩いても疲れにくいのが特徴です。

水平ラインのスッキリ見える結び方でスニーカーのクラシック派に好まれます。

チェッカーボード

「パラレル」をアレンジした「チェッカーボード」は、「2色格子」とも呼ばれ、2組のひもを使って横と縦に交差し格子模様を作って組み上げる結び方です。

見た目のインパクトは絶大です。

星結び

足元から幸せを呼びこむ「星結び」は、その名の通り靴ひもで星形を作る結び方です。
難易度はちょっと上がりますが、きっと誰もが目を引くこと間違いなしです。ぜひ、挑戦してみてください。

ラティス

斜めのクロスが美しい「ラティス」は、一見複雑そうに見えますが、コツを覚えたら簡単です。

見た目の仕上がりがとてもきれいなのでチャレンジする価値ありそうです。

スニーカーを買うならオススメの通販ショップ

ABC-MARTオンラインストア

言わずと知れたABC-MARTの公式ネット通販サイトです。

ABC-MARTだけの限定モデルも用意してあります。人気のスニーカーが衝撃プライス!
豊富な品揃えと、人気のアイテム満載で、SALE価格は見逃せません。

ZOZOTOWN

こだわりサイズ、足のサイズだけではなく、幅、高さ、筒回りから自分の最適スニーカーを選ぶことができます。

チャプターワールド

ナイキをはじめナショナルブランドの最新モデル、限定アイテムなど多彩な品揃えで、お探しの商品がきっと見つかるサイトです。
【まとめ】
すっかりおしゃれアイテムには欠かせない存在となったスニーカー。長時間履いていても疲れず、ビジネスの世界でも活用する方も増えてきています。毎日履くものだから自分に合ったものをチョイスして快適におしゃれにスニーカーで街を闊歩しましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事