割りばしの袋で箸置きを作ろう。ホームパーティや飲み会の注目度アップ

味気ない割りばしにも可愛い箸置きでおしゃれしてあげると、一気にテーブルが華やぎます、飲み会やホームパーティーの席でさりげなく作れば注目の的になること間違いなし。気配りのある女性として認知度も高くなりそうですね。いくつか覚えてチャチャっと作ってみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月31日更新

目次
  1. 箸袋で作れる簡単な箸置きの作り方
  2. 折り紙で作る箸置き
  3. 箸袋(ふくろ)バージョン
  4. その他の素材で作る箸置き

箸袋で作れる簡単な箸置きの作り方

箸の袋でパパッと作る

飲み会やホームパーティーの席で、箸の袋でさりげなく箸置きを作ってみてはいかがでしょう?

会話が途切れたときや、会が始まる前の緊張感が解け、一転して和やかな雰囲気に。

「どうやって作るの?」と話題の種にもなり、作り方教室が始まるかもしれませんね。

その場でパパッと作れるものをいくつかご紹介します。

1番簡単な箸袋で作る箸置き

簡単にできて、さりげなく気配りができる女性にみえる箸置きです。箸袋の長さも問わずに作ることができます。

①箸袋を縦半分に折ります。
②次に横半分に山折りします。
③両端を三角に折って折り目をつけます。
④三角に折った部分を一旦開き、内側に折り込みます。
⑤反対側もおなじように折ったらできあがり。

星の箸置き

流れ星パージョン

両端に星の「Origami Lucky Star」

かわいいぷっくりした星が箸の両脇にある箸置きです。[youtube]からご覧ください。

星型の箸置き

長いタイプの箸袋を使って作る星型の箸置きです。

箸袋をひっくり返して端を三角に折り、じゃばらに折って作っていきます。

鶴の箸置き

お正月には折り鶴の箸置きをつくっておせちのお供にしてみてはいかがでしょう?
お正月でなくても、お祝いごとやちょっとした会食に手作りの箸置きでおもてなしすれば喜ばれます。

一見豪華な鶴の箸置きも箸袋でできます。おめでたくしたい場合は千代紙を使って作ってもいいですね。

作り方

①箸の袋を表にむけて置きます。
②裏返して半分に折り三角に折ります。画像はわかりやすいように鉛筆で線を引きました。線に合わせて谷折りをします。
③折り曲げて表に向けるとこんな形になります。上の両端を左右に折ります。
④折り曲げるとこのような形になります。

⑤裏返すとこんな感じになっています。
⑥ここからが楽しい作業です。根元から谷折り、山折り…の繰り返しでジャバラに折っていきます。左右両方折りましょう。
⑦真ん中から内側に半分に折ります。
⑧ジャバラの端と端を重ねて広げます。口を折ったら鶴のできあがりです。

会社の飲み会でウケる「ネクタイ」の箸置き

会社の飲み会などで作ったら面白いと言われそうな箸置きです。旦那さまにも教えてあげましょう。

【作り方】
①箸袋を裏に返して、真ん中半分をちょっとだけ折り端に印をつけます。それを目印にして三角に折ります。
②続いて反対側もちょっとだけ目印程度に折ります。
左側の折ったところの真ん中から半分のところに折り目をつけます。そうしたら向かって右側のさきほどつけた目印よりも少しずらして斜めに折っていきます。
③反対側も同じように斜めに折っていきます。三角に折ったところよりも右端のほうが狭くなった感じです。ネクタイっぽい形になりました。
④細いほうを内側に折っていき、ねじって輪を作ります。
⑤その先端を輪の中にいれ、ネクタイの結び目を作っていきます。先端が輪から外れないように注意しながら形を整えていきます。ネクタイの真ん中を少し山折りにしてできあがりです。

魚の骨(origami chopstick rest of fishbone)

ウケを狙うなら「魚の骨」の箸置きですね。何だか妙に可愛い感じで、ほっこりさせられます。

作り方もシンプル。最初に魚の頭の部分を折り、骨の部分の型をつけ、一旦開いてから骨を折って仕上げます。

[youtube]からご覧ください。

ハートの箸置き(Heart Shape Origami with Chopstick Bag)

ハートの形をした箸置きはとても可愛いですね。飲み会で使える小技で、注目の的になるかも?

流れるようなハートの箸置き

ハートはとても人気のあるアイテムのひとつ。お目当ての相手にササッとハートの箸置きを作ってさりげなく置いておけば、気持ちが伝わるかも?

リボン

カニ(Origami Crab)

立体感のあるカニは、何となくリアル。足の部分もカニを意識して折り曲げていけば、カニらしい形になってきます。

カニを食べながら、黙々とカニの箸置きを折るというのも面白いですね。ただでさえ寡黙になりがちなカニ料理。ササッと作って話題作りをしましょう。

イカ

カニの次は、やはり「イカ」でしょう。と言うわけでイカの箸置きです。

イカといっても、出来上がった箸置きは何だかかわいくてほっこりと和みます。

お酒の席でも、イカは「イカす!」なんて駄洒落を言ったりして人気が出るのではないでしょうか。

折り紙で作る箸置き

お子さんと一緒に作れる簡単な箸置き

ぱっと見、難しそうですが、折り紙で簡単にできる箸置きです。

折り紙を四角に折ってはじめます。

作り方

①折り紙を半分に折ります。
②さらに半分に折ります。
③さらに半分に折って折り目をつけます。
④右側の折り目をつけたところを開きます。
⑤上部が三角になるようにきちんと開きましょう。
⑥同じように左側も開きます。
⑦ひっくり返して両端を中心に折ります。
⑧下から三つ折りにします。裏側も同じように三つ折りします。
開いて形を整えたらできあがりです。

外国人に人気「富士山」の箸置き

ヘルシー志向の影響で和食が外国人の間でブームになっています。そのせいか、外国の方もお箸を使う機会が増えてきました。

富士山をモチーフにした箸置きはきっと海外の方には喜ばれることでしょう。外国の方との会食の機会があれば、さりげなくテーブルセッティングしておもてなししましょう。

簡単にできる鶴の箸置き

折り紙で作る簡単な鶴の箸置きです。

ガイダンスでは10cm×10cmの和紙で作っていますが、折り紙でも作れます。ただし普通サイズの折り紙(15cm×15cm)で折ると若干大き目です。折り紙を4等分にカットして作るとちょうどいいサイズの箸置きになります。

ねじって作る箸置き

折り紙を半分に切って、たて半分に折って細長くします。いったん開いて真ん中の折り目のところへ両端を折ります。

それを再度中央へ折ると、長い紐のような形になります。これをねじって結びます。両脇を真ん中の結び目に差し込んだらできあがりです。

15cm×15cmの折り紙では両脇を差し込む大きさにはならないので、A4サイズのコピー用紙の短い方を半分に折って4分の1サイズにしたものを使うとちょうどいいサイズになります。

好きな柄をプリントして使ってもいいですね。

箸袋(ふくろ)バージョン

折り紙で作る箸袋

折り紙を三角に折ってはじめます。表のラインが二重になるように最初につけた折り目から4~5mmずらして手前に折って作っていきます。

折り方のイラストのほか、あにめで説明しています。
「すたーと」をクリックすると、手順がコマ送りで流れます。あにめを見ながら一緒に折るととてもわかりやすいです。

とてもシンプルな箸袋

海外のサイトで箸袋の作り方の紹介をしています。
折り紙をたて半分に折り、さらに両脇を中心線まで折って作ります。左上に大きな三角、右には小さな三角を折って、着物を着るような感覚で折りたたんでいきます。

英語ですが、画像で説明しているので直観的に理解できます。画像では説明されていませんが、下は折っておくと箸が抜けません。

とてもシンプルな箸袋2

こちらは先ほどの箸袋の折り方と同じ要領で折るレシピです。

①折り紙のカラー面を下にします。
②縦に半分に折り、折り目をつけます。
③さらに半分に折って折り目をつけ4等分にします。
④中央の折り目に合わせて右上隅を三角に折ります。
⑤左上の1/4のところを三角に折ります。
⑥左の列を折りたたみます。
⑦もう一度左の列を折りたたみます。
⑧右の列を左の列の上に折ります。
⑨ボトムを上にして下を折り曲げテープで固定します。
⑩裏返して出来上がりです。

ハートの箸袋

ハートのモチーフがついた箸袋は目を引きますね。お祝いの席などでも、手作り感満載の箸袋だと暖か味を感じます。

作り方

折り紙を半分に折るところからはじめます。

その他の素材で作る箸置き

牛乳パックで作る「リボン」の箸置き

牛乳パックは素材がしっかりしていて丈夫なので、一度作れば何度でも使えます。

好きな柄の和紙を貼ってニスを塗って仕上げています。

コルクを半分にカットして

コルクを半分にカットしただけの箸置きですが、とてもおしゃれ。ブランチや、ホームパーティーのときに友人へのおもてなしにこんなコルクの箸置きをセットしたら、盛り上がりそうですね。

シャンパンのコルクだと、箸を置くのに安定するので、機能性もばっちりです。

おはじきをくっつけて

おはじき6~7個を接着剤でくっつけただけでこんな涼しげな箸置きができました。

ナイスなアイデアです。そのままの1個のおはじきでも箸置きとしても使えますが、このように繋げる発想に脱帽という感じですね。これは話題になりそう。

おはじきとおはじきの間のくぼみのところに箸を置けば安定します。

粘土で作る箸置き

フィモキッズというドイツの粘土を使って箸置きを作っています。グリーンの色が鮮やかできれいですね。

オーブンで加熱して冷ませばカチカチに固まり、プラスチック並みの強度になるようです。加熱後も形も変わらず、色も褪色していないので作ったままの色合いが出せます。

ブログで製作過程を紹介しています。

プラバンでお洒落な箸置き

懐かしいプラバンでお洒落な箸置きを作ってみましょう。

プラ板を作りたい大きさの2倍にカットし、模様を描いてオーブンで加熱して作ります。

思い通りに丸みを帯びてくれたら嬉しいですね。1個1個違う形というのも味があっていいものです。

プラバン+マスキングテープで作ったカトラリーレスト

プラ板を作りたい大きさの2倍にカットしてオーブンで加熱します。こちらの作品では18cm×2cmにカットしています。

好きなが柄のマスキングテープを貼って余分をカッターでカットします。

レジンを乗せてライト、または太陽の光で固めます。好みの厚さになるまでこの過程を繰り返し、出来上がりです。

プラ板、マスキングテープ、レジンともに100均で揃うのでリーズナブルにDIYできますね。

ステンドガラスの余りで箸置き

きれいなガラスの箸置き。いろいろなガラスを組み合わせて焼き上げるフュージングでおしゃれな箸置きをデザインすると、とっておきの一品になりますね。

仲のいい友人などの結婚祝いに手作りの箸置きをプレゼントするというアイデアもいいかもしれませんね。

曲がるストローでリボンの箸置き

曲がるストローのじゃばらの部分を中心として、左右が同じ長さになるようにストローの下を切ります。ハサミの先を穴に入れてじゃばらの手前まで切り込みを入れていきます。

それを左右両方行い、切り込みを入れたところを開いて両端をじゃばらに差し込んでリボンの形状にするだけの簡単リメイクです。

画用紙でつくる扇のお祝い箸置き

お正月のお膳にぴったりの雰囲気の扇の箸置きです。白と赤の画用紙を使って作ります。

留め具はラッピングの袋を縛るときに使う金のタイで代用しています。ナイスアイデアですね。

ピーナッツを箸置きにして

本物のピーナッツを箸置きにしておもてなし。もちろん食べることができるので食事の最後に殻を割ってパクリ。

結構、飲食店とかでも箸置き代わりにピーナッツを使っているところも多いようで、それにヒントを得て家庭でのおもてなしでも喜ばれそう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事