17692 VIEW

100均の観葉植物がおしゃれ!種類と飾り方特集

お部屋のインテリアに観葉植物を取り入れたいとお考えの方は、100円ショップの観葉植物に注目してみてはいかがでしょう?今回は100均で購入できる植物の種類と、その効果的な飾り方をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月31日更新

目次
  1. 観葉植物は超優秀なインテリア
  2. 100均の観葉植物
  3. キャンドゥの観葉植物、その種類と特徴
  4. お手本にしたい!素敵な観葉植物の飾り方
  5. 観葉植物と一緒にチェック!おしゃれな100均アイテム
  6. まとめ

観葉植物は超優秀なインテリア

観葉植物でお部屋をスタイリッシュに

お部屋のコーディネートって、難しいですよね。おしゃれな家具を揃えたのに、いまいちあか抜けない…そんなこともあるでしょう。

そういうお悩みをお抱えの方は、観葉植物に注目です。観葉植物のグリーンは、お部屋に温かみとさわやかさをプラスする素晴らしいインテリア。
1つ2つ、さりげなく置くだけで、お部屋が一気にスタイリッシュに生まれ変わることも。

観葉植物を置くだけでその場がおしゃれに!

こちらは、窓辺にポツンと観葉植物をおいた写真。
たった1つの観葉植物を、なんのアレンジも加えずにそのままただ置いているだけですが、観葉植物の効果がいかんなく発揮され、おしゃれな空間に変わっていますね。

観葉植物を購入するなら100円ショップがおすすめ

以上のように、観葉植物はただ置くだけで、その場をおしゃれな空間に変えてくれる超優秀アイテムだったのです。
しかし、観葉植物は、けっこうなお値段がすることも…。買ってから「イメージと違った!」となるのは避けたいですよね。

そこで、今回は気軽に購入できる100円ショップの観葉植物をご紹介していきます。
また、100均の観葉植物だって、どうせ飾るならより効果的に飾りたいとお考えの方にも楽しんでいただけるよう、観葉植物をより魅力的にしてくれる100均アイテムや、観葉植物のおしゃれな使用例も多数ご紹介していますので、みなさん、ぜひ参考にしてください。

100均の観葉植物

100均にも本物の観葉植物がある!

「100円ショップに本物の観葉植物があるの?」と驚かれた方も少なくないでしょう。
特にDIY好きさんたちの間では、100円ショップのグリーンと言えば、フェイクグリーン(造花)が有名です。

しかし!100円ショップ「キャンドゥ」には、なんと本物の観葉植物が販売されているのです。
それが、こちらの写真。100円ショップ「キャンドゥ」の公式サイトにも、しっかり掲載されています。
今回は、このキャンドゥで販売されている観葉植物をメインにご紹介していきます。

100均の観葉植物、その特徴は?

では、100円ショップ「キャンドゥ」の観葉植物のざっくりとした特徴をご紹介します。

まず、お値段ですが、これはもちろん100円(税別)です。
そして大きさですが、私が調べたかぎりでは、すべて片手で持てる程度。ですので、洗面所やキッチンのちょっとした隙間、または窓辺の狭い隙間にもポンと置くことが可能です。
そして、気になる種類ですが、これが驚いたことにとても豊富。
では、次は、どんな観葉植物が販売されているのか、実際に見ていきましょう!

キャンドゥの観葉植物、その種類と特徴

キャンドゥのグリーンインテリアコーナー

「100均で、素敵なグリーンインテリアを売っていないかな?」と軽い気持ちでキャンドゥへ足を運んだところ、なんとこんなに素敵なグリーンインテリアコーナーを発見!
観葉植物だけでなく、多肉植物を模した小さなフェイクグリーンや、おしゃれなポットに素敵なオブジェ、可愛いシャベルまで勢揃いしていました。

ちなみに、今回、足を運んだキャンドゥの店舗は、決して大型店舗ではありません。それなのに、こんなにグリーンインテリア及び、その関連商品が揃っているなんて、本当に驚きですよね。

キャンドゥの観葉植物part1

そして、こちらが実際に販売されていたキャンドゥの観葉植物の一部、とっても可愛いサボテンたちです。
種類は、前列の左から、キンエボシ・ヤマカル・キンセイマル。
どれもプクプクとしていて、とびきりチャーミングでしたよ。

また、何かポップが貼られていると思ったら、「観葉植物が、キャンドゥの公式インスタグラムに掲載されました」という案内でした。
下にリンクを貼ってみましたので、気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょう?

キャンドゥの観葉植物part2

キャンドゥの観葉植物は、サボテン3種だけではありません。こちらの写真に写っている観葉植物もまたキャンドゥで販売されている観葉植物の一部。サボテンと多肉植物です。

種類は前列左から、ハクチョウ・ジュウニノマキ・オウレイ・メイゲツ。こちらの観葉植物たちも、すべてぷっくりプクプクしていて、とっても可愛らしかったです。
多肉植物は、お世話が簡単ですから、はじめはこの辺りから手に取ってみるのがいいかもしれませんね。

キャンドゥの観葉植物part3

こちらは、ハートの形をしたキュートな観葉植物「ラブハート」!
ぷっくりと厚い葉が1枚生えているだけなのに、ハートの形をしているからとても可愛らしく見えますし、存在感もあり、たくさんのアイテムが陳列された棚の中でも、一際目を惹く観葉植物でした。

また、調べたところ、ラブハートは商品名で、本来はHoya・kerrii(ホヤ・カーリー)、和名をシャムサクラランとする東南アジア原産の植物とのことです。

キャンドゥの観葉植物part4

続いては、数ある観葉植物の中でも育てやすいと人気の高い、ペペロミア。まさか100円ショップで出会えるとは、思いもよりませんでした。

ペペロミアは、乾燥に強く、水は基本的に土が乾いて白くなりはじめてから与えればokです。このように、ペペロミアは、水やりの世話がとても楽な観葉植物なのです。
そのため、毎日水やりをする必要がありませんから、頻繁に旅行などで家を空けるご家庭でも、気軽に育てることが可能です。

ただ、強い日差しや直射日光に当て続けると、葉が日焼けしてダメになってしまうこともありますので、そこは注意が必要です。

キャンドゥの観葉植物part5

ペペロミアの奥には、ポトスとテーブルヤシを発見しました。
手前左の明るいライトグリーンのポットに植えられているのが、ポトスで、その隣のピンク色のポットに植えられているのが、テーブルヤシです。
どちらもポピュラーな観葉植物ですよね。

さて、それぞれの特徴ですが、ポトスは、葉が美しく品性が感じられる植物です。リビングのテーブルなどに飾ると、グッと雰囲気が出ますよ。
また、ポトスは、育てやすい植物でもあります。毎日水やりをする必要もありませんし、日の光も少しでOK。初心者さん向きの観葉植物と言っても過言ではありません。

対してテーブルヤシは、細い茎からビョンビョン元気に伸びる長い葉が特徴的なユニークな植物です。
やや乾燥に弱く、そして強い日光が苦手な一面を持ちます。ですので、ある程度、観葉植物に慣れた後にチャレンジするのがおすすめです。

キャンドゥの観葉植物part6

キャンドゥの観葉植物は、まだまだ種類があります。
こちら、ジュウニノマキと一緒に写っているのは、カネノナルキ。そう、「金のなる木」です。面白い名前で、思わず二度見してしまいますね。
ちなみに、花言葉は、一攫千金だそう。とても縁起が良さそうです。

そんな金のなる木ですが、育て方には注意が必要!
この観葉植物は、乾燥には強いのですが、日陰にやや弱く、また、湿気や寒さは苦手です。そのため、残念ながら、気軽に育てられるとは言い難い植物です。

まず、先にご紹介した多肉植物・ペペロニア・ポトスなどからはじめ、植物の育成に慣れてきてからチャレンジした方がいいでしょう。
名前と花言葉が縁起がいい分、枯らしてしまうとショックも倍増されそうです。

キャンドゥの観葉植物part7

最後にご紹介する観葉植物は、フィロデンドロン。
キャンドゥのフィロデンドロンは、しっかりした大きな葉が美しい観葉植物でした。ポトス同様に品がある植物でしたので、リビングなどのワンポイントインテリアとしておすすめできます。

ただし!フィロデンドロンには、旅行好きで家を空けがちなご家庭には不向きな一面も。
フィロデンドロンを美しく育てようとするのであれば、土に水をやるだけでなく、霧吹きで葉や茎に直接水を吹きかけてやる必要があります。

普通の水やりは、土が乾いてから行えばいいのですが、葉を美しく保つために行う霧吹きの方はそうはいきません。雨の日や湿度の高い梅雨時期を除くと、毎日、軽く葉や茎に水を吹きかけるのがベストな育て方だと言われているのです。

ですので、旅行好きのご家庭では、フィロデンドロンは要注意。他の観葉植物をお求めになった方がいいかもしれません。

お手本にしたい!素敵な観葉植物の飾り方

さて、100円ショップキャンドゥの素敵な観葉植物たちをチェックした後は、みなさんがどうやって観葉植物を飾っているのか、見てみましょう。
お手本にしたくなる、素敵な飾り方ばかりを集めましたので、とても参考になりますよ。

また、これからご紹介する写真で実際に使われている100均アイテムや、類似の100均アイテムなどを記事最後にまとめていますので、宜しければそちらもあわせてご覧ください。

ラブハートの寄せ植え

こちらは、ラブハートを1つの鉢に2つ寄せ植えています。1つだけで飾っても可愛いラブハートですが、こちらの写真のように、まとめてもおしゃれですね。

また、鉢に挿したガーデンピックもとてもキュート。背が低いラブハートは、このように、背の高いガーデンピックを使用すると高さがでて、周囲の雰囲気がシュッと引き締まります。
記事後半に、100円ショップで購入できる可愛いガーデンピックをご紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

オブジェを使ってキュートに

続いても、ラブハートの飾り方です。
シンプルなブリキのポットに植え替えし、小石を敷いていますが、可愛らしいカエルのオブジェのおかげで、地味さが消え、華やかな印象に!
素敵な発想です。

フラワーポット選びでセンスが問われる!

写真左側がペペロミアですね。ペペロミアのような、あざやかなグリーンの葉をつける、華やかで品のある観葉植物は、白いシンプルなフラワーポットを使用するのがおすすめです。
そうすると、上品にまとまりますし、葉の美しさを強調することが可能です。

逆に、ポップな柄のフラワーポットをチョイスしてしまうと、まとまりのないうるさい印象に仕上がりますし、せっかくの美しい葉が霞んでしまいます。
ですので、ペペロミアやポトス、フィロデンドロンなどを育てる際は、シンプルなフラワーポットに注目してみるといいでしょう。

ジュウニノマキのお手本に

ジュウニノマキを飾る際にお手本にしたいのが、こちらのアイデア。

ジュウニノマキを実際に植える場合は土が必要ですが、ガラスジャーに浅く土を盛り、その上から白い小石を撒けば、こちらのようにビーチを連想させる涼しげなインテリアにすることも可能です。

100均のアイテムをフル活用

こちらは、100円ショップで販売されているフラワーポットに観葉植物を植え替えています。
ポットから植え替えただけも観葉植物はとってもおしゃれ。シンプルに楽しみたい方は、100円ショップで、お好みのフラワーポットを探してみるのも1つの手かもしれませんね。

また、こちらのフラワーポットは、記事後半「観葉植物と一緒にチェック!おしゃれな100均アイテム」のコーナーにてご紹介しています。

キッチンの窓辺に

キッチンの窓辺に飾るときにお手本にしたいアイデア。
飾っている観葉植物の大きさをそれぞれ変え、高低差を出しているのがポイントです。

リビングに専用コーナーを

リビングに観葉植物を飾るのであれば、窓辺やチェストの上にさり気なく置くのもOKですが、こちらの写真をお手本に、専用コーナーを設けてみるのもおすすめです。

観葉植物と一緒にチェック!おしゃれな100均アイテム

観葉植物とあわせてインテリア性をアップ

どれも素敵な飾り方でしたね。さて、最後にご紹介するのは、観葉植物をもっと素敵なインテリアアイテムに昇華してくれる100均アイテムたちをご紹介します。
お手本を参考にしながら、素敵なアイテムを探しましょう。

ちょっと変わったフラワーポットに1

キャンドゥの観葉植物たちは、どれも可愛いポットに植えられているので、そのまま飾ってしまってもいいのですが、せっかくなら植え替えをして、よりインテリア性を高めてみましょう。

そこで、ご紹介したいのが、キャンドゥで販売されているハーブ缶。空き缶にハーブの写真が印刷されている、とてもおしゃれなアイテムです。
意外と大きいので、観葉植物の種類によっては、寄せ植えをすることも可能です。

ちょっと変わったフラワーポットに2

さて、空き缶であれば、100円ショップセリアにも素敵な商品が販売されています。
それが、こちらのリメイク缶(オリーブ)。有名な商品ですので、見たことがある方も多いでしょう。

こちらの製品も、そこそこ大きさがあるので、観葉植物によっては、寄せ植えを行うことが可能です。

ちょっと変わったフラワーポットに3

100円ショップセリアのリメイク缶と言えば、こちらのトマト缶も有名ですよね。
オリーブ缶と並べて飾れば、カントリーな雰囲気が出せそうです。

ちょっと変わったフラワーポットに4

こちらは、「お手本にしたい!素敵な観葉植物の飾り方」で紹介した写真にも使われている100円ショップキャンドゥのフラワーポットです。
どれもシャビー感があっていいですね。

ちょっと変わったフラワーポットに5

こちらも100円ショップキャンドゥで見つけたフラワーポットです。
無地でとてもシンプルですが、カラーが可愛いので、人目を惹くこと間違いなしです!

ちょっと変わったフラワーポットに6

100円ショップキャンドゥでは、こんな園芸用カップまで販売されていました。
flower、greenとプリントされていて、まさに園芸向きのカップ。キッチンやダイニングで使ってみたいアイテムです。

ハンギング用アイテム1

こちらは、100円ショップセリアで見つけたガラス製のポット。
吊り下げられるようになっているので、ハンギングポットをお探しの方におすすめです。

ハンギング用アイテム2

ハンギング用のポットを選ばなくとも、こちらのハンギング用アイテムを使えば、普通のフラワーポットでも吊り下げて飾ることが可能です。

写真のアイテムは、100円ショップセリアで見つけましたが、これらの商品はキャンドゥや他の100円ショップでも見かけます。
もし、興味があるようでしたら、最寄りの100円ショップを覗いてみてはいかがでしょう?

ハンギング用アイテム3

また、多くの100円ショップでは、こちらのアイテムのように、ハンギング専用のロープも販売されています。
ちなみに、こちらは、セリアで発見しました。

ガーデントレイ

こちらは、100円ショップキャンドゥで発見した、ガーデントレイ。
フラワーポットをまとめて飾ることができます。
キャンドゥのガーデントレイは、コーティングされており、水に強い仕様になっています。
普通の木箱は湿気に弱いので、観葉植物を飾るのであれば、こちらのガーデントレイの使用がおすすめです。

ガーデンピック1

観葉植物を空き缶や植木鉢に植え替えするのであれば、ガーデンピックを挿してみると、よりおしゃれに!
そこでご紹介したいのが、100円ショップセリアで見つけた、こちらのキュートなガーデンピック。つぶらな瞳がたまりませんね。

ガーデンピック2

カントリー調のガーデンピックをお探しの方には、こちらの蛇口型ピックがおすすめ。
シンプルですが、丸いフォルムがとってもキュートで、おすすめです。

オブジェ1

ガーデンピックを挿すのであれば、オブジェも一緒に飾ると物語性が出て、雰囲気がアップ。

こちらは、セリアで販売されているワゴンのオブジェで、写真のパステルイエローの他に、パステルブルーとパステルオレンジのワゴンが販売されていました。

オブジェ2

こちらも100円ショップセリアで見つけたオブジェです。
ワゴン型のオブジェ、そして蛇口型のガーデンピックと合わせると、カントリーな空間を作ることができそうですね。
可愛らしいお部屋を目指している方は、ぜひ注目してください。

オブジェ3

こちらは、100円ショップキャンドゥで販売されていたオブジェ。
こちらもカントリー調のお部屋にぴったりです。

このオブジェをたくさんの観葉植物の前に置き、インコのガーデンピックを植木鉢に挿せば、お部屋の片隅に森のカフェが誕生しますよ。

まとめ

以上、100円ショップで購入できる観葉植物についての特集でした。
もし、観葉植物に興味を惹かれましたら、ぜひ最寄りのキャンドゥに足を運んでみてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事