プチプラでお正月準備♡100均しめ縄を素敵にリメイク

12月の慌ただしい行事を終えると、あっという間にお正月がやってきますね。今年はお正月インテリアとして、しめ縄を作ってみませんか?もちろん難しい工程はなく100均で販売されているしめ縄を、素敵にリメイクするだけ。オリジナル感あふれる作品を作っていきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月20日更新

そもそもしめ縄の意味ってなに?

元は神話からの由来

天照大御神の神話の「天の岩屋」が由来だと言われています。

騒ぎを聞きつけ出ていた天照大御神がもう隠れられないようにと、しめ縄を岩戸で縛ったことから始まっているようです。

飾ってはいけない日がある

一般的には、12月25日から28日に飾ります。
29日は「9」がつくと「9=苦」を表し縁起が悪いとされているので
避けた方がベターです。また大みそかの31日は「一夜飾り」ということで失礼に当たると言われています。

どこに飾ればいい?

しめ縄は「神様をお出迎えするふさわしい場所」に飾ると言われています。
また「災いが外から入ってくるのを防ぐ」という意味合いもあるので
その両方を兼ね備えた玄関に飾るのが一般的です。

しかし昨今ではリースのようにインテリアの1つとして室内に飾る方も増えてきています。

いつまで飾っておけばいいの?

地方によって異なりますが、15日前後に行われる「どんど焼き」まで飾り、その時に一緒に燃やす方が多いようです。

また近所でどんど焼きがない。といった方は神社等でお焚き上げをされるとよいでしょう。

縁起物ですので、くれぐれも「燃やすごみ」に出すことのないようにしておくのが大人のマナーです。

100均リメイクしめ縄の作り方

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • とりあたまゆか

    5歳児と4歳児の男の子を育ててます。 プチDIYの域をまだ出ませんが、いつかガーデンルームを思いっきり...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事