678 VIEW

ポットの帽子♡ティーコージーであったかポット

あったかい飲み物が何より美味しい季節。美味しいお茶を飲むときに、ティーポットにティーコージーしてますか?これ一つで温かいお茶が長く飲める優れものですよ。冬の時期にはぜひ取り入れたいアイテム。作りたい人も、買いたい人も、こんなのがあるんだ!と楽しんでみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月16日更新

目次
  1. ティーコージーって何?
  2. ティーコージーのデザインも様々。

ティーコージーって何?

これはイギリスBBCで放送されたダウントンアビーのドラマファンが作ったティーコージーで、形はおそらく一番ポピュラーなものです。このポット用の帽子とも言えるティーコージー。使うと本当に長い間温かく保てるんですよ!作りたい人も買いたい人も、様々なデザインを見て楽しんでくださいね!

ティーコージーのデザインも様々。

コットンのシンプルデザイン

ティーコージーの形を生かして鳥かごの刺繍が施されたデザイン。確かに鳥かごと少し形が似てるかも!黒い線だけで描かれたシンプルなデザインでありながら、形とリンクさせているイラストがちょっとしたこだわりを感じさせますね。

まるでかぼちゃのような形のティーコージーは、フェルトを6枚接ぎ合わせた形で立体になっているのがなんともキュートです。色合いもグレーが入っているところがポイントになっていますね。

ニットのティーコージー

ニットのティーコージーはよく見かけますが、これは、実は2枚の四角い形のニットを上は巾着になるように止められていて、下は抜けないように2枚がサイドで止められています。ポットのハンドルとそそぎ口が出ているのでそのままお茶を注げるのは便利です。着脱は巾着部分でするのはなんとも可愛いですね。四角が2枚なので手作りするのも簡単にできそうです。

同じ巾着型でも、これは、象の目と耳とツノがついていて、そそぎ口が鼻になっているなんとも愛らしいデザイン!シンプルながらもアニマルモチーフなのは、大人の人でも好きそうなデザイン。これも簡単に手作りできそうです。上の巾着を赤いリボンにしているのがポイントになって可愛いですね。サテンのリボンにするとリボンの滑りが良く結びやすそうです。

ツイードのボタンが可愛いデザイン。ニットも二目のゴム編みで一度ねじりが入っているくらいのシンプルなものですが、グレーに、千鳥格子の黄色い大きめのボタンが素敵です。ポット自体の蓋に出っ張りがないデザインに向いているティーコージーです。これも、ハンドルとそそぎ口が出ているのでこのまま使えるタイプです。

なんと、急須にもティーコージーをつけるとは、日本人にはなかなかないアイデアかもしれません。急須のハンドルはさほど取り外したりしませんから、これもそそぎ口が出ているスタイルで、すっぽりと覆われていますね。グレイのシンプルなデザインが急須にあっています。飾り気がないことが、逆にティーコージーの可愛さを強調しているようなデザインです。

ゴム編みのシンプルなデザインに、トップについたリングがなんとも可愛いですね。大抵のニットのシンプルデザインのティーコージーは、ポンポンが付いていることが多いのですが、こちらは、編まれたリングがぽこっと出っ張って付いているのがポイントで可愛いですね。色合いも渋いところがどんなティーポットにも似合いそうです。

こちらはブルーとホワイトで柄編みされたティーコージー。この色合いのティーコージーに赤いティーポットを入れているところがなんともニクい可愛さです。ポットがセーターをデザインはノルディックでより暖かそうな印象になります。

編み柄といい、3つ並んだ色ちがいのポンポンといい、クリスマスの頃に使いたくなるような色合いでありながらも、クリスマス以外でも十分に使えるデザインです。ティーコージーは丸っこいティーポットを包むので、もともとすべて丸い形がデザインのベースになるわけですが、もう、丸さの可愛さをとことん生かしたデザインは誰にあげても喜ばれそうです。

ユニークなモチーフデザイン

まるでハリーポッターの中に出てきそうな帽子のデザインのティーコージー!これを使う時にはもちろんハリーポッターの本を読みながら、なんて楽しい使い方もいいですよね。長く読みふけっていても、ティーコージーがあれば、いつまでも温かいお茶が飲めますから最強です!

ティーコージーはイギリスの文化ですから、イギリスのキャラクターが似合います。ひつじのショーンがポットを守ってくれるのなら、どんどんお茶を飲みたくなってしまいます!小さな子供のゲストが来るときに使いたいですね。

こちらはハリネズミ。鼻からお茶が出てきます!針の部分のもこもこがなんとも暖かそうで、すっぽり覆われたポットも居心地が良さそうです。茶色いポットにすれば、茶色の鼻になりますね。

フェルトでできた子羊のティーコージー。ボディのグラデーションや、シンプルな顔立ちと、丸ではなく、背を高く仕上げているところが、なんとなく大人ぽいデザインに感じられます。

まさにお茶のお供。お茶とお菓子がセットになっちゃいました。トップのポンポンがさくらんぼになっているのが可愛いです。色を使いすぎていないので、シンプルでしつこすぎず、モチーフが苦手な人でもこれなら可愛いと言ってくれるかもしれません。

ティーバッグ型のティーコージー。ミシンで作るティーコージーもこんな四角い形は新鮮ですね。ティーバッグはティーポットとセットで使われますから、違和感のないデザインのはずなのですが、この巨大さが圧倒的な存在感を出しています。

このティーコージーは一見他のティーコージーと同じようなデザインに見えすが…

実はこんな十字形になっていて、フラットなのです。ポットを中央に置いて、包み込む形。すっぽりと包み込んでしまうので熱が逃げにくく、いつまでも暖かく保てますね。

すごいこだわりデザインのティーコージー!

ニットだからこそ、ここまでできるんですね!もう圧巻です。ポットではなく、ティーコージーが主役です!

同じ青のティーコージーでもこんなにいろんなデザインが。こんなデザインを見てしまうと、普通のティーコージーを持ってはいけないような気分になりそうです。

ポット以上にとても高いティーコージーや、デコラティブなもの、中にまさかティーポットがあるとは想像できないようなものなど、こんなデザインもあるんですね!来るゲストによって、ティーコージーを変えるのも楽しいかもしれませんよ。ただお茶を飲むよりも、楽しいティーコージーがあれば会話も弾みそうです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事