インスタに学ぶ!まるで海外雑誌のような子供部屋!

おもちゃで煩雑になりがちな子供部屋。なんとインスタにはまるで海外雑誌に負けないような素敵なお部屋がたくさん!かっこいい&可愛い子供部屋ばかりを集めてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月16日更新

手作りキッチンのあるお部屋

コーナーに手作りキッチンがあり、きっとギンガムチェックのカーテンの陰にはおもちゃやキッチン道具が入っているんでしょうね。可愛く片付けられていて、全体的に白い壁や、黒板などカフェ風なところがまたいいですね。

お部屋の様式は特に変わったところはないのですが、なぜかオシャレに見えるのは、一つ一つのもののセレクトがちょっとずつセンスを感じられるからでしょうか。雲のマットや、コートハンガーなど、ちょっとしたものの選び方からセンスが感じられます。程よい量のおもちゃで、なんだかとっても楽しそうです。左のキッチンセットはママの手作りっぽいですね。愛のある部屋です。

プリンセスルーム♡

天井から天蓋が下されて、シャンデリアとストリングライトがキラキラと輝いてアクセントになっています。全体的に白で統一されたお部屋はまるで子供部屋ではないような落ち着きがあります。これからどんどん加わる色が楽しみなお部屋です。

ピンクがアクセントになったザ・女の子のお部屋ですね。優しいピンクと白がうまく調和して、置いてあるおもちゃやディスプレイもさりげなく統一感を意識して揃えられているのが感じられます。

女の子二人のお部屋は上質なベッドがお部屋のアクセントになっていますね。これさえあれば、何もいらないくらいこだわりのあるデザインに感じられます。プリンセスが寝そうなベッドです。全体的に落ち着いたトーンで統一されています。大人になっても使えるデザインの家具を小さいときから使うのもいいですね。

グレイ、ピンク、白のバランスが程よく、大人っぽい色合いの中に可愛いモチーフがちりばめられていて楽しい雰囲気に仕上がっていますね。マットもブラックXホワイトなのに、デザインお可愛さがお部屋を引き締めつつも可愛く、主張しつつもしすぎない程よいバランズ。顔のついたクッションなど可愛いものを取り入れつつも、小さめのソファがあったり、センスのいい椅子が置いてあったりと、大人アイテムが混ざっているので子供っぽくなりすぎないところがセンスのエッセンスですね。

Simple is the best.

大きくなるにつれ、どんどん物が増えるからこそ、最初はミニマムで。アクセントの黒が効いています。小さいうちから出したら仕舞う癖をつけさせて、何もない空間を維持する習慣を身につけるのも大事なことですね。

ベッドカバーこそ柄付きなものの、あとはとてもシンプルにシックな色合いにまとめられています。壁の色がこれからどんどん増える家具やおもちゃの色に負けないようなグレーで落ち着いた雰囲気になっています。

三角テントがアクセント

小さいうちだからこそ、とにかく遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!ということを意識したような楽しい空間です。さりげなくトイボックスは素敵なトレジャーボックスだったり、イームズの小さな椅子が置いてあったり、センスのいいものがちりばめられています。

グレー、ホワイト、ブラックの落ち着いた色合いながらも、テントがあったり、ソファには星モチーフのクッションがあったり可愛さが垣間見えています。天蓋から吊るされている星もさりげなくて可愛いですね。シンプルながらもしっかりキッチンセットもあり、楽しい場所になっています。

壁の色や窓が素敵な子供部屋

すでに壁の色や窓の形がオシャレ。そこに大きなクリスマスツリーがあると、もう日本のおうちではないような風景です!壁の色とあえて合わせていない家具がお部屋にアクセントを与えていて、間接照明が落ち着きをプラスさせています。とても落ち着きのある子供部屋で大人も憧れてしまいますよね。

壁の色を一つの部屋で3色も使うデザインは意外とないものです。置いてあるおもちゃやディスプレイが子供部屋らしくもあり、でもセンスは大人の部屋に通じるものがあります。こだわりのライトを子供部屋にオレンジのアクセントで加えるところはもう脱帽です。まるで雑誌の中のような世界観!

高さ違いにある丸窓が、もう全てを素敵に見せるポイントになっています!優しい外光が入ってくる室内に、ブルーグレーの壁の色がまた優しさをプラス。子供部屋には勿体無い可愛さがあります。

こだわり家具を取り入れて

子供部屋にフェイクの暖炉を設置して、ディスプレイ場所として利用するのは可愛いですね!ぬいぐるみを全部熊で統一しているところがなんとも可愛く、ママのこだわりを感じさせます。季節ごとにディスプレイを変えているであろうこだわりには頭が下がります。

この素敵なベッドがあれば、もう何もいりません!こんな素敵な場所があれば、ここでおうちごっこもできますし、時には船になったり、時には学校になったり、お店になったり。楽しい場所にベッドが子供のイマジネーションで変化してくれそうです。

玄野ははしごと、イームズの椅子がアクセントになって男の子のお部屋らしさを出していますね。黒を利かせ色として使っているので、逆に強い印象で目に入ってくるので男の子のお部屋らしさを強調しています。あのはしごの先には何があるのでしょうか?!

シンプルに統一された二人部屋。並んでいながらも、さりげない仕切りがあり、大きく取った6つの窓からいっぱいに外光が入ってきて爽やかです。子供一人ずつにたっぷりのクローゼットを最初から用意しておくのは将来を見据えた賢いアイデアですね。

ディスプレイにママのこだわり

壁に可愛く楽しくディプレイ。子供の手の届かない位置に配置すれば、ワレモノだって子供部屋に飾れますね。シーズンによって変えれば、子供もディスプレイ替えを毎回楽しみにしてくれるかも。

壁のディスプレイがとっても楽しいですね!ウォールステッカーやポスター、マスキングテープ、ガーランドなど、いろいろありながらもしつこすぎず、統一感があるのはセンスの見せ所です。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事