752 VIEW

インテリアやギフトに素敵♡「スケルトンリーフ」

葉脈の部分だけ残したスケルトンリーフ。漂白された白い葉脈のままのものや、着色したものなど、ディスプレイやギフトラッピングなどでしばしば見かけます。ナチュラルなお部屋のデコレーションなどに取り入れてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月11日更新

葉の葉脈のみを残したスケルトンリーフ

ショップでギフトのラッピングについてきたり、ナチュラルなイメージのショップのデコレーションに使われていたり、染色してクリスマスのデコレーションで使われていたりと、様々なところで見かけるスケルトンリーフ。これは、薬品やその他の方法で葉の葉脈のみを残したものです。ふんわりと優しい雰囲気ですよね。インテリアや、季節のデコレーションに取り入れてみてはいかがですか?

光にかざすと見える細かに走る葉脈を繊細に残したスケルトンリーフは、市販されているものだととても綺麗に葉脈を取り出しています。その他にも自分でやってみる方法もいくつかあるようです。

スケルトンリーフの作り方

水に重曹を入れて、葉っぱも一緒に入れて煮ます。うまく葉脈が取れない場合があるかもしれませんので、いろいろな種類の葉を用意してください。

火の強さや、葉っぱの量、水の量などによって異なるのですが、だいたい1時間くらい煮ます。

取り出して丁寧にブラシなどで葉脈だけを取り除きます。
なかなか繊細な作業で、季節によって葉の厚さも違いますのでどの葉が適しているかは、たくさん試してみてください。他の方法としては、パイプクリーニング洗剤には水酸化ナトリウムが入っていて、これがたんぱく質(葉の緑色の部分だけ)を溶かすので、この洗剤を溶かした水につけておく方法もあるようです。熱湯や強い溶液を扱う場合は取り扱いにはくれぐれも注意してください。一番簡単な方法は、塩水に葉っぱを20日から40日つけるというものがありました。どれがうまくいくかいろいろな葉っぱで試してみてくださいね。

スケルトンリーフの購入もできます

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事