1912 VIEW

インテリアやギフトに素敵♡「スケルトンリーフ」

葉脈の部分だけ残したスケルトンリーフ。漂白された白い葉脈のままのものや、着色したものなど、ディスプレイやギフトラッピングなどでしばしば見かけます。ナチュラルなお部屋のデコレーションなどに取り入れてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月11日更新

目次
  1. 葉の葉脈のみを残したスケルトンリーフ

葉の葉脈のみを残したスケルトンリーフ

ショップでギフトのラッピングについてきたり、ナチュラルなイメージのショップのデコレーションに使われていたり、染色してクリスマスのデコレーションで使われていたりと、様々なところで見かけるスケルトンリーフ。これは、薬品やその他の方法で葉の葉脈のみを残したものです。ふんわりと優しい雰囲気ですよね。インテリアや、季節のデコレーションに取り入れてみてはいかがですか?

光にかざすと見える細かに走る葉脈を繊細に残したスケルトンリーフは、市販されているものだととても綺麗に葉脈を取り出しています。その他にも自分でやってみる方法もいくつかあるようです。

スケルトンリーフの作り方

季節によって葉の厚さが異なり、また葉の種類によってできない場合もあるようです。色々と試してみてください。

水に重曹を入れて、葉っぱも一緒に入れて煮ます。うまく葉脈が取れない場合があるかもしれませんので、いろいろな種類の葉を用意してください。

火の強さや、葉っぱの量、水の量などによって異なるのですが、だいたい1時間くらい煮ます。

取り出して丁寧にブラシなどで葉脈だけを取り除きます。
なかなか繊細な作業で、季節によって葉の厚さも違いますのでどの葉が適しているかは、たくさん試してみてください。他の方法としては、パイプクリーニング洗剤には水酸化ナトリウムが入っていて、これがたんぱく質(葉の緑色の部分だけ)を溶かすので、この洗剤を溶かした水につけておく方法もあるようです。熱湯や強い溶液を扱う場合は取り扱いにはくれぐれも注意してください。一番簡単な方法は、塩水に葉っぱを20日から40日つけるというものがありました。どれがうまくいくかいろいろな葉っぱで試してみてくださいね。

スケルトンリーフの購入もできます

色々と調べてみましたが、実際に作る場合結構失敗も多いようなので、時間がない方や、手作りに自信がない方はスケルトンリーフを購入して、そのあとのアレンジを楽しむという割り切った方法もオススメです。

ギフトラッピングにスケルトンリーフ

手作り石鹸のギフトや、ギフトラッピングにさらっとスケルトンリーフを添えるとナチュラル感が漂い、凝ったラッピングをしなくても素敵に仕上がります。クラフト紙や麻紐などと一緒にラッピングするとよりナチュラル感が出て良さそうですね。

ギフトカードにもこんな風にドライフラワーとともにデコレーションに使うのもいいですね。スケルトンなので下の紙の色が透けて見えるのがまたいいですね。

ポプリなどを包んだギフトラッピングにスケルトンリーフをデコレーションすると、香りを邪魔することなく、リーフで飾ることができます。より華やかになっていいですね。

インテリアのデコレーションもこんな風にドライフラワーとともにスケルトンリーフを添えて。優しい雰囲気が漂うナチュラルインテリアが出来上がりです。

ネイルにスケルトンリーフ!

ネイルにも、こんな風に小さく切り取ったスケルトンリーフをデコると新鮮な印象!

レジンでアクセサリーに。

レジンで閉じ込めたスケルトンリーフをバレッタにつけてヘアアクセサリーに。葉のナチュラル感をそのままに綺麗な色のグラデーションが素敵ですね。髪につけると、透明で髪の色が見えるのでしつこすぎない優しさのある雰囲気の髪留めです。

ナチュラルなスケルトンリーフにあえてビビットなカラーを加えるとこんなに雰囲気が変わるんですね!それでありながらも、まるで色濃くついた紅葉のような印象を受けるのはスケルトンリーフだからこそですね。

クリアのレジンに、着色したスケルトンリーフを入れることでより葉脈の美しさが際立ちますね。

こんなに大きなスケルトンリーフでも、優しい雰囲気に仕上がっています。パールがまるでしずくのように葉についていて、美しくキラリと光ります。幅広いファッションと合わせられそうなアクセに仕上がっています。

革紐とドライフラワーを合わせてペンダントに。ちょうどレジンに閉じ込めたスケルトンリーフの上にドライフラワーを飾れば、まとまりも良く仕上がります。

インテリアにスケルトンフリーフのぬくもりを取り入れる

見事にスケルトンリーフだけで仕上げたリース。シンプルなのに、圧倒的な存在感です。大量に使われたスケルトンリーフが美しく、透けているからこそ、たくさんでも威圧感もなく、すんなりとインテリアに馴染んでくれそうです。なおかつ個性的なのが素敵です。

透け感を活かしてライトに使うのはいかが?LEDライトなら熱もないのでこんな風にデコレーションしても安心です。葉脈が美しく透けています。

スケルトンリーフをゴールドに染色し、シンプルに紅い糸を通したガーランド。シンプルなのに優しく美しく輝きます。赤い糸を選んでいるのは大正解ですね!とても素敵です。

フラワーアレンジメントとして

染色されたスケルトンリーフを使ってフラワーモチーフに。こんな風に別のモチーフを作って壁に飾ったりするのも個性がありながらもいかようにもアレンジの効くスケルトンリーフならではです。

ゼリーのキャンドルの中にスケルトンリーフを沈めて。クリアだからこそ、リーフの美しさが際立ちます。

こんな風にパウチをするだけでも素敵です。しおりや、ちょっとしたギフトに添えたり、メッセージも一緒にパウチしてカードにしたりと、工夫するのが楽しくなりますね!

スケルトンリーフだからこそ、重ねて飾っても下の葉も見えて、何枚か入れても厚ぼったくならないですね。重ねると色がグラデーションになって綺麗です。フォトフレームが個性的でも馴染んでしまいます。

こんなガラスの間に挟み込むフレームだと1つ1つの葉の葉脈の美しさを楽しむことができます。

ウェディングのウェルカムボードにあえてスケルトンリーフだけのデコレーション。アクリルフレームのよさが出ますね。とてもナチュラルな感じが出ます。

スケルトンリーフを4枚半分に折って、小枝と組み合わせると蝶々に!素敵ですね。ふわふわと飛んで行ってしまいそうな雰囲気がよく出ています。あかりのところにデコレーションすると、より繊細な感じが強調されて綺麗です。

ランプシェードのアレンジにスケルトンリーフを取り入れると、光をさえぎることなく、また美しい葉脈がよりよく見えて素敵なインテリアになります。

本格的なアート作品もスケルトンリーフで

スケルトンリーフを布のように見立てて刺繍で文字をあしらっています。まるで、葉脈自体がこの文字を葉に浮かび上がらせているかのような作品はとても繊細ですね。

いくつもスケルトンリーフをつなげてまるで布のように一枚に仕上げてあります。まるで葉でできたレースカーテンのようです。漂白した白い葉がなんとも涼しげで、淡白な、飾り気のない印象を残しつつも、一つ一つ糸で繋げた細かい作品です。

森の妖精の顔を作ったかのような作品。葉脈で透けて見えることで、いるのかいないのか、存在が明らかでない妖精のような作品です。美しい顔立ちが綺麗に出ていますね。柔らかい葉脈ならではです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事