1152 VIEW

まだ間に合う!球根の水耕栽培で春を楽しみに待ちませんか

秋から冬にかけて始める水耕栽培。ヒヤシンスやムスカリなど、球根を用意して水耕栽培を始めませんか?今ならまだ間に合いますよ!素敵な花瓶を用意して春の花が咲くのをじっくり待つ時間を楽しみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月10日更新

目次
  1. 春に咲かせるために、冬の今から始める!!
  2. ところで水耕栽培って?
  3. 球根の水耕栽培を準備しましょう

春に咲かせるために、冬の今から始める!!

小学生が一度くらいは経験する球根の水耕栽培。春に花を咲かせるために、冬からスタートします。今が開始時!可愛い花瓶と素敵なお花が咲く球根を用意して春を楽しみに待ちませんか?

ところで水耕栽培って?

水耕栽培とは、固形土壌を使わない栽培のことで、読んで字のごとく、水で栽培します。お世話もお水の取り替えだけですし、根が生えてくる様子が見えて、切り花と観葉植物の中間的な感覚で長く室内で楽しめるのは水耕栽培ならではです。

水耕栽培でどんな花が楽しめる?

ヒヤシンス、ムスカリ、クロッカスなどが主流で、他にもチューリップや水仙などちょっと背の高いものも器の選定でうまく育てている方もたくさんいます。

球根の水耕栽培を準備しましょう

quote
根がでるまで球根は涼しくて暗い場所に置いておきます。水栽培には「水栽培用」と明記されてものを利用しましょう
quote
根が伸びてくるにつれて徐々に水を減らしていきます。これは根が呼吸をするためです。水は汚れるので一週間に1回は取り替えましょう
実は球根の水耕栽培は9月10月あたりから球根がお花屋さんに並び始めます。年内中なら水耕栽培用の球根がまだ手に入るはず。年が明けても、まだ大丈夫。土に植わったものでも丁寧に土を取り除けば、水耕栽培できます。

芽が出てくるまでは、球根にまだ冬だと知ってもらう必要があるので暗いところで育てます。寒さに当たらないと発芽しないそうなのです。芽が出てくれば、直接暖房が当たるところでない限り、基本的にはどこにおいても大丈夫だそうです。

球根が水につかないよう専用のベースの代わりに、こんな風に綺麗な石を用意して球根を乾いた状態で保ち、石の美しさもインテリアの一部になっていいですね。

根が出てきたら、毎日愛でながら育てるのは楽しいですね!気をつけたいのは、暖房が当たらない場所を選ぶことと、根の部分が水に浸かっていればいいので、球根部分が腐らないようにしてあげることです。育て始めると、伸びてきた白い根っこ一本だって愛おしくなってきます。

ヒヤシンスの大きな球根だからこそ、この大きなフラワーベースにこのバランスで入るんですね。それぞれ別に育てて、来客の際に、大きなフラワーベースに入れ替えてダイナミックな水耕栽培をディスプレイする、というのもいいかもしれません。それぞれ小さい花瓶で水耕栽培した方が、根腐れなどのチェックもしやすく、水の取り替えも楽なのでお世話が楽だと思います。

これはすごいボリュームですね!どうせやるならここまでたくさん水耕栽培すれば、大きな花束のようです!

苔を使ってうまく水はけを良くするのも球根が腐らないようにする工夫ですね。水耕栽培用の花瓶も色々とあり、専用だからこその可愛さと便利さがありますが、こんな風に集合で球根をたくさん大きな花瓶で育てるとダイナミックな水耕栽培ができます。水の取り替えが少々手間になりそうですので、丁寧に工夫してする必要がありますね。水仙の香りが写真から漂ってくるようです。

アマリリスだって水耕栽培で開花します!スーッと伸びる茎から開く大輪の花は見事です。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

水耕栽培はナチュラルな雰囲気だけかと思いきや、こんなゴージャスなフラワーアレンジメントのような演出もできます。鏡の前に飾ると映り込むことで倍のボリュームに見えてより美しさが映えます。様々な高さのフラワーベースを使ってもシンプルなものであれば、統一感が生まれます。

チューリップだって、こんな風に元気に育ってしまいます!これなら切り花よりも長く室内で花が楽しめて、見た目はほとんど切り花と変わらずで得した気分になりそうです。

こんなステンドグラスの水耕栽培の器なら、芽がでる前でも十分美しいディスプレイになりますね。

みんなの水耕栽培を見てみたい

WECKのかわいいボトルを水耕栽培に使うのもアリですよ〜。身近にあるかわいいボトル、いつか使うかも、と取っておいたボトルが役に立つ時がきました!!小さい球根だと、中に落ちてしまうので、ヒヤシンスくらい大きなものだとうまくはまりそうです。

水耕栽培用のベースも使っていますが、よく見るとアンティークの薬瓶を使っていますね。とっても素敵です。雑貨屋さんでアンティーク風のガラスボトルも手に入るので、結構気軽にこの素敵な雰囲気は手に入りそうです。口の小さめなボトルなら、いろいろと水耕栽培に活用できそうなので、ちょっと視野を広げて探してみると、思わぬ素敵なものに出会えそうですよ。

かわいいラベルのジャム瓶はあえてそのまま使うのもいいですね。大きさや高さが違くても花の種類が一緒なら、統一感がでますからあえていろいろなフラワーベースに入れるのも楽しいですね。

窓辺に置くと、水が光でキラキラと光り、緑も生き生きとします。全く違うフラワーベースでも、ガラスで統一しているので素敵です。

大事に一つを育てるのもいいですね。これは蕎麦猪口でしょうか。渋い器が球根の蓋を付けたかのようでなんとも愛おしい出で立ちです。

どーんと大きなヒヤシンスなどの球根は、広口のグラスでもこんな風に途中で詰まるので根の部分だけ水につけることができます。

瓶の敗れたラベルですら素敵に見えてしまう、こんな自由な雰囲気もいいですね。水耕栽培も気軽に楽しく始めるべきだと言われているような気になります。

大事に育てる水耕栽培、季節によってディスプレイを周りに飾ってあげて大切に見守っていきたいです。

こんな水差しのボトルだって水耕栽培に。美しい白い根っこが映えます。

こちらもジャムの瓶を利用。ちょっと細身なボトルなら根の部分だけ水につけられるのでどんなものでも活用できそうです。

こんなにバリエーションのあるボトルを使って、さらに水耕栽培コーナーも作ってしまえば、開花した時には随分と華やかになりますね!とっても楽しみな空間です。

小さな球根でも、集合にしないであえてそれぞれを素敵なボトルに入れるとこんな素敵な雰囲気に。お揃いのボトルがあれば、ぜひ真似してみてくださいね。隣のヘクソカズラのディスプレイも素敵です。

家にある保存瓶。このまるでみずみずしい野菜のような水耕栽培の雰囲気も素敵です。キッチンに飾りたくなります。

ラベルをはがした缶を利用してディスプレイしている水耕栽培。メタルが光を反射して、リサイクルの缶だと感じさせないかっこいいディスプレイになっています。

クリスマスには、まだ咲かない水耕栽培だってディスプレイでおめかし。3つの集合に麻紐でしているのが可愛いです。

こちらはモスでデコレーション。根の部分だけ湿っていればいいわけですから、球根部分はこんな風にデコレーションしてもいいわけです。いいアイデアですね。これならギフトなどにしても喜ばれそうです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事