着なくなったTシャツどうしてる?Tシャツヤーンで素敵な小物に変身

サイズが合わなくなったTシャツや衿元がヨレヨレになってしまったTシャツ。お気に入りだったけど着られない。
しかし諦めないで!Tシャツヤーンにして小物に変身させましょう。Tシャツヤーンだけでなくカットしただけでエコバッグにも。これがTシャツ?と思う素敵な作品をみてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月4日更新

目次
  1. Tシャツヤーンは便利なアイテム
  2. 目からウロコのエコバッグ まさかTシャツ?

Tシャツヤーンは便利なアイテム

Tシャツヤーンとは?

Tシャツヤーンとは、Tシャツをカットして毛糸玉にしたもの。作り方はいたって簡単。

Tシャツを切って引っ張るだけ。古くてヨレヨレになってしまったTシャツでもかわいい毛糸玉に生まれ変わります。

ゴージャスなコサージュもTシャツヤーンで

深紅の花びらがすてきなコサージュ。実はTシャツヤーンでできたもの。Tシャツそのものがカラフルな色使いのものも多いので、いろんな色合わせを楽しむことができます。

いくつか作って束ねてみるとゴージャスなコサージュになりますね。胸元を可愛くゴージャスに飾るアイテムとしてTシャツヤーンで作ってみてはいかがでしょうか?

巻いてカットするだけ

Tシャツヤーンをグルグル巻いて、真ん中を束ね、両端をカットしていきます。ボンボンを作る要領ですね。

形を整えたらほぼ完成です。

縄あみのベルトは伸縮性もバッチリ

Tシャツヤーンを編んでいくと、ベルトにもなります。バックルをつけて仕上げましょう。


短く編んでターバンとして使ってもいいですね。

缶を重りにして編んでいく

4つのパーツに分けて、順番に編んでいくとだんだんと縄状になっていきます。作る作業もまるで職人さんになった気分で、思わず集中しそうですね。

フリンジがアクセントの可愛いバッグ

細編みでバックを編んでいき、フリンジでアクセントをつけるとオリジナリティスタイルのプチグラニーバッグのできあがりです。


タッセルをつけて可愛さをアップさせてみましょう。色使いもビビットにまとめると自分だけのすてきな一品に仕上がりますね。

Tシャツ素材だからこそ肌ざわりのいいフロアラグに

時間のあいたときにTシャツヤーンを作りだめしておき、まとめて円形状にあんでいくとラグマットもできてしまいます。

Tシャツヤーン1玉作るのにかかる時間は約30分程度。十分すき間時間でできますね。

子どもも喜ぶ編みぐるみ

単色のTシャツヤーンではなく、柄の入ったTシャツを利用するとお洋服を着ているように見えますね。

お子さんが喜ぶ編みぐるみを楽しく編んでみましょう。耳の大きさや鼻の長さを変えるとまた表情が変わっておもしろいですね。

太めのTシャツヤーンを使ってざっくりと仕上げましょう。

目からウロコのエコバッグ まさかTシャツ?

Tシャツからエコバックに再利用

お気に入りのTシャツが着れなくなったときは、即ウエスにするのではなく、エコバッグに再利用してみませんか?


そうすると、いつも持ち歩くことができ、生まれ変わってあなたのそばで活躍してくれるアイテムになってくれます。

カットして互い違いに穴を作るだけ

Tシャツをカットし、底の部分を縫っていきます。そのときに強度が増すように袋縫いをしていきます。

あとは、上下交互に線を引き、ロータリーカッターやはさみなどで切っていいくだけです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事