憧れの壁収納♡お洒落で簡単な「ディアウォール」のインテリア活用術

壁に穴を開けることなくおしゃれな壁面収納を実現できるアイテムとして、そして欲しいところに欲しい大きさの収納を作れるアイテムとして、「ディアウォール」がDIYの定番アイテムとなりつつあります。ディアウォールの使い方やインテリア実例をまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月2日更新

目次
  1. ディアウォールとは
  2. ディアウォールの使い方
  3. ディアウォールを使ったインテリア実例
  4. ディアウォールで手軽にDIYを楽しもう

ディアウォールとは

ディアウォールとは、若井産業が販売している製品で、2×4(ツーバイフォー)材という角材をはめ込んで天井と床の間に突っ張らせて柱のようにできるものです。

突っ張らせた2×4材に時計を掛けたり棚を作ることもでき、女性でも設置できるくらい手軽で、賃貸でも壁を傷つけることなくお洒落なインテリアを楽しめると人気を集めているんです。

ホワイトだけでなくライトブラウン・ダークブラウンの2色も用意されているので、インテリアに合ったカラーを選ぶことができます。

2×4とは

2×4材とは、厚さ2インチで幅4インチ……つまり、38mm×89mmの木材のことです。

表面が研磨されているため滑らかで加工もしやすく、ホームセンターなどで安価に手に入ることからDIYとして人気の高い木材です。SPFやホワイトウッドなど使用されている樹種にはバリエーションがあります。

ディアウォールの使い方

ディアウォールを使うためには、まず設置したい床から天井までの長さより40mm短い2×4材を必要な本数用意します。

色を塗ったりするなら、先にやっておきましょう。
ディアウォールを2×4材にはめ込みます。

ディアウォールの片方にはバネが入っているので、バネが入っている方を天井側にして、上に押し上げながら垂直に立てていきます。
しっかり突っ張らせたら出来上がり。
これを、必要な数だけ繰り返します。

あとは、フックや金具、横板などを取り付ければ完成です。

ディアウォールを使ったインテリア実例

雑貨の展示スペースとして

せっかくなら飾って置いておきたいお気に入りの雑貨は、ディアウォールで専用の棚を作ってしまいましょう。
どんどん増えてしまうお子さんのミニカーやプラレールの収納にも最適です。

お子さんの絵本コーナーに

文字の読めないお子さんを絵本好きに育てるためには、興味を持って自分で絵本を選べるように表紙を見せて飾っておくのが良いのだとか。

1本でバッグ収納に

1本のディアウォールにフックを設置すれば、収納が難しいバッグも吊るしておけるので、出し入れも簡単です。

子供用のコートハンガーにも

低い部分にフックを設置すれば、小さなお子さんの制服や帽子、上着も自分でお片付けやお着替えすることができます。

市販のコートハンガーのように場所を取らないのも嬉しいですね。

上部に設置されている時計にも注目!
壁に穴を開けずに壁掛け時計を設置できるので、賃貸でも安心です。

部屋の場所や形を選ばず壁面収納

収納家具を起きにくい独特の形の部屋にこそディアウォールはおすすめ!
柱を1本立てるだけで、あっというまに壁面収納が完成します。

コーナー収納もお手の物

棚を置くとちょっと使いにくい、でも何も置かないのも勿体無いコーナーにディアウォールを設置。
圧迫感もなく、両方の壁を収納として使えるようになりました。

バイクハンガーを取り付けて自転車を飾って収納

屋外には置く場所がない、または置いておきたくない自転車もディアウォールがあれば簡単に見せる収納が実現可能です。

お気に入りのギターも飾って収納

場所を取らないだけでなく、使い勝手も良いんです。

有孔ボードも設置できる

賃貸ではやりにくい壁面への有孔ボードの設置もディアウォールと組み合わせればこの通り!

壁掛けテレビの設置に

省スペースとはいえ壁に穴を開けざるを得ない壁掛けテレビ。

ディアウォールを使えば壁に穴を開ける必要がなく、上下も収納として使用することができます。

プラダンを貼って配線も隠しちゃおう

ごちゃごちゃとした配線は、プラダンを貼って隠してしまいましょう。

マジックテープで貼っておけば、取り外しも簡単です。

広々としたシェルフとして

ディアウォールを使ったシェルフは市販もののより圧迫感がなく、透け感があるため、開放的な部屋を演出することができます。

洗濯機周りの収納に

収納したいものが多いのに場所がないのが洗濯機周り。

ディアウォールなら、省スペースでたっぷり収納することができます。

トイレの収納に

収納が欲しいのにない場所といえば、トイレもその一つ。

ディアウォールなら、トイレタンクの上のデッドスペースも有効活用することができます。

天井から床までしっかり支えているので、突っ張り棒で作る棚より安定感があります。

キッチン収納に

ゴミ箱の上のデッドスペースをディアウォールで収納スペースに。
市販の棚のように横に壁がないので、上から下まで広々と使うことができます。

シンク周りの収納に

調味料やキッチンペーパー、調理油など、置いておきたいものの多いシンク周り。
壁面を活用しない手はありません。

窓辺も光を遮らない収納に

窓辺のちょっとしたスペースも、差し込む日光を遮らずに収納として活用することができます。

キッチンカウンターの収納に

悩みがちなカウンターキッチンの上もディアウォールでカフェ風に。

2×4材の長さを変えるだけで、床から天井までだけでなく、このようにカウンターの上など様々な場所に設置することができるのもディアウォールの魅力です。

隙間収納に

棚を置くに置けない狭いスペースも、ディアウォールで収納スペースを作ることができます。

押入れの収納に

効果的な収納の仕方が難しい押入れの中。

ディアウォールなら、設置する場所や高さを自由に設計でいるので無駄なく自分にピッタリの収納方法を実現することができます。

下駄箱代わりに

特に賃貸の場合、玄関に下駄箱がない事もありますよね。

でも下駄箱を置くと玄関が狭くなるし……ディアウォールで作っちゃいましょうか。

本棚に

以外と見つからない理想のサイズの本棚も、ディアウォールを使ったDIYなら簡単ジャストサイズ。

机そのものをディアウォールで

もちろん机周りの収納にも使えるディアウォールですが、ちょっとした作業机も作ることができるんです。

部屋の仕切りとして

ディアウォールで作れるのは壁面収納だけではありません。

「開放感は欲しい」「でも部屋の区切りはハッキリさせたい」
そんなときはディアウォールでガラス戸風の仕切りはいかが?

キャットウォール・キャットタワーに

飼っている猫ちゃんのためにキャットウォールやキャットタワーを設置してあげたい……でもスペースもないし……。

そんなときはディアウォールでDIY!
猫ちゃんの運動不足も解消できます。

ペットの脱走防止ドアに

廊下に本格的なドアを取り付けるのは簡単ではありませんが、ディアウォールなら手軽にジャストサイズのドアを作ることができます。

ベビーゲートにも

下の方にだけ柵を取り付ければベビーゲートにもなります。

視覚的にも、市販のベビーゲートより圧迫感がありません。

ディアウォールで手軽にDIYを楽しもう

壁を傷つけることなく壁面収納を作ることができたり、素人でも簡単に仕切りやドアを作ることのできるディアウォール。
つい部屋の中を見回して、自分ならどこに何を作ろうか想像を巡らせてしまいますね。

ぜひディアウォールを上手使って、理想のお家に近づきましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事