537 VIEW

映画「美女と野獣」が待ちきれない!予告編の再生回数が最高記録更新

アニメーションのディズニー映画「美女と野獣」の実写版が2017年4月17日に日本公開予定!11月15日に初の美しいドレスに身を包んだエマの姿や野獣の姿を含んだ予告編が公開に。来年の公開まで待ちきれません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月19日更新

目次
  1. こちらが再生回数で新記録を更新したオフィシャルトレーラー!
  2. 豪華なキャスト
  3. 主演二人のスペシャルインタビュー
  4. 映画のワンシーンを紹介

こちらが再生回数で新記録を更新したオフィシャルトレーラー!

「美女と野獣」の実写版予告編はFacebookやTwitter、YouTubeなどで再生可能となっています。E! Onlineによると、24時間以内にこの「美女と野獣」予告編が再生された回数がなんと1億2760万回再生されたとのこと。これは、「スターウォーズ/フォースの覚醒」(2015)1億1200万回などを上回り現在トップ!世界の注目度がわかりますね!確かに、今までCGのボールルームや、バラなどは予告編で見られたものの、エマ・ワトソン扮するベルのドレスやメイク、野獣役のダン・スティーヴンスがどのような野獣になているのか、アニメにどこまで近い仕上がりになっているのかは全くの謎でしたが、見ることができますよ!!

豪華なキャスト

そして発表されている豪華なキャスト陣。左から、メガネをかけているのがアメリカ人俳優ジョシュ・ギャッド。ガストンの手下ル・フウ役。ディズニーアニメーション『アナと雪の女王』オラフ役といえば、皆さん記憶に新しいはず。隣の口髭を生やしているのはイギリス人俳優のダン・スティーヴンス。野獣を演じます。中央がベル役のエマ・ワトソン。エマの上にいるのがイギリス人俳優ルーク・エヴァンズで、ベルを狙っているガストン役。ホビットシリーズのバルト役を演じていた役者です。そして右にいるのはアメリカ人俳優ケヴィン・クラインでベルの父親役を演じます。
他にもポット夫人をアカデミー主演女優賞受賞のエマ・トンプソン、野獣の白のろうそくのルミエール役としてスター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナスでオビ=ワン・ケノービ役を演じたイギリス人俳優ユアン・マクレガーが脇を固めます。

エマ・ワトソン

エマ・ワトソンは言わずと知れた「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じた1990年生まれのイギリス人女優。ハリー・ポッターシリーズが終わった後も、順調に女優業としてのキャリアを積み上げ、また同時に学業も両立させたスマートな女性として活躍しています。

ハーマイオニーの頃がとても懐かしいですね!ハリー・ポッターシリーズが続いていた当時、私たちにとって彼女はハーマイオニー以外の何物でもなかったですよね。

見事なショートカットのイメチェンとともに作品をうまく選んで出演し女優としてますます美しくなっているエマ・ワトソンのベルは楽しみです!

ダン・スティーヴンス

イギリス人俳優のダン・スティーヴンスって一体誰?と思っている人もいるかと思います。彼は、最近の作品としてはNHKで放送されたBBCの「ダウントンアビー」でクローリー家の跡取り婿として招かれたマシュー役で好演していたのは覚えている人も多いのでは。優しくも率直なイギリス紳士役がとても素敵でした。

いつメアリーと結婚するのか、うまくいくのかやきもきしながら「ダウントンアビー」のドラマを見ていた人も多いのでは。

quote
1991年のディズニーアニメーション『美女と野獣』の音楽を担当、アカデミー作曲賞を受賞しているアラン・メンケンが実写版でも音楽を担当することが判明しています。ロンドンで2015年5月から楽曲制作を開始しているようです。
オリジナルアニメーションの映画と同じ音楽担当者が今回も楽曲制作をするとは、同じ世界観がまた保障されているようなものですね!ますます楽しみです。

主演二人のスペシャルインタビュー

映画のワンシーンを紹介

ついに野獣が公開!ダン・スティーヴンスの素顔は全くわからない感じですが、アニメの野獣の感じがよく再現できていますよね!最後に素顔に戻るところがとても楽しみです。

衣装やセットもアニメと実写の距離感を感じず、裏切られなさそうです。

こちらは1991年に公開されたアニメーションのオリジナル「美女と野獣」。この映画の中の美しいダンスシーンはとても話題になりました。実写版ではどのように表現されているのか楽しみです!

公開されている2017年放映予定の「美女と野獣」のポスター。キーとなっている美しい赤いバラは象徴的です。

美しいベルの象徴である黄色いドレスを身にまとったエマ・ワトソン。

フェザーダスターや、ろうそくのルミエール、ポット夫人や時計の執事コグスワースがどんな風に動くのか、ワクワクしてしまいます!

発明家の父と一緒に和やかな時間をすごすベル。エマの演じるベルはどんなベルになっているのでしょうか。アニメーションの映画ももう一度見たくなりますね!実写版が公開されるまでは、アニメーションでじっくりとストーリーや世界観に浸って待つのも悪くないかもしれませんね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事