話題の酢キャベツ「乳酸キャベツ」で成功するダイエット!

テレビや雑誌で話題になっている酢キャベツ。体によくダイエットにオススメなどよく聞きますが、どんなものかご存知ですか?知れば試してみたくなるかも!年末に向けてダイエットがきになるあなた、ぜひ読んでみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月17日更新

目次
  1. 乳酸キャベツの作り方

話題になっている酢キャベツ。どんな風に日常の食事に取り入れて、どんな風に作ればいいのでしょうか。まずはキャベツとお酢の成分からみてみましょう!

キャベツの成分

quote
肝機能を高め、コレステロールの害を防ぐ

キャベツに含まれるビタミンUには、肝臓の働きを高める作用があります。
肝臓は、血液中の老廃物をとり除く解毒作用を持ちます。このほか、体内の組織を構成するタンパク質や、細胞膜、ホルモンのもとになるコレステロールを合成する重要な役割を果たしています。
ビタミンUは、タンパク質や脂肪の代謝を助ける作用を持ち、肝臓に入るとタンパク質の合成を補い、肝臓内の余分な脂肪を代謝し、肝機能を高めます。
肝機能が高まれば、アルコールなどの害が解毒され、コレステロールの異常分泌を防ぐことができます。
さらに、キャベツに含まれるグルコシノレートという物質にも肝臓の解毒作用を高める効果があります。グルコシノレートは、肝臓内にある有害物質を分解する酵素の働きを高め、肝機能をアップさせます。また、血液の汚れを洗い流し、サラサラにする効果もあります。
quote
キャベツには、別名「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUが含まれています。また、ビタミンCも含まれており、100gを食べると成人の一日推定平均必要量の約47%を摂取することができます。ビタミンUやビタミンCは熱に弱いので、サラダや生食が適しています。
なるほど。
代謝によく働き、ビタミンCやUも一緒に摂れるので体にいいんですね!血液サラサラ効果があるのも嬉しい成分ですね。
しかも冬キャベツや春キャベツなど、1年中手に入りますし、置いていない八百屋さんやスーパーマーケットはないレギュラー野菜。こんなに手軽に手に入るなら、始めるのもハードルが低いですね。

お酢の成分

quote
お酢の主成分は「酢酸(さくさん)」です。
一般にお酢と呼ばれているものは、糖質を含む食材を原料として、それをアルコール発酵させた後、酢酸発酵させた液体調味料を指します。主成分は酢酸(さくさん)です。
お酢の種類は原料別にたくさんあり、穀物酢、米酢、米黒酢、りんご酢など、その数は数百種に及ぶと言われ、それぞれに味や香りも異なります。たとえば、すっ きりとした酸味が特徴の穀物酢、まろやかな酸味の米酢、フルーティな酸味のりんご酢、コクのある酸味の黒酢など、原料や製造方法の違いが各お酢の味や香り といった特徴となって現れます。
お酢の主原料は、穀類(米や麦など)、果実(リンゴやブドウ)などさまざまですが、造り方の基本となるのは「酒を造る工程の後に、酢酸発酵を加えること」と言えるでしょう。
quote
お酢には、クエン酸をはじめ、たんぱく質に含まれるアミノ酸など60種類以上の有機酸が含まれています。その中でもアミノ酸には脂肪分解を助ける働きがあり、ダイエットに効果的だといわれているんですね。また、お酢にはコレステロールの合成を抑える働きがあり、血液をサラサラにする働きがあります。冷え改善やむくみ解消など、体に良い影響をもたらしてくれるんですよ♪
お酢も代謝によく、血液サラサラ効果、むくみと冷え性にいいとくれば、ダイエットに最適ですね。またクエン酸は疲労回復効果もありますし、この二つが一緒になれば最強ですね!
また、お酢の酸っぱさを強く感じられることによって塩分摂取量を控えることができることもあり、見直されていますね。日常生活でもっと取り入れると、ダイエットだけでなく健康になれますね♪

酢キャベツの注目度

メディアでもたくさん取り上げられ、効果があったとの報告がいろいろとありますが、実際のところどうなんでしょうか。

quote
どくの@喪腐喪腐。 ‏@dokunochan 11月13日
今流行りの酢キャベツ作って食べてみた…便秘舜殺な上に体めっちゃ軽い‼お酢パワースゲェ!ただ凄い屁が出るので仕事ある日は無理だな(^q^)安野先生は茶碗一杯たべてるって書いてたが体に合わせてだなぁ
quote
いくりん ‏@ikurin112233 10月24日
酢キャベツダイエットで1㎏痩せた
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 1 リツイート
いいね
その他
quote
御肉 ‏@onikuParadaisu 10月14日
体重は、緩やかに減少傾向にある。酢キャベツか?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 リツイート
いいね
その他

いいね!54件
1週間前
pico_naachu.
.
昨日のナイナイアンサー見た人いるかなぁ???
.
・レンチン生姜 と ・乳酸キャベツ

痩せれるし便通よくなるって

いいね!276件
1週間前
rh_dietさらに〜
#乳酸キャベツ
左、右
左、右
左、右
で見てください。

quote
↓ナイナイアンサーより
ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は、胃酸や熱に弱く生きたまま腸に届かない事が多い。

植物性乳酸菌は生きたまま腸に届く割合が高く、腸内環境を改善する。
そしてキャベツの食物繊維が効果を発揮!
食物繊維は消化も吸収もされず水分を吸収し、数倍〜数十倍に膨張。
腸を刺激して便通を促す。

その結果、
便秘が解消され、腸の働きが良くなり代謝アップ⤴︎✨
だそうです♪
人によって、食べる量などにもよっておそらく効果はまちまちだとは思いますが、実際に効果が出ている人がいるようです。美味しいと思って食べられて、それでいて健康に効果があるのであれば、試してみる価値がありますよね!

試すべきは、さらに発酵させた「乳酸キャベツ」

調べていくと、キャベツとお酢の相性は抜群ですし、それぞれの相乗効果があるようなのですが、
どうやら乳酸キャベツという言葉がたくさん出てきました!どうやら発酵させると、さらなる効果があるようです!!
quote
「いろいろな発酵食品のなかでも、一番多く作って、肌や胃腸が喜ぶのを実感しているのが乳酸キャベツ」と話すのは、料理家の井澤由美子さん。

 その魅力は乳酸菌とキャベツの健康効果のダブルパワーにある。発酵過程で増える乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内細菌のバランスを整える。免疫力を高める効果もある。前東京農業大学応用生物科学部教授で植物性乳酸菌に詳しい岡田早苗さんは、「乳酸キャベツには乳酸菌が億から十億の単位で生息していて、キムチの乳酸菌生菌数と同等と考えられる。植物由来の乳酸菌は動物由来のものに比べて強い酸性の下でも生きられ、胃酸や胆汁酸にさらされても生きて腸まで届きやすい」と話す。
ただの酢キャベツでなく、乳酸菌が生まれた酢キャベツがとても体にいいようですね!
どうせ同じものを作るのであれば、ぜひ乳酸キャベツにトライしてみたいですね。今の時期であれば、気候がいいので腐ったり食品自体が発酵段階で悪くなってしまう心配があまりないので初心者でも安心して始められます。

乳酸キャベツの作り方

発酵させる手順があるので、使うまな板や包丁など、綺麗なものを使ってください。雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。
quote
[材料(作りやすい分量)]
キャベツ……1個(正味1kg) 塩……小さじ4弱(20g) きび砂糖……小さじ1/2 好みのスパイス……適量(唐辛子、粒コショウ、ショウガ、ローリエ、クローブ、キャラウェイなど)

1.キャベツを千切りにする
 キャベツを4等分に切って洗い、水気を切って千切りにする。細かく切るほど発酵しやすくなる。
2.保存袋に入れて塩を振る
 味を全体になじませるため、塩は2回に分けて入れる。まず半量のキャベツを保存袋に入れ、小さじ2の塩を混ぜる。
quote
3.袋の上から両手でもむ
 残りのキャベツと塩、砂糖を加え、袋の上からなじませるようにもむ。密閉袋(大)1枚にキャベツ1個分が入る。
4.余分な空気を抜く
 好みのスパイスを加えたら、袋の上からぎゅっと押して、余分な空気を抜いてしっかりと口を閉じる。
5.重しをする
 1.5kg程度の重し(500mlのペットボトル3本など)をのせて、直射日光の当たらない常温の環境で1~5日置く。
6.冷蔵庫へ移す
 味見して酸味があり、泡が立っていたら発酵している証拠。清潔な瓶に移して冷蔵庫へ。冷蔵で約1カ月保存可能。
出典:style.nikkei.com

自分にあった味や、方法を見つけて取り入れるキャベツとお酢

調べてみると、酢キャベツの作り方は分量など様々です。
自分にあったお酢の強さを見つけて、日常的に摂取することで、健康体を目指すことはとてもいいことですよね。いろいろとダイエットブームは毎年ありますが、いかがでしたでしょうか。
できそう!と思ったのであれば、ぜひトライしてみてくださいね♪
じっくり勉強したい人は、書籍をどうぞ。幾つか出版されていますので自分が好きそうなものを選んでくださいね。この本での紹介されている作り方はシンプルで、どんな効果があったのか詳しく書かれています。

こちらは酢キャベツとしてのレシピ紹介。ビタミン摂取のためには火を通さない方がいいので、生で、乳酸を発酵させて作るのが一番良さそうです。

quote
材料(作りやすい分量)
キャベツ……大1/2個(500~600g)
塩……小さじ2
酢……200ml

①キャベツは細切りにして、袋に入れ、塩を加えて袋の上からしんなりするまで軽くもみ込む。時短にする場合は、袋に入れて電子レンジで1分30秒~2分加熱してからもむとしんなりしやすい。②袋を開けて酢を注ぎ入れ、漬け込んだら、煮沸した保存容器に移す。酢を加えるときに、好みで粒マスタードやはちみつを、それぞれ大さじ1程度入れると、深みのあるまろやかな味わいになる。
キャベツが漬かって、白くなったら食べごろ。一晩ほど置いて味をなじませるとおいしい。冷蔵庫で約2週間保存がきく。

それでも作るのが面倒な人は買えます!

ドイツのソーセージの付け合わせによく出てくるザワークラウト、食べたことがある人も多いのでは。あのザワークラウトは、実は乳酸キャベツなのです。キャベツをお酢で発酵させています。他にもシュークルートなども同じように作られています。
ちょっと試してみたいけど、作るのが面倒な人は買って試してみてはいかが?もっとこんな味だったらいいのに、と試して思ったら、今度はぜひ自分で作って工夫してみてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事