話題の酢キャベツ「乳酸キャベツ」で成功するダイエット!

テレビや雑誌で話題になっている酢キャベツ。体によくダイエットにオススメなどよく聞きますが、どんなものかご存知ですか?知れば試してみたくなるかも!年末に向けてダイエットがきになるあなた、ぜひ読んでみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月17日更新

話題になっている酢キャベツ。どんな風に日常の食事に取り入れて、どんな風に作ればいいのでしょうか。まずはキャベツとお酢の成分からみてみましょう!

キャベツの成分

quote
肝機能を高め、コレステロールの害を防ぐ

キャベツに含まれるビタミンUには、肝臓の働きを高める作用があります。
肝臓は、血液中の老廃物をとり除く解毒作用を持ちます。このほか、体内の組織を構成するタンパク質や、細胞膜、ホルモンのもとになるコレステロールを合成する重要な役割を果たしています。
ビタミンUは、タンパク質や脂肪の代謝を助ける作用を持ち、肝臓に入るとタンパク質の合成を補い、肝臓内の余分な脂肪を代謝し、肝機能を高めます。
肝機能が高まれば、アルコールなどの害が解毒され、コレステロールの異常分泌を防ぐことができます。
さらに、キャベツに含まれるグルコシノレートという物質にも肝臓の解毒作用を高める効果があります。グルコシノレートは、肝臓内にある有害物質を分解する酵素の働きを高め、肝機能をアップさせます。また、血液の汚れを洗い流し、サラサラにする効果もあります。
quote
キャベツには、別名「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUが含まれています。また、ビタミンCも含まれており、100gを食べると成人の一日推定平均必要量の約47%を摂取することができます。ビタミンUやビタミンCは熱に弱いので、サラダや生食が適しています。

お酢の成分

quote
お酢の主成分は「酢酸(さくさん)」です。
一般にお酢と呼ばれているものは、糖質を含む食材を原料として、それをアルコール発酵させた後、酢酸発酵させた液体調味料を指します。主成分は酢酸(さくさん)です。
お酢の種類は原料別にたくさんあり、穀物酢、米酢、米黒酢、りんご酢など、その数は数百種に及ぶと言われ、それぞれに味や香りも異なります。たとえば、すっ きりとした酸味が特徴の穀物酢、まろやかな酸味の米酢、フルーティな酸味のりんご酢、コクのある酸味の黒酢など、原料や製造方法の違いが各お酢の味や香り といった特徴となって現れます。
お酢の主原料は、穀類(米や麦など)、果実(リンゴやブドウ)などさまざまですが、造り方の基本となるのは「酒を造る工程の後に、酢酸発酵を加えること」と言えるでしょう。
quote
お酢には、クエン酸をはじめ、たんぱく質に含まれるアミノ酸など60種類以上の有機酸が含まれています。その中でもアミノ酸には脂肪分解を助ける働きがあり、ダイエットに効果的だといわれているんですね。また、お酢にはコレステロールの合成を抑える働きがあり、血液をサラサラにする働きがあります。冷え改善やむくみ解消など、体に良い影響をもたらしてくれるんですよ♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事