748 VIEW

大掃除も楽々♡重曹とクエン酸で家中をピカピカにしよう

人にも環境にも優しく手に入りやすく、家中の掃除に使えることから自然派の方やペットや赤ちゃんをお持ちの方から支持されている重曹とクエン酸。でも、それぞれの特徴をよく理解して使用しないと効果半減。それぞれのパワーを余すところなく発揮する活用法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月13日更新

目次
  1. 重曹とは?
  2. クエン酸とは?
  3. 粉・スプレー・ペースト 掃除する場所によって使い分け
  4. 重曹とクエン酸を使ったお掃除術
  5. 重曹とクエン酸で家中ラクラクピカピカ

重曹とは?

重曹は化学名で「炭酸水素ナトリウム」といい、日本では古くから「ふくらし粉」や「タンサン」といった名称で料理や胃薬として利用されてきました。

薬局やドラッグストア、100均で手軽に手に入ります。
純度が高く決めの細かいものから順に、「薬用」「食用」「工業用」の3種類に別れており、掃除に使うなら工業用が最適です。

重曹は酸性の汚れに強い

弱アルカリ性である重曹は、酸性の汚れを中和して落としやすくする効果があり、研磨作用や酸性の臭いに対する消臭作用も持っています。

そのため、以下のような汚れや臭いに強い効果を発揮します。

・油汚れや皮脂汚れ
・ティーカップなどの茶渋
・鍋やフライパンの焦げ付き
・肉や魚の生臭さや生ゴミ臭
・汗の臭い

重曹が使えない素材

中には重曹の弱アルカリ性や研磨作用が合わず、痛んでしまう素材もあります。
傷がついたり、変色や腐食の原因となりますので、以下のような素材でできたものには重曹を使用しないようにしましょう。

・アルミ製品
・木製や竹製の製品
・漆製品
・テレビやパソコンの画面
・い草やジュードなど天然素材製の製品

クエン酸とは?

レモンなどの柑橘類の酸味のもとであり、梅干しや酢にも多く含まれており、食品添加物やサプリメントの原料としても使用されています。

重曹と同じく、薬局やドラッグストア、100均で購入可能です。

クエン酸はアルカリ性の汚れに強い

クエン酸はその名の通り酸性で、アルカリ性の汚れを中和して落としやすくしたり、カルシウムを溶かす性質や、抗菌作用があります。

そのため、以下のようなアルカリ性の汚れや臭いに高い効果を発揮します。

・白くなった水垢
・排泄物の臭い

クエン酸が使えない素材

主成分が炭酸カルシウムである大理石は、クエン酸で溶けてしまいます。

粉・スプレー・ペースト 掃除する場所によって使い分け

掃除したい場所や素材によって、重曹は粉・スプレー・ペーストの3種、クエン酸は粉かスプレーの2種類を使い分けます。

粉の場合はそのまま振りかけ、スプレーやペーストは水を混ぜて作ります。

重曹スプレー・クエン酸スプレーの作り方

スプレーボトルに以下の材料を入れて、よく振り混ぜて完全に溶かします。
溶かしやすいようにぬるま湯を使用しても構いません。

・重曹またはクエン酸 小さじ1
・水 200ml

どちらも冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。
用途によっては、お好みのアロマオイルを数滴垂らして香り付けするのも良いですね

重曹ペーストの作り方

重曹2に対して水1を混ぜ合わせます。
お好みにより、水を増減して固さを変えてください。

さらに強力な重曹クレンザーの作り方

より強力な汚れには、重曹・クエン酸・石けんを組み合わせた重曹クレンザーを使用します。

材料:
・重曹 200ml
・液体石けん 50ml
・クエン酸 大さじ1

作り方:
1.重曹に液体石けんを少しずつ加えながら混ぜる
2.クエン酸を入れて、クリーム状になるまで混ぜる

もしその日のうちに使い切れない場合は、重曹と液体石けんだけを混ぜておき、クエン酸は使用するときに様子を見ながら少しずつ足すようにすると良いでしょう。

重曹とクエン酸を使ったお掃除術

それでは、重曹をクエン酸を使った簡単お掃除術をご紹介します。

コンロ周りには重曹

五徳や受け皿、魚焼きグリルなど外せるパーツは全て外してしまいます。

外したパーツには重曹ペースト(汚れが酷くこびり付いている場合は重曹クレンザー)を塗って10分〜数時間置き、スポンジで優しく擦り洗いします。

天板には重曹の粉を振りかけ、バナーキャップやこびり付きの酷い部分には重曹ペーストを塗ります。
その上に隙間なくキッチンペーパーを敷いて、クエン酸スプレーをまんべんなく吹きかけます。
10〜30分置いたら、キッチンペーパーを取って、布巾やスポンジで拭き取りましょう。

キッチンペーパーはなくても構いませんが、あった方がスプレーしたときに重曹が流れてしまうのを防げ、キッチンペーパーにある程度汚れが移るため、拭き取りが楽になります。

換気扇には重曹クレンザー

油汚れでベタベタの換気扇には重曹クレンザーがおすすめです。

羽根やフィルター、シロッコファンに重曹クレンザーを塗り、1〜2時間置いてからスポンジや歯ブラシで優しく擦ります。

ただし、フィルターは塗装が剥がれたり、剥がれた塗装から中のアルミを腐食させるなどの恐れもありますので、目立たないところで試してから実践するようにしましょう。

シンクは重曹をクエン酸のダブル使い

シンクには、食品の汚れや油汚れ、水垢などの様々な汚れが溜まっているため、重曹かクエン酸のどちらか一つだけで綺麗にすることは難しいです。

そこで、重曹とクエン酸の両方を使って、その様々な汚れに対応しましょう。

シンクの内側は、重曹を振りかけて水に濡らしたスポンジで磨き、よく洗い流したらクエン酸スプレーをまんべんなく吹きかけて、もう一度洗い流します。

三角コーナーなども同じように洗いましょう。

蛇口や鏡の水垢はクエン酸パック

蛇口周りや、洗面台やお風呂場の鏡に白くこびり付いた水垢の正体は、水道水に含まれるミネラルが固まったものです。クエン酸には、そのミネラルを溶かす力があります。

水垢の気になる部分にクエン酸スプレーをたっぷり吹き付け、キッチンペーパーでパックします。
そのまま30分〜1時間置いたらキッチンペーパーを外し、歯ブラシやスポンジで浮き上がった汚れを優しく擦り落としましょう。

お風呂や洗面台のシャワーヘッドの場合、洗面器などにクエン酸スプレーと同じ割合で作ったクエン酸水を溜めて一晩漬け込んでおくと、水垢のこびり付きが緩んで歯ブラシなどで楽に取れるようになりますよ。

排水口は重曹+クエン酸の発泡パワーが有効

ドロドロした排水口。触りたいものではありませんし、そもそも奥まで手が届かない場合もあります。重曹とクエン酸を使えば、排水口内の汚れも臭いも解消できますよ。

排水口に重曹200cc、クエン酸100ccを振り入れ、熱いお湯を流し入れます。

するとすぐにシュワシュワと発泡してくるので、落ち着くまで置いておきましょう。

発泡が落ち着いたら、お湯を流してすすぎ、取り切れていない部分は歯ブラシなどで擦り落とします。

この方法は、お風呂場の排水口にも有効です。

お風呂場の複合汚れも重曹+クエン酸

浴槽の壁や床には重曹クレンザーを塗って1時間ほど置いてからスポンジで擦り洗いをします。天井は、フロアワイパーを利用すると楽です。

また、浴槽には残り湯が温かいうちに100ccほどの重曹を入れて、洗面器や椅子などのバス小物を一晩漬け置きして、スポンジで磨きましょう
浴槽の蓋や椅子の裏など汚れの激しい部分は、壁や床と同様に重曹クレンザーを使うとより綺麗になります。

壁や床も、小物も、ぬるま湯ですすいだあとクエン酸スプレーを吹き付けておけば、カビが生えるのを防止することができます。

トイレ掃除も発泡パワーで

便器の内側には重曹を振りかけブラシで擦って掃除をします。
でも、重曹の研磨作用でもこびり付いた尿石を取ることはできません。

そこで、重曹を振りかけたあと、クエン酸を便器の水が溜まっているところに入れて、その水でブラシを濡らしながら便器を磨くことで、重曹とクエン酸の発泡パワーを発揮させましょう。

特に汚れが酷い部分は、先にクエン酸スプレーを染み込ませたトイレットペーパーで30分ほどパックしておけば、汚れが浮き上がって落ちやすくなります。
トイレの床も飛び散った尿で汚れていますので、掃除機をかけたあとクエン酸スプレーを吹き付けながら雑巾で拭き掃除をして、汚れを中和・消臭・抗菌しておきましょう。

また、トイレタンク内に重曹を1カップ入れて一晩置いておくと、タンク内の汚れも綺麗になって便器内の黒ずみ防止になります。
月に1回程度新しい重層を入れると良いですよ。

フローリングや壁は重曹におまかせ!

室内の床や壁の汚れの主成分は、手垢などの皮脂汚れです。
皮脂汚れを中和・分解する重曹スプレーを噴霧して、雑巾で拭き掃除をしましょう。

床の場合は、フロアワイパーに重曹スプレーで濡らした雑巾を取り付けると楽です。
壁のついでに、皮脂汚れでベッタリな照明スイッチも拭いておきましょう。

重曹は乾くと白く跡が残ってしまうので、水拭き・乾拭きも忘れずに。

絨毯やラグ、ソファも重曹で中和・消臭

絨毯やラグマット、ソファも皮脂汚れが溜まりがち。

全体に重曹を振りかけて手で馴染ませて2〜3時間置き、掃除機でキレイに吸い取りましょう。

皮脂汚れが中和・分解され、消臭されます。

網戸も重曹+クエン酸でスッキリ

雑巾やメラミンスポンジを重曹スプレーで濡らし、網戸の両面を拭きます。
その後、クエン酸スプレーを吹きかけたあと布で拭けば出来上がりです。

重曹とクエン酸で家中ラクラクピカピカ

重曹とクエン酸を使った掃除は、ナチュラルで効果が高いというだけでなく、「浴室用洗剤」「トイレ用洗剤」「フローリング用洗剤」……と、掃除する場所によって洗剤を買いそろえるよりずっと経済的♡

重曹もクエン酸も非常に安価で手軽に手に入るので、大掃除の準備として、その後の毎日のお手入れ用として、ぜひ今から買い置きしておきましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事