重曹さえあれば!年末の大掃除を手軽に済ますコツ

年末の大仕事の一つと言えば、大掃除です。でも、仕事を持っていたり一人暮らしだと大仕事はかなり負担だし、そうでなくてもできるだけ簡単に済ましてしまいたい!そんな方には、家中に使えて安全性の高い重曹を使ったお掃除術がおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.11.12 作成:2016.11.12

目次
  1. 重曹とは?
  2. 重曹を掃除に活用するときの3つの使い方
  3. 重曹が使えないもの
  4. 重曹の活用テクニック
  5. 重曹で大掃除も手軽に済ませちゃおう

重曹とは?

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことです。

日本では昔から「ふくらし粉」として料理に使用されていたほか、胃薬の成分にも含まれるなど、様々なシーンで利用されてきました。

常温での長期保存ができ、弱アルカリ性のため油汚れや皮脂汚れなど酸性の汚れを中和して落としやすくするほか、研磨作用や消臭作用を持っています。

料理に使用されていたことからもわかるように人体にはまったくの無害で環境にも優しく、薬局やドラッグストア、100均で安価で購入できる上、家中の掃除に使えるとあってナチュラル志向の方や敏感肌の方、小さなお子さんをお持ちのご家庭を中心に多くの支持を集めています。

重曹には種類がある

重曹には、「薬用」「食用」「工業用」の3種類があります。

それぞれ成分はまったく同じですが、粒の大きさと純度が異なります。

薬用が最も純度が高くキメも細かいもので、工業用が最も純度が低くキメが粗く、食用はその中間です。

工業用が最も安価であるため、掃除にはピッタリです。

重曹を掃除に活用するときの3つの使い方

重要を掃除に活用する場合、

・粉末のままふりかける
・重曹を水に溶かした重曹スプレーを使う
・重曹に水を足した重曹ペーストを使う

という3つを掃除したい場所やものによって使い分けます。

重曹そのものは常温での長期保存ができますが、水と混ぜることで雑菌が入るので、保存は冷蔵庫で2週間を目安に早めに使い切れる量だけを作るようにしましょう。

重曹スプレーの作り方

重曹小さじ1(約4g)を水200mlに溶かします。

スプレーボトルに重曹を水(またはぬるま湯)を入れて蓋をし、よく振ると楽チンです。
重曹は水に溶けにくく、粉が残っていると目詰まりの原因になりますので、完全に溶かすようにしてください。

重曹ペーストの作り方

重曹を水を2:1で混ぜ合わせます。

さらに強力な重曹クレンザーの作り方

1.重曹200mlに液体石けん50mlを少しずつ入れながらよく混ぜます。
2.1に酢を大さじ1入れて、ホイップクリーム状になるまでよく混ぜます。

重曹は酸(酢)を入れると発泡しますので、ボウルで作ってから容器に移すのが良いでしょう。
重曹ペーストよりもさらに強力な洗浄力を発揮します。

液体石けんがないという場合は、粉石鹸でも代用可能!
その場合は重曹と粉石鹸を混ぜたあと、酢だけでなく水も少しずつ入れてクリーム状になるまで混ぜてください。

保存は、密閉して約1週間が目安です。

重曹が使えないもの

家中の掃除に使える重曹ですが、残念ながら相性の悪いものもあります。

・アルミ……黒ずみや腐食が引き起こされます

・木製や竹製の家具、床……重曹の研磨作用で傷がついてしまいます。特に塗料の塗られていない白木の家具は黒ずんでしまうこともあります。

・漆、テレビやパソコンの画面……重曹の研磨作用で傷がついてしまいます。

・い草やジュードなど天然素材でできたラグや畳……変色してしまいます

重曹の活用テクニック

それでは、重曹スプレーや重曹ペーストの作り方、重曹を使ってはいけない素材がわかったところで、重曹を使った掃除テクニックをご紹介しましょう。

キッチン周り

シンク

食器や調理器具の油や汚れで一杯のシンクは、汚れの度合いによって

重曹を振りかける<重曹ペースト<重曹クレンザー

と使い分けましょう。

シンクの壁に重曹を振りかけるのは難しいので、おすすめなのは重曹ペーストや重曹クレンザーです。黒ずみもスッキリ落ちますよ。

スポンジやアクリルたわしで優しく擦り洗いしたあと水で流し、乾拭きすれば完了です。粉のままの重曹を使用する場合は、スポンジに水を含ませておいて水分を足しながら擦ります。

三角コーナーも同じ方法で掃除することができます。

排水口

排水口や排水カゴには重曹1カップを振りかけ、お酢1/2カップを重曹にかけていきます。
重曹とお酢の酸が反応して泡立ってくるので、そのまま30分〜1時間置いたあと、熱湯を流し込んですすげば完了です。

重曹には脱臭作用もあるので、排水口内の嫌な臭いもスッキリ取ることができますよ。

置いておく間にほかの場所やシンクの中を掃除すれば効率が良いですね。

ガスコンロの天板

油汚れでギトギトのコンロ……。でも、油を中和してくれる重曹を使えば簡単にピカピカにすることができるんです。

五徳など取り外せるパーツは全て外して、コンロの天板に重曹を振りかけてから水を含んだスポンジで優しく擦るか、重曹ペーストを使ってやはり優しく擦り洗いしましょう。
その後、水拭きと乾拭きで完了です。

汚れが酷い場合は、重曹ペーストを塗って30分〜1時間置いておくと、汚れが浮いてきて落ちやすくなりますよ。

バーナーキャップ

汚れや焦げ付きで一杯のバーナーキャップは、重曹クレンザーを使いましょう。

バーナーキャップに重曹クレンザーを塗り、乾かないようにラップや軽く濡らしたキッチンペーパーで覆って、汚れの強さに応じて5分〜一晩置いておきます。

ラップやキッチンペーパーを取って割り箸で汚れをこそげ取り、スポンジや布巾で擦ったあと、水拭き・乾拭きで仕上げます。

一度では落としきれない頑固な汚れも、これを何度か繰り返せば少しずつ綺麗になりますよ。

五徳・受け皿

五徳や受け皿も、重曹クレンザーでバーナーキャップと同じようにお掃除します。
置いておく場所が必要なのでシンクの中などを使用して、置き時間も短めにしてみましょう。
シンクを掃除するついでにやってしまうと良いですね。
頑固な焦げ付き汚れの場合、五徳や受け皿の入るお鍋に水と水200mlあたり大さじ2杯程度の重曹を入れて沸騰させ、五徳などを入れてさらに10〜15分グツグツ煮込みます。
火を止めて、そのまま冷めるまで置いてからスポンジなどで普通に洗ってください。

ただし、使用するお鍋はステンレスなど重曹を使用しても問題ない素材のものを使いましょう。アルミ鍋は厳禁です。

また、お湯を沸かしてから重曹を入れると吹きこぼれてしまいますので、必ず重曹は水から入れましょう!

魚焼きグリル

網・受け皿・窓・グリル内などに、重曹ペーストを塗って30分〜1時間置いてスポンジで擦り、水洗い・乾拭きを行います。
重曹が残っていると白く跡が残ってしまいますので、水洗いできないグリル内もキレイに拭き取ってください。
重曹を使えば、グリルの日常のお手入れも楽になりますよ。

グリルの受け皿に重曹を敷き詰めて魚を焼くと、落ちた油を重曹が受け止めてくれますし、魚のニオイも軽減してくれます。

魚を焼いたあとは、油のついた部分の重曹を捨てて、その分継ぎ足しておくだけでOK!

ガステーブル

せっかくの大掃除!ここも綺麗にしてしまいましょう。

キッチンペーパーを敷き詰めた上から重曹スプレーをまんべんなくかけ、15分ほど置いてキッチンペーパーを取り去ります。これだけで軽い汚れは綺麗に取れます。

まだ残っている頑固なこびり付き汚れは、重曹ペーストとスポンジで優しく擦りましょう。

台所の壁

飛び散った油で汚れがちな壁は、重曹スプレーを掛けて数分置き、濡れ雑巾で拭き取ります。

頑固な汚れは重曹スプレーをたっぷり掛けた上からキッチンペーパーやラップでパックをして10分ほど置いてから同じように拭き取るか、置いておく時間がなければ重曹ペーストを使いましょう。

冷蔵庫

ポケットなど取り外せるものは取り外して、重曹スプレーをかけてスポンジで洗います。
庫内も重曹スプレーとスポンジで磨きます。
重曹が残らないように、水拭き・乾拭きするのも忘れずに。

電子レンジ

重曹スプレーに使っている重曹水を1カップほど耐熱容器に入れ、電子レンジで5分加熱します。
そのまま蓋を開けずに10分ほど蒸したら布巾で拭きましょう。

換気扇

換気扇や換気扇のフィルターには、重曹ペーストを塗り込んで30分〜1時間放置して、スポンジで磨きます。

ただし、特に換気扇フィルターはアルミがむき出しになっているものもありますし、重曹の研磨作用で塗装が剥がれてしまう恐れもありますので、まず目立たない部分で試してから実践するようにしましょう。

シロッコファン

シロッコファンがついているタイプの換気扇は、シロッコファンに重曹クレンザーをたっぷり塗って、1〜2時間置き、スポンジやブラシできれいに磨きましょう。

リビングや寝室などのお部屋

皮脂汚れである手垢にも重曹が効果的。

お家の壁には重曹スプレーを吹き付けた雑巾や布巾で拭き掃除しましょう。

照明スイッチ

照明スイッチは壁以上に手垢でベッタリ。
同じように雑巾などに重曹スプレーを吹きかけて、綺麗に拭き取りましょう。

照明器具の傘

ガラス製やプラスチック製など、重曹を使用できる素材でできているのであれば、重曹スプレーを吹き付けた雑巾などでの拭き掃除が可能です。

台所やダイニングの照明など、油汚れが気になる部分におすすめです。

フローリング

バケツに重曹スプレーと同じくらいの濃度の重曹水を作り、その重曹水で雑巾掛けをします。

重曹水を含ませた雑巾をフロアワイパーに取り付けると楽チン♡

カーペット

クリーニングに出せば手っ取り早いのですが、お金お掛かるので自分で簡単に綺麗にできるならやってしまいたいですよね。ここも重曹の皮脂汚れを中和する力と消臭作用を活用しましょう。

絨毯やラグ、カーペットに重曹を撒いててで馴染ませ、1時間ほど置いてから掃除機でキレイに吸い取ります。

ただし、濃い色柄ものの場合は色落ちしてしまうことがありますので、目立たない部分で先に試しておくようにしましょう。

ソファ

布張りのソファも、カーペットと同様に重層を振りかけて掃除します。

お風呂

お風呂掃除は、入浴後のまだ浴室内が温かいうちにやってしまいましょう。

温度と蒸気が、汚れを浮き上がりやすくしてくれますよ。

バスタブ

バスタブの汚れは、主に皮脂や垢なので重曹が効果あり!

お風呂の残り湯に重曹を100mlほど入れて一晩置き、翌日スポンジで優しく擦り洗いをしましょう。

バスタブの蓋・洗面器・椅子などのバス小物

バスタブ掃除のために残り湯に重曹を溶かしたら、蓋や椅子、洗面器などの小物も一緒に漬け込めば一石二鳥。

翌朝スポンジで擦り洗いをしましょう。
それだけでは取れない頑固な汚れには重曹を振りかけ、スポンジやアクリルたわしで汚れを擦り落とします。

浴室の壁・床・天井

壁や床には重曹スプレーを吹きかけ、目地や扉の下など頑固なカビが生えている部分には重曹ペーストを塗ってキッチンペーパーで覆い、さらに重曹スプレーを吹きかけておきます。

1〜2時間置いてからスポンジで擦り洗いしましょう。
天井は重曹スプレーを吹き付けた布巾などをフロアワイパーに取り付けると、楽に掃除をすることができます。

玄関

土間

土間全体に重曹をふりかけ、デッキブラシで水洗いするかホウキで掃き取りましょう。
掃除機で吸い取っても構いません。

下駄箱

天然木など水を吸い込んでしまう素材の場合は軽く湿らせた重曹を撒いて掃除機で吸い、水を吸い込まない素材なら重曹スプレーを吹きかけてから雑巾で拭き取ります。
掃除が終わったら、小さな器や口の広い瓶に重曹を入れて下駄箱に置いておくだけで消臭剤になります。お好みのアロマオイルを数的重曹に垂らすのも良いですね。

ティーパックなどに重曹を入れたものを靴の中に入れておくと、靴の消臭にもなります。

トイレ

トイレには日常的なケアとして重曹を使うのがおすすめ。

夜寝る前にタンクの中に1カップ程度の重曹を入れてから就寝し、翌朝水を流します。

これだけでタンクの中やパイプの隙間などの黒カビが取れて、便器内にも汚れが付きにくくなるんです。

月に1回程度、重曹を入れ直してください。
重たくてタンクを開けられないという方は、ここから少しずつ流し込んでも良いですよ。

重曹で大掃除も手軽に済ませちゃおう

特に油脂汚れに威力を発揮し、人体にも環境にも影響がなく、粉・スプレー・ペーストと色々な形状で家中の様々な場所のお掃除に使える重曹。

薬局やドラッグストア、インターネットショップのほか、100均でも手軽に手に入るので、ぜひ活用してみてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事