1386 VIEW

大掃除は便利アイテムで賢く簡単に!本当に使える掃除道具14選

重い腰をえいやっと上げて、そろそろ大掃除をスタートさせてみませんか?
億劫な大掃除も、使える便利アイテムがあれば掃除が楽しくなり、どんどん捗ること間違いなしです。みんなが役立つと太鼓判を押し、見ると自分も試してみたくなっちゃう、そんなオススメ掃除道具を集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月11日更新

目次
  1. 大掃除は一大イベント!
  2. リビング掃除に便利なアイテム
  3. キッチン掃除はこれで乗り切れ!
  4. お風呂掃除にはコレ!
  5. 窓掃除をこれで楽しく
  6. 結局何より使えるのはコレという方も

大掃除は一大イベント!

そろそろ始める?大掃除

年末が近づいてくると、そろそろ気になってくるのが大掃除。この時期に付き物の一大イベントですよね!
今年こそ早めに少しずつ始めてみて、クリスマスに大晦日はすっきりしたお部屋で迎えてみませんか。

大掃除は便利グッズでストレスなく!

大掃除は、ピンポイントに役に立つ便利アイテムを使うことで、ストレスをなるべく軽減することも可能です。イヤになりそうな大仕事こそ、負担を軽くする知恵と道具を使って、楽しく賢く進めていきましょう♪

まずはやることリストアップ!

大掃除はやみくもに始めるよりも、まずは場所別に「やること」「やらなきゃいけないこと」を書き出してリストアップすると効率的に仕事を進められます。
とにかく大変そうなイメージのある大掃除ですが、こうして作業を「見える化」することで、具体的な対策も立てやすく、ひとつひとつ消していくことで達成感も得られて捗るようになるんですね。

リスト管理も便利アイテムが使えます

リストは、手帳にtodoリストを作ってもいいし、付箋などに一件ずつ書きこんでできたら剥がしていく方式でも。スマホのほうが管理しやすいという方は、そちらでもいいですね。スケジュールを把握する上でも、このような便利アイテムを活用すると作業が楽しくなりますよ。

リビング掃除に便利なアイテム

ぞうきんワイパー

広い床面を雑巾がけするのって、結構力もいるし、腰をかがめた同じ姿勢が続くのは身体への負担も大きいです。
そんな時に役立つのがこちらの「ぞうきんワイパー」。
フローリング掃除用に、クイックルワイパーなどを使っている方も多いかと思いますが、使い捨てワイパーシートではなく、こちらはぞうきんを使えるので、コストも抑えられるのが魅力です。

quote
手で拭くより力入れて拭ける(気がする)のがお気に入り
しっかりしたバネの力でぞうきんを挟めるので、効率的に力をかけられます。タオルを重ねて挟めるというのも嬉しいですね。

ぞうきんワイパーで拭いた床

こちらはぬるま湯に炭酸塩を少量溶かしたもので拭き掃除された床です。使った道具はぞうきんワイパー。隅っこなどのワイパーでは苦手な場所だけは手を使って。
これだけすっきりすると、気分まで晴れて爽快になりますよね!

天井掃除にも使えます

こちら、一般的なペーパーシート式のワイパーですが、このように天井や床を広く拭いてホコリ取りをするのにも向いています。
埃を取る時には、水拭きではなく乾拭きで行いましょう。
高いところの掃除は特にストレスが大きくなりがちですが、ワイパーを活用することでなるべく手早く確実にほこりを取り去ります。

マイクロファイバー雑巾

極細繊維で汚れをしっかり絡め取るマイクロファイバー素材の雑巾タオルも、大掃除の必須アイテムです。
こちらは100均ダイソーのものですが、薄手なので普通のフローリングワイパーに取り付けて使うことも可能で、床拭きの他、家具や小物を拭いたり、あちこちで役立ちます。

MQ Duotex ダブルクロス

表裏でニット(編み地)、テックス(織り地)と特徴と得意分野の異なる特性を持ったお掃除クロスです。スウェーデンでプロの清掃用に開発されたもので、その実力は折り紙付き。
洗剤を使わなくても水だけですっきりあらゆる汚れに対応できるので、小さなお子さんがいるご家庭や、手肌の負けやすい方、ナチュラルクリーニングにこだわりたい方などには特にオススメです。
機能面だけでなく、見た目もお洒落なので、お掃除したい気持ちも自然に高まりますよ♪

お掃除用のスプレーにはアロマをプラス

お掃除用に無水エタノールや重曹水などの無香のスプレーを使われる場合、エッセンシャルオイルを数滴プラスして、お掃除へのやる気を高めるのもオススメです。
ペパーミントやティーツリー、ユーカリなどは精油の効能として除菌力など掃除の場面で期待できるのもいいですよね。
アロマなお掃除で、おっくうになりがちな大掃除が楽しくなりますよ♪

キッチン掃除はこれで乗り切れ!

オキシクリーン

SNSなどを通じて人気が高い「オキシクリーン」!
何の洗剤なのかと言うと、「漂白剤」です。
キッチン用品の気になる汚れが浸け置きすることですっきりすると評判です。
キッチンの他にも、バスルームや玄関など、普段の掃除で手が回らないところに溜まった汚れを落としてくれる、頼れる洗剤です。

換気扇のファンもピカピカに!

大変だと思われがちな大掃除の中でも、特にウンザリ度が高めだと思われる掃除は、やっぱり「キッチンの換気扇掃除」なのではないでしょうか。
それも、オキシクリーンに浸け置いて、後はこすらず洗い流すだけでもこんなにピカピカに・・・!
外す手間とその時のベトつきと戦う覚悟さえできれば、後はオキシクリーンが何とかしてくれる。そう思えるだけで重たい腰が上がりそうですね。

アビリティークリーン

ギトギトした油汚れもこれ1本で簡単にすっきり落ちる!
こびりついたキッチンの油汚れを目の前にすると、それだけで掃除意欲がダウンしがちですが、こんな確実に油汚れに効くと評判の洗剤があると、汚れ落とし自体が楽しめそうです。
キッチンだけでなく、浴室などあらゆる場所の掃除に使える万能クリーナーです。

パストリーゼ

InstagramなどのSNSで話題のアイテムがこちら、「ドーバーパストリーゼ77」です。
除菌・消臭に大活躍すると評判で、家庭の必需品となりつつあります。
77%アルコール分という強力な除菌力でありながら、サトウキビ由来の上質な醸造用アルコールと純粋を使用しているので、そのまま口に入っても安全です。酒造会社が造っているという信頼感の高さが魅力ですね。お弁当などに直接噴射して食中毒対策にするなんて使い方もとても便利です。
おうち中どこにでも使えますが、特に口に入るものの多いキッチン用品や冷蔵庫の掃除などでは手離せないアイテムとなりそうです。
普通の拭き掃除後の仕上げ拭きとして使う方も多いですよ。

お風呂掃除にはコレ!

ピカッと輝くシート

お風呂掃除の時になかなか気になるのが、蛇口などについた頑固なウロコ汚れ。
長年溜め込んだ水垢汚れって、いざ落とそうとしてもビクともしなくてクタクタになる割にあまり落ちてないってことありませんか?
そんな手強い汚れに効くと評判なのが、こちら、「マジックリンピカッと輝くシート」。
諦めていた汚れがすっきり綺麗に落ちるのが嬉しいですよ♪

頑固なカビにはカビキラーパック

普通にカビキラーを吹き付けただけでは落ちないカビ汚れには、カビキラーを吹き付けたキッチンペーパーを貼り付け、その上からラップしたカビキラーパックがオススメです。
カビキラーはちょっと・・・という方は、酸素系漂白剤を水で薄めたものでやってみてもいいですよ。(もちろん同時使いはNGです)
ゴムパッキンのあの黒ずみ、キレイにしたいですよね。

防カビ燻煙剤

お風呂の大掃除が終わったら、次の汚れがなるべく付きにくくするための対策もしておくといいですよ。
防カビ燻煙剤をしておくと、カビが生えにくくなったと効果を実感される方もいらっしゃるようです。定期的に燻煙すると効果が高いそうなので、これをやるためにお風呂をキレイに掃除しようというサイクルもできやすくなり、綺麗を持続させるのにも役立ちますよ。

カビ対策にはパストリーゼも◎

カビが生えてきにくい環境を作るためには普段の心がけが大切です。
お風呂のカビは天井から、と言われますので、天井に吹き付けておくのを習慣づけておくと、浴室全体が清潔に保たれやすいです。
ちなみに天井についてしまった黒カビ汚れは、フローリングワイパーで掃除するといいですよ。シートにカビキラーを付けて拭くとカビが一掃されます。(カビキラーで天井掃除は、くれぐれも液が垂れてきたり目に入ったりしないよう、万全の態勢で行ってください。)

窓掃除をこれで楽しく

スクイジー

窓拭きの必須アイテムとも言える「スクイジー」!「スキージー」とも呼ばれます。
浴室の水気取りや、結露の拭き取りなどにもよく使われるこちらのアイテムですが、窓拭きには絶対的な力を発揮します。
もしまだ導入していない方がいらっしゃったら、ぜひ一度使ってほしいアイテムのひとつです。100均にも取り扱いがあります。

シンプル掃除で窓すっきり

スクイジーを使った窓拭きのやり方はとにかく簡単!
水分をたっぷり含ませたタオルなどで予め拭いて汚れを緩ませておいて、その後、上から下へとスクイジーを動かして水気を切る。そんな簡単なやり方でもOK!
下に溜まった汚れた水分は、乾いた雑巾で拭き取ります。

炭酸水+スクイジー

水だけだとやっぱり汚れ残りが気になる、という場合は、「炭酸水スプレー」もオススメ。炭酸水をスプレーしてからスクイジーをかけます。洗剤とは違うので二度拭きがいらないのが嬉しいですね。

網戸外さず洗える!お掃除ローラー

窓よりもむしろウンザリしてしまう方が多そうなのが、網戸掃除ですよね。細かい網目に汚れが絡まって、なかなかすっきりキレイにできません。
そんな網戸掃除を手軽に簡単に!という願いに応えたアイテムが、各社から出ていますが、こちら「網戸外さず洗える!お掃除ローラー」は、現在Amazonの窓・網戸ブラシカテゴリでベストセラー1位になっている商品です。
網戸面をコロコロさせるだけで繊維が汚れを絡め取っていってくれる優れものとして評価も高いようです。

メラミンスポンジ

網戸掃除に使えると評判のものに「メラミンスポンジ」もあります。
あらゆる場所の掃除に活躍するメラミンスポンジですが、網戸の掃除に使う場合には大きめサイズのものを使うほうが使いやすいです。
たっぷりの水を含ませてから硬く絞り、なるべく力を入れずに上から下へと片面ずつ拭いてみてくださいね。順番は、部屋の内側のほうから行います。
油汚れなどがひどい場合には、200ccのぬるま湯に小さじ1の重曹を溶かした重曹水スプレーを吹き付けてからこするとキレイになりますよ。

結局何より使えるのはコレという方も

雑巾さえあれば全ての汚れに対応できる

便利グッズが巷に溢れすぎていて、結局うちの汚れにはどれを使えばいいの!と思われる方もいらっしゃいますよね。
そんな時には基本の「ぞうきん」に立ち返って。
実はおうちの汚れはたいていはこの「ぞうきん」1枚さえあればかなり綺麗に落ちるんです。時間を15分と区切って、固く絞った雑巾で気になるところを闇雲に拭いてみるだけでも、驚くほどすっきりするんですよ。頭の中もその結果少しすっきりすることと思われます。
一旦そうして頭をすっきりさせた後で、便利グッズを検討するなり、戦略を見直すと、そこからの大掃除が捗りますよ♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事