子供と一緒に作れる♡おしゃれなクリスマスオーナメント

難しいことはしないけれど、素敵で可愛い手作りオーナメントを集めました!小さい子供でもできるようなものばかり!いつもならついつい「ダメ!」と言ってしまいたくなるけれど、子供の発想に任せて素敵なクリスマスオーナメントを一緒に作りませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.11.10 作成:2016.11.10

粘土で作るオーナメント

型を抜いた後にさらにひと工夫

100均には様々な素材の粘土が並んでいますよね。それを使わない手はありませんよ♪粘土なら幼稚園や保育園で慣れ親しんでいる素材。今の時期だからこそ手に入りやすいクリスマスモチーフのクッキー型を使って一緒に型抜き。終わったらペーパークリップを上に刺して乾かしましょう。ちょっと指の跡がついても、それも思い出の一つですよ。数年御みると、「あの子もこんなに小さな指だったんだ。」そんな素敵な思い出に変わります。出来上がってから文字をスタンプしたり、ペイントしたり。楽しみが多くて簡単なのが嬉しいですね。

粘土を型で抜いたら、持っているハンコを押してみたり、柊や、もみの木を押し付けてみると思わぬ素敵な柄が出来上がります。白いままならかなり大人っぽいおしゃれなオーナメントの出来上がり。乾いた後に通すリボンを麻紐にするとナチュラルな大人っぽさ、赤や緑のサテンにすると華やかになります。

粘土だったら子供だってキャンドルホルダーも作れちゃいます

隙間から漏れる暖かなキャンドルの光。一緒に作ったキャンドルホルダーだったらきっと大事にしてくれるはず。円錐形の型を作り、それに合わせて粘土を伸ばします。光が漏れるように好きな型の穴を開けて乾かせば、ティーライトキャンドルホルダーの出来上がり。カバーが付いていれば、直接火に触ることもないですし、自分が作ったものならきっといたずらせずに大切に飾ってくれるはず。

ボールガーランド

LEDライトはあるけれど、そのまま飾りたくない、と思っているならば、こんなボールのガーランドを手作りしてはいかが?

麻紐を充分な量のノリに浸します。

好きな大きさの風船に巻きつけて、乾かせば出来上がり。乾いたら風船を針で割って、ライトに絡ませてくださいね。大きさを揃えても、違えても、個性的なライトになりますね。

同じ作り方のストリングボールでスノーマン作り!

風船にノリに浸した紐を巻いていくのは同じですが、大小2個作ってスノーマン作りはいかが?きっとこんな帽子をかぶせたい、マフラーはこの色!顔は自分で作りたい!と子供の創作意欲を刺激しますよ。

白い手袋でスノーマンオーナメント

白手袋の指一つ一つに綿を詰めて、顔になるように糸でくくれば5対のスノーマンのボディが出来上がり!あとはビーズやリボン、布を好きなようにデコレーション。家族やお友達を思って作るとより楽しい作品ができそうですよね。スノーマンができアガたら、ホワイトにペイントした素焼きの鉢や、花瓶、四角いギフトボックスに詰めても可愛いですよね!

器にペイントできるペンでお絵描き

無印良品などで販売されている陶器に描けるマーカー。お題をクリスマスにして思い思いのイラストを描くのも楽しいひと時。ディスプレイしておいても、お花を活けても、プレゼントにしても楽しいですね。パーティの招待者みんなでワイワイとカップをデコレーションして帰りにお土産にして持ち帰るのもアイデアですよ〜。オリジナルカップなら、パーティの間もグラスマーカーいらずです。

みかんの中身を食べたら、皮をアレンジ!

欧米のクリスマスリースはキッチンにあるスパイスなどがよく使われているので、オレンジの皮をデコレーションに使うことはきっとさほど驚くことではないはず。でも、こんな風にかわいく型抜きして乾かしたら、一工夫あって華やかになりますよね。きっと子供達も喜んでみかんを食べて手伝ってくれますよ♪

どんぐりはグルーガンで小さなリースに

この時期公園に行くたびに拾ってくるどんぐり。たくさんたまってどうしよう、と思っているママも多いのでは。一つ一つかざるのもいいですが、こんな風にグルーガンでリースにするのはいかがでしょう。一気に大量消費しつつ、ナチュラルな可愛いリースの出来上がりです。ギフトのポイントのオーナメントとして添えるのもちょっとおしゃれな感じがしますね!

針も使わず、編まずにニット帽のオーナメント

トイレットペーパーの芯を利用してこんなに可愛いニット帽オーナメントができちゃいますよ♪ニットキャップは小さいサイズでも可愛いですよね。こんな風に、トイレットペーパーの芯に結びつけてひっくり返してさらに束ねれば、可愛い帽子の出来上がり!!いろんな色でたくさん作れそうです。

三角の紙でツリー型オーナメント

余った毛糸や、紐って、結構ありますよね。可愛いものは思い入れがあって捨てられずに取っておいているのでは?いつか使うはず、はこのオーナメントで使いましょう!二等辺三角形の台紙を作り、糸をぐるぐると巻いていきます。色を混ぜたり、一色で作ったり、ぐちゃぐちゃに巻いてみたり、綺麗に巻いたり。さらにスパンコールや、ビーズを飾れば、あっという間にツリーの完成。これなら小さい子供でも楽しく意図をぐるぐるできますね!

一緒に公園へ出かけよう!

子供と一緒に公園へ出かけて、木の枝、実、蔦などを拾ってきてディスプレイ。麻紐やクリスマスカラーのリボンと組み合わせればあっという間にデコレーションに早変わり。拾ったものだって素敵に変身しちゃいます!きっと自分が拾ったものなら、楽しくデコレーションできますよ。

星型に切っただけのガーランド

英字新聞や雑誌などを星型に切って貼り合わせて立体的にしたガーランド。子供と作るのであれば、折り紙や、子供の描きかけのイラストの紙、包装紙、塗りかけの塗り絵や、破けた作品。全部星型に切ってガーランドにしちゃいましょう!カラフルで楽しいオリジナル作品ガーランドの出来上がりです!作る前に子供に使っていいか確認するのを忘れずに。

ビーズを針金に通しただけでも素敵なツリーオーナメント

子供が通すビーズは目の前にあるものから通していくので配色が大人では考えられないものになったりしますよね。それをあえて楽しめるのがこの針金とビーズのガーランド。針金にビーズを通して、らせん状にねじるだけ。好きなように様々なビーズを無秩序で通していく子供達の真剣な眼差しの先には素敵な作品が待っています!

松ぼっくりをペイントしてツリーに。

松ぼっくりを絵の具で好きな色にペイントし、オーナメントをつければツリーの完成。器や素焼きのプラントポットなどに入れてあげれば、立派なオーナメントです。さらにラメやスパンコール、ビーズなどを足してもいいですよね。

円すいに紐をぐるぐる巻いたツリー

厚紙で円錐形を作り、毛糸をぐるぐる巻いていけばそれだけでもツリーになってしまいます。あとは、ボタンや、小さなオーナメント、ビーズや、オジリナルでさらにオーナメントと作って飾ってもいいですね!てっぺんにはポンポンを飾っていますが、もちろん星をのせたり、メリークリスマスと書いた旗やガーランドをつけてもメッセージ性があっていいですね。

小枝とラフィアでスターオーナメント

ちょっと緑のあるところならば手にはいる小枝。5本同じ長さのものを揃えて、グルーガンでつければ、スターオーナメントの出来上がり。あとは、ラフィアを子供達にぐるぐると巻いてもらいましょう。ぐちゃぐちゃっとしているのがラフィアの素材感を生かせるので、大人よりも子供の方がうまくできるかもしれません!?

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事