初心者もできる!かぎ針のモチーフでアクセ作り

マフラーや手袋を用意して、ふと、暖かい素材のアクセサリーもあったらな。と思いませんか?寒い季節だからこそ、毛糸で作るアクセサリーを楽しみましょ♪基本のモチーフから編み図の読み方も用意しました!お部屋でヌクヌク手編みを始めましょう⭐︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年11月24日更新

冬だからこそ温かみのあるアクセが欲しい!

ガラス素材や貝殻モチーフのアクセサリーとは、しばらくお別れの冬の時期。ちょっと違う素材のものを身につけてみたいですよね。こんな温かみのある、かわいいネックレスはどこかに売ってないかしら、と思っていませんか?ちょっと頑張れば、作れちゃいますよ。よーく見ると、シンプルなパターンの繰り返しだったりする場合が多いのです。幾つかモチーフを勉強すれば、あなたにもできちゃうかもしれません!

まずは基本を学ぶ

シンプルなモチーフから挑戦してみましょう

たくさん並べてみたり、色違いで作ってみると可愛さ倍増です!クリスマスのオーナメントや、ギフトのリボンにちょこっと添えるとワンランク上のラッピングに変身。きっと「編み物できるんだ!」と評価が上がっちゃいます♪

輪っかを作り、まずは、鎖編みを3つ、長々編みを3回、長編み3回、鎖編み1回、長編み1回、
ここまででハートの半分ができました。今度は逆に鎖編み1回、長編み3回、長々編みを3回位、鎖編み3回これでハートの出来上がりのはずです。下にある写真を参考に書きましたが、作ってみていないので、下の英語で説明のある写真を参考に作ってみてください。

編みあがったら、輪っかを閉じて、糸の処理をしてハートの出来上がり。

一つ作れれば、2個目はさほど苦労もないはずです。たくさん作って、可愛いハートを散らすようなデザインのアクセも可愛いですね♪

編み図が読めるようになると世界が広がります

こんな雪の結晶を作るには、さすがに複雑な編み図になっていますが、よく見ると輪の中心から始まっていて、同じことの繰り返しで一周し、さらに話が大きくなって、同じことの繰り返しで柄を作っていき、段々と円周が大きくなって、繰り返しパターンが複雑になってきています。外側に行く頃にはだいぶ慣れてきているのでうまくできるようになっているのではないでしょうか。かぎ編みのいいところは、間違えたら、解いてもう一度やり直せます。恐れずにやってみましょう♪

こんな海外の編み図でもよく見れば、編み図はほとんど同じです。雪の結晶よりもだいぶシンプルな編み図ですね。

モチーフに一工夫であなたのオリジナルアクセ

自分の好きなモチーフの編み図を見つけて、中心に花芯をつければ、こんなアクセサリーは難なく作れてしまいます。一度やってみれば、さほど難しくないことがわかると思います。

美しいモチーフを見つけたら、こんなピアスはいかが。大きなモチーフだからこそ、主役になれますね。金具の色や、糸の色で様々な雰囲気のアクセサリーになりますね。他にもビーズを加えたりすることでもっと豪華にすることもできます。

シンプルに、ぐるぐるっと丸くモチーフを2つ作ってつなげれば、可愛い蝶々の出来上がりです。シンプルなのにとても可愛いモチーフです。初心者にはオススメですね。これは、輪っかから、六目作り、1段目は二目ずつ増やし、2段目は一目おきに増し目、3段目は2目おきに増し目、それで出来上がりです。

モチーフ編みでなくても、かわいいアクセが作れます

これは、シンプルに細編みの長細いものを作って、ボータイ型に仕上げたリボン。簡単なのに可愛いのは、色とサイズ感でしょう。作り方を見てみましょう。

これは、26目作っていますが、糸の太さで見た目がだいぶ変わってきますので自分の好きなサイズに調整してください。

サイズを調整しながら、細編みをしていきます。

自分の好きなサイズの太さまで編んだら、糸を処理します。

グルーガンでここでは止めていますが、糸でそのまま縫ってしまってもいいですし、ボンドでも吐くかと思います。

つなぎ目を隠すように、糸をぐるぐると巻いて、ボータイの結び目の部分を作ります。これでリボンの出来上がり。バレッタをつけたり、ピンをつけたり、ゴムをつけたりと、様々な形のアクセサリーになります。

モチーフができなくても、細編みや、他の編み方を組み合わせるだけで柄が出来上がりますので、こんなバングルなどをぐるっと編みあがったものを巻いたりすると夏のアクセサリーを冬アクセに変身させられますね。(ちなみにこれは棒編みで柄を作っています。)

こんなナチュラルな雰囲気のヘアゴムももう作れちゃいますよ。編み図はこの下のピンクの花と一緒です。

編み図が少し見えづらいですが、お花は25目作り目をして、長く連続のモチーフを作って、くるくると巻いて行って花の形にします。この三つ葉は可愛いですね!先に軸を3方に作って、長編みで形付けていきます。

アクセの小さな世界は個性の見せ所

コツをつかめば、こんな石を編み包んでネックレスにすることもできます。貝殻や、河原の石などの拾ったものから、アメジストやガーネットなど天然石を編み包んでも素敵です。

鎖編みを作って輪っかを作ります。

鎖編みの輪っかを軸にして12目編んでいきます。そのあと鎖編み3つ編み、一目に二目編む増し目をしながら、長編みで編んでいきます。だんだんと石の大きさに合わせていきます。

柄を入れながらだんだんと大きくしていきます。

こんな感じで石をカバーしていきます。

素敵なデザインのものもよく見てみればできるかも!

単純な輪の連続でも、サイズや色の組み合わせで幾何学的な素敵なデザインの模様が出来上がります。複雑なものができなくても十分に素敵なアクセサリーが作れます。

モチーフを重ねてボリュームを出し、さらにビーズなどを加えると可憐な雰囲気が一輪の花で表現できます。後ろにバレッタやピンをつけようか、ゴムをつけようか、安全ピンをつけようかワクワクしてしまいます!

シンプルな三角モチーフだって、色を変えて連続にてつなげて、丁寧に鎖をつけて仕上げれば立派なネックレスになります。

単純なフラワーモチーフもつなげれば、ブレスレッドに。

さらにつなげれば、可憐なヘッドアクセサリーにもなります!

工夫してモチーフを並べていけば、ラリエットも簡単にできます。

モチーフをつなげていけば、ゴージャスなアクセサリー

これは上級者テクニックですね!細かなレースの美しさは惚れ惚れします!

根気よく続ければ、こんなモチーフのネックレスを作れるようになるのも夢ではないかもしれません!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事