冬の着ない服をオシャレにリメイク!ファッションもインテリアも♪

寒い日々が続いて、衣替えを終え、新しい服を買いたいなぁ、なんて思っている人も多い季節ですよね。でもちょっと待って!もう着ないと思っている去年の冬服、リメイクしてもう一度お気に入りに呼び戻しませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月4日更新

セーターの裾のリブを生かしてニットキャップ

柄が気に入っていても、襟ぐりが伸びてしまったり、あまりにも着たので飽きてしまったり。そんなセーターはニットキャップに変身出来ちゃいます!ニットキャップが二つつながったような形でニットを大胆にハサミで切り、ミシンで縫って仕上げます。解けないようにしっかり縫い上げてくださいね。ニット帽のサイズ感は、お気に入りのニット帽をセーターにおいて、型を取るといいですね。縫い代もあることをお忘れなく。

フェルト化してルームシューズ

まずはセーターを40度くらいのお湯で洗って、フェルト化させてしまいます。うまく縮まなかったら何度か洗ってください。フェルト化してしまえば、解ける心配なくはさみを入れられますね。あとは、好きなデザインに切って、縫い上げればルームシューズに。刺繍やボタンで飾りをつければ、まさかセーターだったなんて、誰も気がつきません!

ぬくもりのあるおしゃれなランプシェード

冬の足音がするのだから、インテリアだって温かみを感じるものに変えてみたいという憧れがありますよね!
こんな風にランプシェードをニットに変えるだけであかりから漏れる光がやさしくなり、ほんわかインテリアに早変わり。

まずはサイズがあるかどうかかぶせてしましょう。こんな風にピッタリサイズだったら簡単。裾のリブ部分をシェードの下の部分に合わせて、いらない部分を切り取りましょう。

あとは、糊付けしてこんな風に乾燥させれば出来上がり。意外と簡単ですよね!もし、余裕があって切った部分をミシンで縫ってゴムを入れられれば、付け外しが出来るカバーになりますので、他のカバーに変えたり、春になったら外したりもできますね。ニットの伸縮性があるからこその楽チンリメイクカバーです。

クリスマスデコレーションもリメイクで

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事