更新:2016.10.22 作成:2016.10.22

今年のクリスマスは個性的に!おしゃれなクリスマスリースを簡単DIY♡

一年の中で、大人も子供もワクワクするとっておきの1日、Xmas☆
その日を心待ちにして、クリスマスの飾りをそろそろ始めてはいかがでしょうか?
Xmasの飾りで定番のリースは、自分らしい素敵なものにしたいですね☆
簡単に手作りできるクリスマスリース、色々紹介します♪
❤︎ お気に入り

リースを飾る意味 ご存知ですか?

クリスマスのリースには、3つの意味が込められています。
それは、『魔除け』『豊作』『新年の幸福』。

魔除けの意味を持つ ヒイラギ☆

リースによく使用されるヒイラギは、キリストの受難を表す神聖な機として崇められています。
棘は、キリストが頭につけていたいばらの冠、赤い実はキリストの流した血をイメージさせると言われています。
そのため、ヒイラギを使ったリースを玄関に飾ることで、災いを遠ざけ、幸せを呼び込むとされています。

豊作を意味する 葡萄の蔓(つる)

葡萄は世界最古の果樹の一つで、その樹や蔓は、豊作・復活・神々への捧げ物などの意味を持ちます。
その蔓で作ったリースを飾ることで、翌年の豊作を願うとされています。

永遠を表す 『輪』

新年の幸福祈願に飾るとも言われているリース。
『輪』は、境目がなく繋がっていることから『永遠の命・永遠の愛』を表し、神様からいつも愛情を注がれ、幸せな日々を送れると言われています。
日本でも、新年を迎えるにあたってしめ縄を飾ったりしますが、それと同じ意味を持つといえるでしょう。

形や、使用する材料にちゃんと意味があるんですね♫

クリスマスカラーにも意味があるんです☆

Xmas必須カラーは 『赤』『緑』『白』『金』の4色☆

クリスマスツリーが良い例です☆
緑色のツリーに、赤いリボンや、ゴールドのオーナメント、雪を演出するために白い綿を飾ったり♪

この4色にもそれぞれ意味があります♪

赤 = 寛大な愛

ヒイラギの赤い実の意味にも有りましたが、赤はキリストの流した赤い血を連想させることから、『神からの寛大な愛』を表すとされています。

緑 = 永遠の命

クリスマスの緑色といえばツリーやリース。
これらに使われる常緑樹は、生命力が強いことから希望の木と言われ、永遠の命や、神からの永遠の愛を表すと言われています。

白 = 純潔・汚れなき清らかさ

清き心などを意味する白。

雪からも連想でき、クリスマスツリーの飾り付けの時には手芸綿などで雪を表現することが多いですね。

金 = 希望・豊かさ・高貴さ

金(ゴールド)は場を華やかにさせてくれるだけでなく、こういった意味を持っています。
また、キリスト生誕の日に、一際輝きを放っていた東の空の星『ベツレヘムの星』を表しているとも言われています。

このように、クリスマスの時に使う色にも宗教的な意味があります。
意味を知った上で、クリスマスの準備をするのも感慨深い物がありますね。

リースを飾る意味、使う色の意味、それぞれを合わせて自分らしいクリスマスリースを作ってみましょう♪

リースの定番 松ぼっくり★

公園や森で拾った松ぼっくりで 素敵なリースを簡単DIY♪

土台のリースは100均でも購入可能です♪
松ぼっくりはしっかり乾燥させて使用します。
土台に貼り付ける時は、グルーガンが便利★
お子様と一緒に作る時は、グルーガンを低温のものにすると安全に作れます。
松ぼっくりだけでは寂しいので、どんぐり等の木の実、クリスマスカラーのリボンなどで飾るのがオススメ。
レイアウトに迷った時は、まずは、少し隙間ができるようにランダムに松ぼっくりを貼り付けましょう。
あとから隙間に小さめ木の実を貼り付けて、土台のリースが見えなくなるくらいぎっしり貼りましょう。
適当に貼りつけても、ちゃんと形になりますよ★

真赤なバラが印象的な クリスマスリース★

バラの花を使ったエレガントなリースでも、松ぼっくりを使うことでXmas感がでますね★

松ぼっくりのペイントには スプレーが便利★

松ぼっくりは凸凹しているので筆で塗るのは大変、、、
スプレーペンキを使うと、全体にまんべんなく均等に色を付けることが出来ます。

100均グッズの簡単リース

《ギフトリボンリース》

ギフトリボンの斬新リース★

土台はダンボール!
強度が気になる時は、同じものを2枚切って貼り合わせましょう。
貼り合わせる時に、ダンボールの縦のスジを90°ずらして縦と横にすることで強度が増します。
100均で売っているギフトリボンをたくさん用意して、ぎっしり貼り付けましょう♫

こんなに華やかなリースが出来上がります★

《100均のオーナメントボールでカラフルリース》

100均のカラフルなクリスマスオーナメントを使用☆

本当に最近の100均って凄いですよね。
オーナメントもこんなに色が充実しています。

オーナメントボールがこんなに素敵なリースに変身☆

オーナメントボールには、飾る時のためのフック(穴)がついています。
それを利用して、ワイヤーで作る方法もあります。
以下の動画で詳しく紹介されているので、興味のある方はご参照ください♪

パステルカラーなら こんなにCute♡

使う色で全然違う印象のリースになりますね☆
クリスマスカラーを使うのも良いですが、こうして自分らしいカラーリングで作って楽しむのが手作りの醍醐味なんです☆

《パーティーモールで作るモジャモジャリース》

巻くだけ 簡単!

パーティーモールのキラキラモジャモジャが意外とカッコいい!
他に飾りをつけなくても、存在感大!

羊毛フェルトや毛糸で作る コロコロリース

羊毛フェルトをフェルト化してボールを作ります☆

以下のサイトでフェルトボールの作り方を紹介しています♪
ご参照ください☆

羊毛フェルトのあったかさがにじみ出る 個性的コロコロリース☆

羊毛フェルトでフェルトボールをたくさん作って土台に貼り付けるだけ☆
土台のリースは、100均などで売っている蔓でできたリースが良いでしょう。

羊毛フェルトモチーフを一緒に飾っても可愛いです☆

クリスマスにちなんだモチーフを羊毛フェルトで作って、一緒に飾れば、統一感も出て可愛らしく仕上がります☆

毛糸玉の あったかリース☆

発泡スチロールの玉に、あまり毛糸をクルクル巻いて毛糸玉を作りましょう。
あとは、フェルトボールのリース同様土台のリースに貼り付けるだけ。
毛糸の温かみが、優しい雰囲気を作ってくれますね☆

新聞紙や紙で作るペーパーリース

新聞紙で作る ナチュラルリース☆

ナチュラルインテリアを楽しむおウチで、急にカラフルなリースが現れたらちょっと浮いてしまうこともありますよね。
インテリアの統一を心がけたい方、こんなエコリースはいかがですか?
新聞紙を丸くピンキングばさみで切って、アイスのコーン型になるように、中心をつまんで、あとは土台に貼り付けるだけ。
クシュクシュした新聞紙でボリュームが出て、素敵なリースに変身しますよ☆

葉っぱ型に紙をカットして☆

左右、下に向かって葉を貼り付けると流れができて全体がまとまります☆

ハギレやリボンで ボリュームリース

ワイヤーにリボンを結ぶだけ☆

土台はワイヤーハンガーが便利☆
ハンガーを丸く変形させて、ハンガーのフック部分は、リースを掛けるために利用できます。
リボンを順番に結んでいくと、かなりのボリュームになります。
3色くらいで作るほうが、出来上がった時可愛らしくなりますよ♪

固結びの ワシャワシャリース☆

リボン結びじゃなくてもリボンリースは作れます☆
家にある短いリボンや、ハギレを土台のワイヤーに固結びで結んでいきます。
ぎっしり結びつけると、ワシャワシャのボリュームたっぷりリースになります☆

結ぶ素材で 仕上がりが変わります☆

こちらは、お花のラッピングなどで見かける網目状になったシナマイロール。
シナマイロールは、手芸でお花を作るのにも使用されます。
網目になっていることで、若干変形するので、リボンのフワッと感を出したい時は広げたり、ボリュームを抑えたい時は、斜め方向に引くと細く変形します。

食べれるリース お菓子編

真っ白で美しい☆ マシュマロのホワイトリース☆

食べるために、ボンドやグルーガンの仕様は不可!
リング状の発泡スチロールに無数の爪楊枝を刺し、マシュマロと接続します!

クリスマスまで ちょっとずつ食べちゃってOK☆ キャンディリース

クリスマス時期に飾るアドベントカレンダー。
アドベントカレンダーとは、扉や小箱に日付のあるカレンダーのこと。
小さなプレゼント(お菓子)を隠しておいて、毎日何が入っているかワクワクしながらあけて、それを食べながらクリスマスを楽しみに待つというもの。
そのアドベントカレンダーのように、キャンディーを少しずつ食べて、クリスマス当日だけでなく、それを待ち遠しく思う日も、共に楽しんでみてはいかがですか?

食べれるリース ちぎりパン編

飾るかどうかは別として 子供が大喜びの食べれるリース☆

リボンやベル、サンタさんまでいるちぎりパンリース☆
飾れないけど、クリスマス気分は満喫できます!
食べるのがもったいないくらい可愛いです☆

白パンに赤い実のデコパンがCute♡

白いパンを作る時は、米粉が最適☆
赤い実が引き立って、真ん中のトナカイも、とっても可愛いですね☆

インスタで話題になった おしゃれなドライオレンジのXmasリース

形が可愛いことから クリスマスの飾りとして大人気☆

カット後のオレンジは、中心の位置が少し違ったり、乾燥の具合で同じものが2つとないこともあり、オリジナル作品も作りやすい☆
この可愛らしいドライオレンジを使って、クリスマス雑貨を楽しんでる人結構たくさんいるんです♪

オーナメントとして使われることが多いドライオレンジ

部分使いで インパクトを☆

リースの飾り付けに数個使用。
緑のリースにオレンジ色が可愛らしいです☆
オレンジの車輪みたいな模様も面白いですね♪

敷き詰めると こんなことになります!

可愛い?かっこいい?
どちらかわからないほど斬新です。

いかがでしたか?

手作りリースで 素敵な聖なる夜を迎えましょう♡

リースを飾る時期は2通り。
ひとつ目は、アドベント(イエス・キリストの降誕を待ち望むクリスマス前の4週間)11月30日に一番近い日曜日から公現祭(宗派によって違いが有りますが、主に翌年1月6日)まで。
公現祭とは、神が、イエス・キリストの体を使い人の前に姿を現下人されている日です。
二つ目は、アドベント開始日から聖燭祭2月2日まで。
聖燭祭とは、イエス・キリストが生後40日で神殿で清められた日。

この2通りの期間が海外では通例とされていますが、日本は独特のクリスマス文化を歩んでいる事と、日本独自のお正月文化が重なることも有り、年末にはリースを外し、次はしめ縄を、を言うお宅が多いようです。

宗教的な決まりはありますが、クリスマスを楽しむということは自体は万国共通。
素敵なクリスマス雑貨を揃えて、最高の一夜を楽しみましょう♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!