今年のクリスマスカードは手作りで!ポップアップカードの手作りアイデア15選

ギフトにちょっと添えてみたり、パーティの招待状にしたりと数枚は購入するクリスマスカード。今年はオリジナルカードを作ってみませんか?今回はポップアップカードを紹介。飛び出し方も様々な種類があります。あなたもチャレンジできるものがありますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月22日更新

ちょっと切り方と折り方を工夫!

スノーフレイクのポップアップ

長細い紙を用意。中央部分を少し残して、コの字型、逆コの字型を少し間を空けて、上部、下部の切り目が水平に揃うようにペーパーカッターで切れ目を入れます。中央部分の十字を折らないように、切り抜き部分を抜いて、山折り、谷折りにして出来上がり。あとは裏と表にメッセージが書けるのでちょっとしたサプライズメッセージを添えるのにもいいカードです。

よく見ると、8つのスノーフレイクの角部分の4つのみがカードにつながっています。まずは綺麗にスノーフレイクを仕上げないといけませんのでそのあと、綺麗に抜く作業を頑張ればノリなしでポップアップカードが出来上がります。スノーフレイクだからこそ、紙が白でも美しいですね。

説明は英語になりますが、どのように作っていくのか解説してくれています。

子供と一緒に作れるポップアップカード

カードの土台と、両面カラーの緑の折り紙または画用紙を3枚くらい、トップの星と、植木鉢になる部分の折り紙を用意します。
土台は半分に折ります。
折り紙は、1センチ幅程度に蛇腹に全て折りたたみ、半分に折ってカードの中に収まるサイズにまず一つ目を切り、そのあとは徐々に小さくして、
土台の中央に蛇腹紙の半分に折った部分がくるように糊付けすれば、ツリーが完成。あとは、スパンコールや、紙を使って星や、植木鉢、オーナメントなどを飾りつければ立派なツリーです。このシンプルさなら、たくさん作ることも、子供と作ることもできますね!

開くと真ん中に立ち上がります

円を切り抜いて折りたたんだ紙が中央に来るように設置し、くり抜かれた部分には、写真やキャラクター、モチーフなど、好きなものをセロテープで挟み込めばポップアップさせることが出来ちゃいます。宙に浮いているように見えると凝った印象になりますね。

オーナメントが立ち上がります

中央のオーナメントもカッティングで作るととても凝った作品になりますね。セロテープで挟み込むのではなく、糸で空中に浮かせる方法や、アクリルの板を挟み込むなど、いろいろな方法を中央の立ち上がらせたいものに合わせて工夫するといいですね。

ギフトボックスのポップアップカードの作り方を紹介

カラフルなギフトボックスが積み重なったデザインは可愛い印象で、しかも作り方も簡単。これなら初心者でもチャレンジできますよ!

用意するものは、ノリ、ペーパーカッター、ギフトボックス部分に使う可愛い紙3種類、細いリボン、カードの土台部分は1枚はギフトボックスを切り取るのに使います。もう一枚は一回り大きめのものを用意して、出来れば違う色だと見栄えがします。

土台になる部分を二つ折りにし、一枚は山折り部分に、このように半分のギフトボックスを中央から線を描いておきます。上下の辺のみカッターで切ります。この三段の場合は、4箇所切ることになります。この時に幅を広くすると高さのあるギフトボックスになり、切込む部分を深くすると、大きなギフトボックスのポップアップになります。

開いて、谷折り部分から、山折りに飛び出すように折ります。

もう一度閉じて、裏側からしっかりと折り込み、折り筋をつけることで、綺麗に飛び出します。

開いて飛び出すギフトボックス部分に好きな紙をサイズに切って貼り、ボックスにリボンをつけます。

もう一つのカードの土台に貼り付けたら出来上がり。メッセージを書き込みましょう。
以外と簡単ですよね!

一見シンプルなカード。中央のカードはねじれながらポップアップします!

ぱっと見はとてもシンプルな十字のカードですが、実はこのカード、閉じると普通のカードサイズで、開くと中央部分がねじれながら起き上がって、開いたときにこの十字型になるのです。ちょっと折り方を工夫すればできちゃうこのカード。ぜひ動画でつくり方を見てくださいね。

よく見るとポップアップはシンプルな作り

クリスマスギフトが飛び出すカードの、ボックス一つ分が飛び出してくるように切り取っただけのシンプルなものです。仕上げに暖炉にデコレーションして、靴下を貼り付けたことでとっても凝った印象に変わっています。ソックス部分にフェルトを使ったりするとさらに頑張った感が出ますよね。ポップアップ自体が凝ったものができなければ、デコレーションで勝負です!

紙が2枚あればできるツリーのポップアップ

ツリーの段々をずらしているので立体的になっていますね。基本的には、これもギフトボックスのポップアップをベースにした飛び出し方ですね。ママがベースのツリー部分を作ってあげれば、子供がデコレーションして飛び出すようにできますよ。きっと子供達の作ったデコレーションのカードなら、出来上がった「作品」に大喜びです。切り取り線にオーナメントがかぶらないように、先にツリーを切っておいてあげると、絵を描いたりシールやスパンコールを張っても、立体にする際に分断されることなく綺麗にポップアップできます。ツリーの周りにあるギフトなどは、ちょっと浮きだすように厚紙などをかませて貼るとより立体的に仕上がりますね。

同じようなツリーでも、山折り谷折りをもう一回加えると違った印象に

中央部分が山折りで飛び出すようにデザインされたツリー。立体感を出すために、交互に谷折りになって表現されたツリーがシンプルで清楚な印象に仕上がっていますね。あまり凝ったことをせずに、あえてメッセージだけ添えるのも素敵です。

大人デザインなポップアップカード

緑の線が谷折り、赤い線を谷折りにします。白い紙で作り、一つだけ赤にするデザインは大人なシックなイメージです。逆に炎を黄色にして、それぞれのキャンドルに色をつけてヒイラギをグリーンにすれば、一気にポップなデザインになりますね!

クリスマスデザインのポップアップボックスカード

こんな立体的なカードは絶対手作りは無理、と思っていませんか?作り方さえわかれば、そんなに難しくないんですよ。サンタが飛び出したり、スノーマンが飛び出したり、楽しいデザインをぜひ作ってくださいね。

ベースとなるボックスの型紙

ぜひこれを参考に作ってくださいね。クリスマスオーナメントが飛び出すように作れば、オーナメントとして飾っておきたくなるかわいさです。

ツリーだって飛び出します

プリンターでプリントアウトしたデザインをうまく組み合わせると同じデザインでいくつも作れます。ちょっとツリーの位置を変えたりするとまた違った感じで飛び出してくるので、ぜひ研究してみてくださいね。

飛び出すスノーフレーク

いかがでしたか?子供と一緒に作れる簡単なものから、ちょっと凝ったポップアップボックスカードまで、かけられる手間と時間でぜひ選んで挑戦してみてください。やり始めると、きっと来年も手作りしたくなりますよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事