年末前に秋のお掃除をするメリットと方法

厳しい冬までの気候のいい秋の時期に、大掃除しませんか?実は年末に大掃除しないことにはたくさんのメリットがあるのです。秋に掃除をしたくなるいいこと、お掃除グッズを紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.10.23 作成:2016.10.23

年末の大掃除は煤払いをして年神様をお迎えするため

大掃除と言えば年末!ですよね。
実はこの年末の大掃除は江戸時代から始まった風習のようで、新しい年の年神様をお迎えするための宗教的な意味も大いに含んでいたようです。
以前は12月13日に行われていた年末の大掃除。厄払いやすすを祓い清めた後にお正月飾りを飾る、などの風習が現代でも年末の大掃除として残っているのです。
実は海外ではスプリングクリーニングなどという言葉もあって、冬の寒さが終わった頃に大掃除をするようです。
年末の忙しい時期にするよりも、秋からお掃除をするメリットを考えて、年末はさっと済ませる方法に変えてみませんか?

アレルゲンを秋に一掃しておく

quote
ダニは、温度が25度を超え、湿度が70%以上の場合に繁殖しやすく、夏に繁殖したダニも気温と湿度の下がる秋には減るといわれていた。しかし現代の住環境は高断熱性、高気密性。さらに気温が下がれば暖房をかけ、乾燥すれば加湿器を出す。それを裏付けるように、検証では秋に採取したゴミからも夏と同等か、それ以上のダニ抗原が見つかった。
いきなりの衝撃的な文章ですが、専門家は現代の住宅事情では気密性が高いので夏場は外出中の締め切った部屋でダニやカビが増え、エアコンでさらに増殖。布団でなくベッドでの生活が中心になっているのもダニが増えやすくなった原因だということなのです!!また家でペットを飼っている人も、散歩の後の足についた土がカビの原因になってしまいます。
quote
「そこで提案したいのが、“秋掃除”です。ダニなどのアレルゲン生物は夏に増え、死んで乾燥すると微細な粒子となってアレルゲンになります。大掃除というと年末のイメージかもしれませんが、冬場に持ち越してはいけません」
アレルゲンのダニの死骸や、その死骸が細くなったホコリを家から一掃するには、暑さの落ち着いた今が一番。冬の加湿器や暖房を使った暖かい部屋作りをする前に、まずは一掃しましょう。

秋なら窓を開けても寒くない!拭き掃除の水も冷たくない!

quote
 「気候のいい秋は換気するのに絶好の季節。エアコンの掃除もでき、カーペットを洗って干してもよく乾く。ダニはどこの家にも必ずいる」
高温多湿の夏から、冬でも加湿器や暖房をフルに使って心地のいい現代の住宅事情への移行する秋の時期にお掃除をするメリットはたくさんです!
窓を全開に出来る気候の今だからこそ始めましょう!

秋掃除にオススメの掃除場所はココ!

水周りだって秋なら掃除も冷たくない!油も落ちやすい!

本格的な冬の寒さの前だからこそ、まだ油汚れも落ちやすい秋。今がまさにチャンスなんです。
油汚れやこびりつきには重曹、水垢にはクエン酸、あとはメラミンスポンジを用意すれば、たいていの汚れは落ちます。他のしつこい汚れは、オレンジクリーナーや専用の洗剤をフル活用しましょう。暖かい料理やオーブン料理が増える前にレンジや、オーブンの中も掃除しておきたいですね!

エアコン稼働率が低い秋が掃除の時!!

夏に大活躍してくれたエアコンも秋はしばらくお休み中。冬のフル稼働の時期が来る前に掃除をしておけば、使い始める時にカビ臭い、なんてこともありませんよね。暖房を使い始めた後に大掃除をするよりもずっと衛生的です。

こんな便利なものを使わない手はないですよね

今や、手軽にできるエアコン洗浄としてドラッグストアで簡単に手に入るスプレー式のお掃除スプレーは消臭、除菌までしてくれます。
また、フィルター掃除はこまめにしないとカビの原因になりますので、夏から掃除していない場合は水洗いでまずはフィルター掃除をしましょう。

衣替えと一緒に断捨離&収納場所も掃除

衣替えでクローゼットの中の衣類を出したり入れたりしますよね。その際に一緒に断捨離をして、スペースを作り、掃除もしちゃいましょう。冬になってから改めてクローゼットの掃除をするのは夏物が仕舞ってあるので億劫になってしまいます。入れ替えの時期だからこそ、ちょっと頑張ってお掃除しましょう。カビ予防などの対策をこの時期にしっかりしておけば、来年気持ちよく夏服が着られるはずです。

カーペットだってすぐ乾く

冬の冷たい水で、重いカーペットの掃除は重労働。夏の汗や皮脂、ホコリを一掃する意味でも、冬まで待たずに今掃除しましょう。今なら水もさほど冷たくないですし、天日干しするために頑張って持ち上げるのも、寒くないので体も動きます!今だからこそ頑張れる重労働をさっと済ませてしまえるのは、冬ではなく秋ですよ♪

洗えない絨毯はスチームアイロンがオススメ

天日干しができない大きなラグなどは、ちょっと大変ですが、スチームアイロンで端からかけていきます。クリーニングに出せれば一番ですが、なかなかコストがかかりますよね。手間さえ惜しまなければ、へたった毛並みも復活しますよ。

カーペットの匂いは重曹で

重曹をカーペットにすり込み、しばらくおきます。そのあと掃除機で吸い込めば終了。さすがの重曹はこんなところでも役に立ちますよ。

カーペットの下のフローリングも掃除!

いつも敷きっぱなしになっているカーペット。家の中で数カ所はあるかと思います。高気密で、高断熱な住宅が多い現代では、敷きっぱなしのカーペットはダニの温床になってしまいます。この時期にカーペットとその下のフローリングもしっかり掃除をして、他のところと一緒にワックスがけまで頑張れれば床掃除は終了ですね。

ぬいぐるみにもダニがいますよ〜!洗っちゃいましょう!

ベッドで咳が止まらないアレルギーの子供のアレルゲンは、元気になるようにと増やしたベッドサイドのぬいぐるみのダニが原因だった、なんて話を聞いたことがあります。冬よりもまだ日が長く晴れの多い秋だからこそ、ふわふわのぬいぐるみもしっかり乾きます。方法は、色落ちや、洗濯が可能か確認したら、中性洗剤で優しく押し洗い。脱水も型崩れしない程度に10秒程度がいいようです。直射日光を避け、日陰干しでじっくり乾かしましょう。乾かないと今度はカビの原因になってしまします。普段使っていないぬいぐるみも、干すだけでなく洗ってみるとスッキリきれいになるはずね。大事なものはクリーニング店のぬいぐるみクリーニングなどを利用してみるのもいいですよ。

カーテンは洗ってそのままかけて乾燥!

洗濯機で洗濯できるかどうか確認をして、丸ごと洗ってしまいましょう。シワなくスペースを気にせずに干すには、カーテンフックを付けて、もともとカーテンがあった場所に干すのが一番です。重力でシワもある程度取れ、窓を開けても寒くない秋だからこそ、早く乾きますね。

ソファの隙間はゴミが溜まっていますよ

アレルギーのことを考えれば、革素材のものがホコリも立たずダニに触れにくいのでオススメですが、布張りのソファの優しい感じは気持ちが良くいいですよね。ソファはなかなか掃除が難しいものではありますが、まずはたくさんホコリがたまるクッションの隙間から掃除しましょう。掃除機で吸ってみると恐ろしい量のホコリやゴミが出てきます。子供がいる家庭ではおもちゃが出てくるかもしれません!ブラシなどのアタッチメントをつけて、全体的に掃除機をかけます。
カバーのあるものは丸ごとぜひ洗いましょう!
洗えないものの場合は、薄めた中性洗剤などを柔らかい布につけて汚れを叩いて落とし、洗剤を落とすように固く絞った布で拭き、乾燥させます。最初に見えないところで試してから行ってくださいね。

窓掃除はペンキのハケでホコリを落としてから

いきなり水拭きをするのではなく、まずは乾いている汚れをささっとペンキのハケなどで落としてしまいます。この時点でだいぶきれいになったはず。そのあと、落としきれなかった汚れを水拭きし、スクイージーで仕上げ、さらに拭ききれなかった水はマイクロファイバーなどの布で拭きあげて終了です。洗剤がなくてもきれいになりますよ!

挙げればきりがない掃除場所ですが、今できることをやってしまえば、年末のお掃除は簡単に済ませられますよね。ちょっとした隙間時間を見つけて少しずつ、寒くなる前に掃除してみるのはいかがでしょうか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事