1241 VIEW

星のやは軽井沢だけじゃない!おすすめポイント6選

軽井沢を始めとして国内外に展開される宿泊施設「星のや」。
和の趣もありながら、海外高級リゾートのような極上の非日常を体験できる、星野リゾート発のラグジュアリーホテルです。
ここを訪れれば、普段味わえない奇跡のような時間を約束される。そんな「星のや」の魅力をお伝えいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年9月30日更新

星野リゾートとは

和のラグジュアリーリゾート!

星野リゾートは、長野県軽井沢を本拠地とする総合リゾート運営企業です。元々軽井沢で温泉旅館を経営されていたのですが、現在は全国各地の経営不振に陥ったホテルや旅館、リゾート施設を再開発して蘇らせるという再生事業で有名になっています。

その土地の個性を活かして再生させる

星野リゾートの特徴はその土地土地の魅力を十分に活かした最高の景観に最高のおもてなしと、そこに滞在することそのものを楽しませる工夫にあります。
ちなみにこちらは、トマムのリゾートを再生させた「星野リゾート リゾナーレトマム」。良質なパウダースノーのゲレンデを活かした、世界にも通用するスキーリゾートへと変貌を遂げ、寒さを楽しむ氷の街「アイスヴィレッジ」などの今までにないようなサービスが話題を呼び、メディアなどでもよく紹介されています。

星のや軽井沢

そんな星野リゾートが満を持して手がけた和のラグジュアリーホテル「星のや」。
水辺に点在する和風な離れ家のような客室。幻想的な灯火が夕闇を照らす中、山あいの自然風景に溶け込むように設置されたこの旅館施設は、星野リゾートがその創業の地、軽井沢に作り上げた「星のや軽井沢」です。

現在は国内外に6箇所の展開!

「星のや」は軽井沢だけではありません。
今では他にも京都、竹富島、富士、東京、そしてバリにと、国内外に6箇所、その地域ごとに全く異なる個性と風情を持ったラグジュアリーリゾートを展開しています。
「星のや」は、星野グループの中でも最高級の位置づけ。そこでは格別に贅沢な空間と時間が提供されています。
今回はそんな「星のや」の魅力について、おすすめポイントを6つに厳選してお伝えいたします。

おすすめポイント1.「圧倒的な非日常」

「星のや」がそのコンセプトとして大きく打ち出しているのが「圧倒的な非日常」というキーワード。
せわしなく動き回る日常から解放され、ここではいつもと違う全くの別世界で極上の時間を思う存分味わえる。そんな理念の下に作られた質の高い設備とサービス、あらゆる工夫がそこかしこに溢れています。

「日常」から「非日常」へ

スイッチを「極上の非日常」へと切り替える仕掛け。
単に施設をそのようにしつらえるだけではありません。
星のやの仕掛けは、一般的なチェックインのやり方が他とは全く異なること。
例えば星のや京都では、嵐山渡月橋より船に乗り、船頭さんに導かれながら大堰川をさかのぼってゆき、山深い自然の中に佇む「非日常空間」へと入っていく仕掛けが施されています。
いつも使っている自分の車で入るのではなく、その土地に合った導入でその世界に入っていく。ワクワクするような高揚感が最初からどんどん高まる仕組みです。

星のや富士のレセプション

富士山という圧倒的ロケーションの下で、グラマラスな大人のキャンプ、グランピングを贅沢に楽しめる星のや富士での「非日常」への切り替えは、このレセプションという場所で行われます。
宿泊施設にたどり着く前に一旦ここで自分の車を降り、ジープに乗り換え客室まで誘われます。アウトドア生活がコンセプトとなった星のや富士ならではの演出で、レセプションではアウトドアに役立つおしゃれな道具類が入れられたオリジナルのリュックを選んで渡されます。
アウトドアをお洒落に優雅に楽しめる、そんな世界への入り口で、俗世の荷物は全部降ろしていけるから、心の底からその世界に浸れるし、思う存分くつろげるんですね。

客室にテレビなどはありません

「非日常」を満喫するために、日常を思い起こさせるようなテレビやラジオなどは置いてありません。これは全ての星のやに共通しています。
あるのはただ豊かな自然とそこに馴染むよう設計された贅沢な設備。
何もかも忘れてのんびりするという最高の贅沢を味わうためです。
無料のwifiなどは備え付けられてあり、もちろん完全に断絶されているわけではありませんからご安心を。

おすすめポイント2.地域ごとに異なるおもてなし

地元に受け継がれてきたエッセンスを味わう贅沢

星野グループ全体を通して言えることですが、星のやでは、どこに行っても同じ施設同じ滞在になるということはありません。
軽井沢には軽井沢の、京都には京都の良さがあり、その土地その土地の魅力に合わせたコンセプトやサービスの提供を行っています。
こちらは沖縄は石垣島より更に南に位置する竹富島での星のや滞在風景ですが、昔のままの建築や集落の残る中に見事に融合された南国リゾートとなっていて、まさに神々の楽園での余暇といった風情が醸し出されています。

富士山を眺めながらの朝食

例えば星のや富士ではその名の表す通り、天気のいい日にはどの客室からも雄大な富士山の眺望を楽しめます。お部屋のテラスで富士山を独り占めにしての朝食の時間は、心が洗われるような、元気をもらえるような大切なひと時に。

グランピングリゾートという日本初のコンセプト

こちら星のや富士独特の特徴は「グランピングリゾート」という日本では新しい余暇の楽しみ方にあります。富士山麓の川口湖畔という絶好の環境で、その自然環境を大人の優雅さを保ちながらゆったりと楽しむ、そんなグラマラスなキャンプというスタイルで過ごす贅沢。工夫をこらした施設は森の中にも点在し、テントやハンモック、焚き火のようなアウトドアに欠かせないものが最高の形で用意され、思いのままに楽しめます。

世界遺産の街での最高級のおもてなし

例えばここ星のや京都は、世界遺産ともなっている京都嵐山で、伝統的な日本の景観美、建築美を存分に活かした造りになっており、全ての星のやの中でも最高級とも言えるラグジュアリーな滞在を可能にしています。
客室は100年前の旅館をリノベーションして造られた歴史のあるもので、和の伝統建築をその良さはそのままに、現代的な感覚も取り入れられた、快適な空間になっています。
どの部屋からも嵐山へと流れる大堰川を眺められ、桜に新緑、紅葉に雪景色など、豊かな四季の風景が、京の美意識の中で味わえるという魅力があります。

その立地を十分に活かしたコンセプトで、最上級のくつろぎを追求していく中で、ひとつひとつの星のやの個性が際立っていきます。
ひとつの星のやでの滞在を体験してみたら、きっと他の星のやでの時間も味わいたくなることでしょう。

(※画像は今年中の開業を目指している星のやバリ。星のや初の海外進出です。聖なる川のほとりにある集落に滞在するというコンセプトで、こちらもどんなラグジュアリーな体験になるのか、完成が心待ちにされています。)

おすすめポイント3.温泉でのくつろぎ

星のや軽井沢の温泉

星のやは昔ながらの日本旅館と、現代的な快適さのあるホテルとの融合で生まれた宿泊施設。元々軽井沢では温泉旅館をやっていたこともあり、温泉の楽しみはやはり外せないポイントになってきます。

日帰り温泉「トンボの湯」

星のや軽井沢で利用できる大きなお風呂は二種類あり、そのひとつがこちら、一般の観光客でも入浴できる「トンボの湯」です。

大正期より文豪にも愛された歴史ある温泉

弱アルカリ性の泉質を持つトンボの湯は、100%源泉かけ流しの「美肌の湯」として知られ、開放的な大きな窓ガラスから望む景観を楽しめる内湯はひのきで造られた浴槽で、癒やし効果も抜群です。小豆島の花崗岩を配置された露天風呂では自然と一体となり、木々のざわめきや小鳥の鳴き声を聴きながら湯につかっていると、時間を忘れそうになってしまいます。
一般に開放されているため混んでいることの多いこちらの湯ですが、星のや宿泊客には専用で利用できる時間帯も設けられており、早朝に訪れれば広い露天風呂でゆっくりと寛ぐことが可能です。

宿泊者限定「メディテイションバス」

星のや軽井沢で、宿泊者のみが楽しめる新しいスタイルの温泉施設がこちら、「メディテイションバス」です。
メディテイションとは「瞑想」。39~40度というぬるめのお湯で、心ゆくまで瞑想を行いつつ心身をリラックス状態へ導いていくという入浴方法です。
外光を取り入れた明るさのある「光の湯」と、洞窟のようにほぼ何も見えない「闇の湯」とで構成され、心のデトックスが捗りそうです。

部屋風呂も檜の香りに癒やされます

ゆっくりと好きな時間に楽しめる部屋風呂も、星のやでは満足度の高い空間になっています。ヒノキで造られた浴槽は肌当たりもよく、季節に応じたお楽しみで林檎やカリン、ハーブなどが用意され、湯船に浮かべてその香りを楽しめます。
温泉が引かれているのは、こちら軽井沢と東京の施設のみになるのですが、他の星のやのお風呂もこんな心遣いの行き届いた、その土地の景観や空気と共に楽しめる造りになっています。

おすすめポイント4.お料理でのおもてなし

旅のお楽しみは料理!・・・だけど

星のやが他の旅館とは違う特徴として、食事が別料金になっている、ということが挙げられます。
その理由は、星のやを利用する人が、星のやで滞在中の時間を自由に組み立て自由に使うのを邪魔しないため。普通の旅館では、チェックイン時に食事の時間や場所を事細かに決められるため、ある程度行動が制限されてしまいますが、ここではそれがありません。
また軽井沢のエリアでは周囲に美味しいと評判のレストランも数多くあり、星のやを拠点に軽井沢自体を存分に楽しむための配慮とも言えます。

星のや軽井沢のメインダイニング「嘉助」

もちろん食事は宿泊施設内でゆっくり取りたい、という方もいらっしゃいますよね。
そんな方のためにレストランも用意されています。こちらは軽井沢の「嘉助」。地元信州の食材をふんだんに使われた純日本料理が提供されています。
階段状にしつらえられた掘りごたつの座席となっているので、他のお客と目線が合いにくく、ゆっくりとプライベートな時間が楽しめます。

quote
軽井沢も落ち着き始めている。
連泊すると一回は嘉助さんでいただいているが、年々良くなってきている感じがする。
オープン当初は、お値段の割にレベルがまだまだ普通だという厳しい評価も見かけられた「嘉助」ですが、常に努力をされているのでしょう。最近では料理やサービスに対する好評価が多く、口コミを見てみても、一回は嘉助でお食事をされることをオススメされる方が多いようです。

ホテルブレストンコートのレストランもオススメ

星野グループ系列のホテルブレストンコートは、星のや軽井沢より徒歩でほど近くの場所にありますが、こちらのレストランも料理の評価が高くおすすめになっています。
和朝食が食べたい場合は嘉助で、洋朝食ならブレストンで、という使いわけもできますね。こちらでは一人ひとり、サイズや卵の仕上がり具合、具材などの希望を聞いてから焼き上げてくれる信州そば粉のガレットが人気になっています。

星のや富士のダッチオーブンディナー

他の星のやの食事風景も見てみましょう。
グランピングというコンセプトにもぴったりなダッチオーブンとスキレット尽くしの森の中でのディナーが楽しめるのがこちら、星のや富士のダッチオーブンディナーです。
焚き火を見ながら地元山梨産の素材を中心にした料理を味わう至福のひと時。力強い大地の恵みを直に感じられそうです。

焚き火BARも人気です

大自然の中で焚き火を囲んでお酒の飲めるスポット、焚き火バーも星のや富士を訪れた際には必ず足を運びたいポイントです。星のや富士のメインスポット、焚き火ラウンジに夜出現します。
星空の下で演奏家の奏でる音楽にゆったりと耳を傾けながら、焚き火を眺めてお酒を楽しむひと時は、日常では決して味わえない体験になるでしょう。

焚き火で焼きマシュマロも楽しめます

焚き火ラウンジにはマシュマロやビスケット、チョコレートなどが用意されており、それを串に刺して自由に焚き火であぶって楽しむことができます。
焼きマシュマロはキャンプの醍醐味のひとつですが、ここではちょっとしたおやつ感覚で気軽にいくらでも楽しめるのが嬉しいです。

おすすめポイント5.アクティビティ

アクティビティに参加して「非日常」を積極的に体験する

星のやのコンセプトである「圧倒的な非日常」を実現するためには、ただのんびりと時を忘れて過ごすという贅沢も素敵なのですが、星のやの提供している様々なアクティビティに積極的に参加して、非日常体験を動的に掴んでいく、というのも有意義な過ごし方です。

空飛ぶムササビウォッチング

軽井沢で体験できる人気アクティビティのひとつです。
ムササビは日本固有の動物だそうで、このアクティビティでのムササビ遭遇率は98.5%とのこと!可愛いムササビの飛ぶ姿を目撃できたら、かなりテンションが上がりそうです。

湖上の早朝カヌー

こちらは富士で体験できる水上アクティビティーです。
早朝の静寂に満たされた湖面で、富士山の絶景を眺めながらカナディアンカヌーを楽しめます。終わった後の筋肉痛すら、清々しさで気持ちよく感じられそうですね。

有料・無料問わずプランがいっぱい!

アクティビティについては、星のや公式サイトでも紹介されている有料のものの他に無料でできる体験も数多く用意されており、気になる方は宿泊予約の際、事前に相談しておくとよさそうです。

quote
相談するなら、宿のフロントにかけ、実際にアクティビティを運営しているスタッフと会話すべきである。
アクティビティについては、星のや総合予約の窓口では情報が全て入ってきてないこともあるので、予約する宿のフロントに直接聞いたほうが安心です。
専任スタッフに自分の希望をしっかり伝えておくことで、滞在のプランも立てやすくなり、より充実した体験が実現します。

おすすめポイント6.お得な予約方法

一度泊まってみたい!でも料金が・・・

これだけ至極の癒やし空間です。一度は泊まってみたい、と思われる方もいっぱいいらっしゃいますよね。
でもラグジュアリーリゾートを謳うだけあり、お値段もかなり高級になっており、思い立って気軽に行けるという人はそうそういないのではと思われます。
憧れのブランドとして、高くても行きたい、という志向を生んでいますが、どうしてもリーズナブルに体験したい、という方へのお得な予約方法も存在します。

連泊や早期予約を賢く使う

公式サイトでも案内されていますが、星のやでは連泊での利用を推奨されており、連泊すると二泊目の料金が一泊目に比べかなりリーズナブルに。5泊以上すると、一泊あたりの料金も格安になります。
また、「90日前予約」「120日前予約」という早期予約プランもあり、こちらは通常料金より20%から40%は安くなってかなりお得に!ただし、予約した瞬間からキャンセル料が全額発生してしまいますので、確実にその日に宿泊できる人でないとかなりのリスクを伴います。

旅行代理店を使う

じゃらんやJTB、一休.comなどの旅行代理店で、格安プランを探してみるという手もあります。独自のポイント還元のあるサイトなどもあるので、特にお値段の高い星のやの予約の場合は有効に使える場合もあります。

星のや竹富島の予約はじゃらんが有利

竹富島まで行くとなると、現地までの交通手段が気になるところですよね。
宿泊施設だけではなく、航空券付きのプランを予約しておくと安心ですし、料金も割安になっています。星のや竹富島への航空券付きプランは唯一じゃらんが扱っていますので、こちらがオススメになります。

▼じゃらんの星のや竹富島予約ページはこちら▼
星のや竹富島

いかがでしたか

極上の癒やしを体験できるラグジュアリーリゾート「星のや」の魅力はまだまだ語り尽くせませんが、たまには普段の生活を忘れてこんな優雅な時間を過ごしてみたいものですね。
機会があったらぜひいつも頑張っている自分へのご褒美として思う存分「圧倒的な非日常」に包まれて心に栄養を与えてきてくださいね。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事