776 VIEW

「緊急」お家ですぐにできる洋服のシミ抜きと洗濯のヒント

気がついたときには既についているのがシミ。お気に入りの服ほどよく着るのでその災難に見舞われがちです。でもきちんとシミ抜き方をわかっていれば長く大事に衣類を着られますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月11日更新

シミを落とす

あ!と思った時にはすでに手遅れ。でもちょっと待って。シミによって対処法が違いますよ!焦る前に勉強しましょう。勉強するのも面倒だから、とそのまま見なかったことにするのはもってのほか、大惨事になりますよ!ちょっとのシミだったはずが、虫食いになっていたり、落ちないシミになってしまったり。せっかくのお気に入りの洋服もせっかくしまっても、シミ付きではサヨナラを言っているのと同じことになってしまいます!コツをつかめばシミもお家で落とせますよ。

quote
服につく汚れには、さまざまな種類・性質があります。お醤油やコーヒー、ワイン、汗などは水溶性で、ドレッシングやマヨネーズ、皮脂、口紅やファンデーションなどは油性です。血液や乳製品などはたんぱく系の汚れです。洗濯は小さな科学と思って、汚れの性質や成分に合った洗濯方法を知り、実践すれば、汚れ落としはぐんと楽になり、ダメージも最低限に抑えられて長持ちします。

その「シミ」は水溶性か油性かを見極める

皮脂や化粧品、マヨネーズなどの油性の汚れはついたらすぐ取り除く

quote
手順1:油分をつまみ取る
ティッシュなどで油分を「つまみ」取ります。
この時に、ゴシゴシは絶対はしないで下さい。
あくまで全て取れるわけではないので
つまむ程度にして下さい。
それでも、この手順が早ければ早いほど染み抜きがしやすくなります。
quote
手順2:洗剤と歯ブラシで叩き移し
白いタオルを敷いて、シミの部分を被せます。
そして、台所洗剤など中性洗剤を歯ブラシの先に原液で付けて
シミの部分を叩き、タオルに移していきます。

*この時、シルクなど傷みやすい素材の衣類は
この手順の前にベンジンを使ってみて下さい。

*また、この時に染みの外側から真ん中に向かって叩いていけば、
輪染みにならずにすみます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事