10317 VIEW

編集部が選ぶ女を磨くオススメ本10選

人生の中で出会う、素敵で大人な女性たち。自分もこんな風になれたら、って憧れますよね。この秋、理想の女性になるためにオススメな女磨きに役立つ本をご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年9月21日更新

こんな素敵な女性になりたい

大人の女性になるためには

自分の周りにいる素敵な女性たちに憧れて、自分もこんな風になりたい、こんな風に振る舞いたい、って刺激を受けることってありますよね。大人の女性らしい魅力あふれる女性って、ただそれだけでとても美しいものです。
でも「大人の女性」と一口に言っても、それはどんな人なんでしょうか。

品のある落ち着きのある女性

大人の女性、と言って、誰もが思い浮かべるのが、品があり、マナーをわきまえ、人に対する細やかな心遣いのできる、そんな年齢と豊かな経験に裏打ちされた落ち着きのある女性像なのではないでしょうか。
いったいどうすれば、そんな風に美しく振る舞える上品さを身につけることができるのでしょうか。

日々の中のひとつひとつが品を作っていく

品の良さというのは、一朝一夕に身につくものではありません。
毎日の暮らしの中で、丁寧に積み上げていく生き方や経験が、一歩ずつ大人の女性へと成長させていくものです。
自分を大切にしていくことが人を自然に大切にしていくことにも繋がり、そうした人たちが、素敵な女性と呼ばれるようになるんですね。

社会人として正しいマナーや言葉遣いを身につけること、内面を磨くことはもちろん、大人らしい身だしなみやファッションも大切な要素です。
理想の大人の女性になるために、これから心がけていきたいことを様々な切り口から学べる、良質なオススメ本をご紹介いたします。

大人としてのマナーや言葉遣いを学べる本

「話し方のマナーとコツ」杉山 美奈子

社会人として、話し方の基本がなっていない人は、やっぱり大人として信頼がおけない印象になりがちです。日常の中でよくある局面で、ちょっとした言葉遣いに心を配るだけで、相手に与える印象は随分と違ってきます。
こちらの本は、イラストがふんだんに使われていてとても読みやすく、実際に使いやすいと評判です。
間違えやすい敬語や丁寧語なども正していくと、大人な女性の会話が身につきますよ。

「図解 マナー以前の社会人常識」岩下 宣子

今更聞けない、食事や贈り物の作法やビジネスでも役立つマナーなど、初歩の初歩が丁寧に解説された一冊です。
ある程度経験を積んだ方には既に常識でも、人生の局面に必ず登場する慶弔時のマナーなどは、改めて誰かが基礎から教えてくれるということも少なく、そういった場面に遭遇して初めて困るということもあることでしょう。この本は、大人としてこれだけは押さえておきたい、というポイントを、わかりやすい文章で伝えてくれています。
最低限知っておきたい常識はきちんと把握して、大人の女性らしいスマートな振る舞いをしたいものですね。

女性らしい身だしなみを整える

「何を着るかで人生は変わる」しぎはらひろ子

ファッションについて、流行の服やコーディネートの方法は雑誌などでわかっても、肝心の「自分が何を着たらいいか」という点がわからない、ということ、よくありますよね。そんなお悩みを抱えた方へ向けた、服の「捨て方、買い方、揃え方」のレクチャー本です。
どんなファッションを身につけるのかによって、その人の内面性まで透けて見えてきます。自分に合った服の見極め方を具体的に知りたい方は、一読の価値ありです。

「毎朝、自分の顔が好きになる」内田裕士

従来の「自分の欠点を隠す」メイク本とは一線を画したメイク本です。自分の顔の魅力を知り、その生来の魅力をどんどん引き伸ばしていくためのメイク、という考え方で、女性を美に対する自己否定の呪縛から解き放つコンセプトが新鮮です。
誰かのマネをしてそれに近づくのではなく、元々持っている自分の魅力に気づいて活かそうとしていくことで、人生も前向きになり、人間性にもそれは反映されていきそうですね。

「女の運命は髪で変わる」佐藤友美

女性が自分を美しく見せようとする時、ファッションやメイクをまず変えて、髪はその次、という方も多いかと思います。ですが、この本で言われているのは「女性の印象は髪で決まる」ということ。
理想の自分に近づけるためには、まずなりたい自分のイメージを決めて、なりたい髪型にすること、それが「美人」への第一歩だとするこの著書は、髪で性格から運命まで変わると言っています。
手っ取り早く確実に結果を出していくには、まず髪からというのは実践しやすく説得力があります。

雰囲気美人になる

「美人なしぐさ」中井 信之

世の中には、特に美しい造形を持つわけではなくとも、美しい雰囲気を醸し出している方がいらっしゃいますよね。そんな雰囲気美人になるためには、見た目を変えることよりもまず、日常の「しぐさ」に気を配ることが大事だと言います。
こちらの本では、日常のしぐさからビジネスシーンや恋愛での場面での美しい歩き方、表情、姿勢など、ちょっと気をつけるだけでもきれいな印象に見せるやり方を、豊富なイラストでわかりやすく解説されています。
大人の女性らしい美しい雰囲気を身に着けたい方は必見です。

ライフスタイルを見直す

「結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。 」松本 千登世

美容ジャーナリストとして活躍される著者が、美しさの本質について83のストーリーにまとめあげた本作。
実際に素敵な女性たちを取材した上で記された内容は参考になり、ゆっくり自分らしく丁寧に綺麗を重ねていくということを実践していく、そんな後押しをしてくれます。
女性として知っておきたい、身につけておきたいことがわかり、ライフスタイルを見直すことで人の心を動かせるようなきらめきのある女性へとなっていけます。

女性らしい内面も磨きたい

「1週間で美人に魅せる女(わたし)の磨き方」ワタナベ 薫

「女性はみんなダイヤモンド。」と記された帯の一文が印象的なこちらの本。
"美"をテーマにブログや書籍を中心に発信を続けていらっしゃるワタナベ薫さんの女磨きの本です。女性の美しさは容姿だけでなく、内面的な美しさや仕草など、様々な要素から作り出される、それはひとつひとつのカットから全体のキラキラした輝きを放つようになるダイヤモンドのようなものとされ、自分を大切に楽しく生きていく方法を、女性らしいわかりやすい文章で教えてくれています。
女性らしい美しい在り方を追求するための自己啓発本として、一冊手元に置いておきたい本です。

「TREASURE YOURSELF(トレジャーユアセルフ)」ミランダ・カー

世界中の誰もが知るトップモデル、ミランダ・カーの著書です。
内容は、人気モデルならではのファッションやメイク、ボディケアなどのハウツー本か私生活本なのかと思いきや、全くそんな内容は載っておらず、ミランダ流生き方のメソッドがミランダ自身の言葉で綴られています。
ミランダがなぜあんなにも魅力的なのか、どうすれば自信を持ち自分らしい心の在り方を保って前向きに生きていけるのか、読むだけでも彼女のような素敵な女性になれそうで、元気と希望をもらえる一冊です。

年を重ねるごとに美しくなりたい

「いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法」カツア・ワタナベ

大人らしい美しさを追求していく上で、必ず立ちはだかるのが老いの壁。だから、アンチエイジングは多くの人にとっての関心事項になっていますよね。
この本では、ニューヨークの美と健康のスタイリストであり世界を舞台に活躍する著者が、加齢を恐れるアンチエイジングならぬ、自信を持って歳を重ねるアクティブエイジングという考え方に気づかせてくれ、「美」「健康」「長寿」3つのキーワードを元に、年を重ねるごとに自分らしく美しく生きていく在り方について丁寧に、そして科学的な理論に基づいて教えてくれます。ただの精神論だけではありません。

自分磨きに遅すぎるということはないし、どう生きるかも全て自分次第。
どんどん美しく楽しく生きていくために、今日から実践したい情報が詰まっていますよ。

いかがでしたか

大人らしい魅力的な雰囲気のある女性になるためのヒントを教えてくれる10冊の本をご紹介いたしました。
やっぱり素敵オーラを放っている美人は、自分を大切に丁寧に扱って生きているし、それが言葉遣いや普段の身だしなみ、立ち居振る舞いなどにも表れているんだなぁ、と参考になります。
みなさんも、秋の夜長、ぜひ本など読んで自分磨きに励んでみてくださいね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事