大注目!ベビーオイルで可愛くなる20の活用方法

ベビーオイルは決してベビーだけのものではありません。大人がキレイ・可愛くなれる使い方が、覚えきれない程あるのです!今日はそんな20の活用方法を一気に紹介しちゃいます。どれもすぐに試したくなるものばかり。コンプリートする頃には可愛さがUPしているかも!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年9月21日更新

1.パウダー系コスメが大変身

フェイス編

アイシャドウやチークにベビーオイルを少量混ぜて使ってみて下さい。
いつもより発色がUPし、濡れた感じに仕上がります。
オイル成分により肌の上でスルスルと良く伸び、肌への密着度も実感出来るはず。
また乾燥する季節には、オイルに含まれる保湿成分が目元や頬をしっとりさせてくれますよ。

2.クレンジングオイルとして

ベビーオイルの保湿性はホホバオイルの3倍、オリーブオイルの4.8倍近くもあります。だから潤いを残したままメイクを落とせる「クレンジングオイル」にはうってつけ。
以下の手順をおすすめします。

・蒸しタオルで顔の毛穴を十分に開かせる
・ベビーオイルで円を描くように優しくマッサージ
・コットンかティッシュで余分なオイルを優しく拭き取る
  ア)ダブル洗顔→十分にすすぐ
  イ)蒸しタオルで拭き取る

※季節や年齢に応じて(ア)(イ)を使い分けて下さい。
※コットンやリムーバーシートにオイルを馴染ませておいた「リムーバーシート」を常備しておくのもおすすめ。

3.洗顔料にプラスして

洗顔は汚れと一緒に必要な油分まで取り去ってしまいがち。
そこで普段使っている洗顔料に、ベビーオイルを1~2滴混ぜてみましょう。
泡立ちが落ちるどころか、モチモチでしっかりした泡に。その泡で包み込むように顔を洗えば、洗い上がりは驚くほどしっとり。
この技はボディソープにも使えますよ。

4.フェイスマッサージにも

フェイス用のマッサージオイル、わざわざ買っていませんか?家にあるベビーオイルで十分なのに、もったいない!
サラサラとしたテクスチャーで滑りがよく、肌を無理に引っ張ってしまったり、摩擦を与えたりする心配がありません。
微香性のベビーオイルを使えば、香りも一緒に楽しめますね。

バスタイム編

5.バスオイルとして

入浴後のお肌の乾燥が気になる方は、バスタブにベビーオイル数滴と入浴剤を入れたバスオイルを試してみて。
肌に薄い油膜ができて乾燥を防いでくれます。
ベビーオイル+お好きなアロマオイルもおすすめです。

6.ボディクリーム代わりに

入浴後のボディクリーム代わりに使うなら、タオルで体を拭く前にオイルを塗り込むのがポイント。
ベトベトになり過ぎるのを防ぎ、水分と油分のちょうどいいバランスを保ってくれます。

ヘアケア編

7.シャンプー前のお手入れにには

シャンプー前に“頭皮”につけてマッサージすると、頭皮だけではなく、毛穴につまった汚れも浮き上がらせてくれます。
その為シャンプーで汚れをきちんと落とす事ができ、コンディショナーやトリートメントの吸収がより良くなるのです。

8.シャンプーにもプラスして

シャンプーの時、髪がキシキシすることありませんか?それは髪に必要な油分まで奪われてしまっているから。
そんな時には洗顔料やボディソープ同様、シャンプーにもベビーオイルを混ぜてみましょう。髪を保護しながら優しく洗う事ができます。洗い上がりもしっとりなめらかに。

9.洗い流さないトリートメントとして

お風呂上がりのドライヤーの前後に
(前)濡れて痛みやすい髪をドライヤーの熱から守ってくれます。
(後)ドライヤーの熱でほんのり温まっている髪に、再度ベビーオイルを。翌朝のつやとまとまりに、はっきりと差が出ます。

10.朝のひと手間で1日ハッピーに

朝のドライヤーの前後に髪に馴染ませます。(付け過ぎるとウェットな感じになってしまうので気をつけて)

(前)うねりを抑えてくれて、髪に艶が出ます。
(後)巻き髪をした後に少量のベビーオイルで、巻き髪が落ちづらくなります。また日中に巻く直す時も髪を保護してくれて上手くまとまります。

11.自分の好きな香りのヘアコロンが作れる

普段使っているコロンと同じ香りのヘアコロンがあれば、香りどうしが混ざらなくていいんだけどなぁ、と思う事はありませんか?ならば作ってしまいましょう。

水+好きな香りのコロン1滴+ベビーオイル2~3滴で出来上がり。
香りを際立たせるために、ベビーオイルは無香料のものをおすすめします。

12.セクシーな“濡れ髪”スタイリングにも

今季注目の濡れ髪は、ベビーオイルで簡単に作れます。
朝のスタイリング剤として多めに馴染ませるだけ。ごわついたり固まったりせずに、やわらかい濡れ髪に仕上がります。

13.オシャレ女子の必需品に

外出中に髪が湿気で広がったり、静電気で髪がユラユラ…そんな非常事態にもベビーオイルは強い味方。オイル数滴を手にとって、髪にまんべんなく馴染ませれば、ほらもう大丈夫!
これからはハンカチやスマートフォン同様、ベビーオイルも外出時の必需品に加えてみては?

スペシャルケア編

14.ひじ・ひざ・かかとのスペシャルケアに

サラサラしたオイルが、ヒビ割れの奥の奥まで入り込み、保湿→油分でフタをしてくれます。
かかとにはたっぷり塗り込んだあと靴下を履いて寝ると、翌朝にはしっとりなめらかに。

15.鼻の角栓の除去にも

毎日クレンジングしていても、鼻の角栓はたまってしまいますよね。そんな時こそ、このスペシャルケアを!

洗顔→化粧水で保湿をしたら、ベビーオイルをたっぷり含ませた綿棒で、気になる部分を気長にコロコロして下さい。
毛穴がキレイになったら、余分な油分をコットン等で優しく拭き取ります。

やり過ぎはお肌に負担をかけてしまいますので、週に1~2回に留めて下さいね。

16.耳・鼻の中・おへそのお手入れに

皮膚や粘膜の老廃物を無理に掻き出すと、傷つけたりバイ菌が入ってしまう恐れがあります。そんな箇所のお手入れにはベビーオイルを上手に使いましょう。オイルを含ませた綿棒で優しくお掃除。オイルでふやけた老廃物が綿棒に絡まって、スルン!と出てきてくれます。その後の乾燥も防止できて一石二鳥です。

17.プレシェーブオイルとして

シェービングの際、洗顔料やボディソープの泡で剃っていませんか?シェーバーをスムーズに滑らす事は出来ますが、油分が奪われてしまうために肌にとってはダメージです。

ベビーオイルを泡の代わりに使ってみて下さい。シェービング後の肌のしっとり感が全然違うのが分かると思います。
ベタつきが気になる場合は、最後に泡で軽く洗って下さい。

18.プレハンドクリームとして

ハンドクリームといえば水仕事の「後」に塗るイメージですが、「前」に塗る使い方があるんです。

ベビーオイルをたっぷり両手の平に馴染ませたら、一度余分な油分をティッシュオフ。その後は普通に水仕事をします。

しばらくして気付くと、程よく残ったオイルでしっとり・ツヤツヤ。作業しづらいゴム手袋をしたり、水仕事の後あわててハンドクリームを塗る必要がなくなりますよ。

19.マニキュアするときに爪周りを保護

セルフネイルって難しいですよね。特に濃い色を利き手ではない方の手で塗る場合、どんなに慎重にしてもはみ出してしまってガッカリ。その後の修正が面倒です。

でも、マニキュア前に爪の周辺にベビーオイルを塗れば問題解決です!
オイルの力ではみ出した部分をキレイにオフできます。
綿棒を使って塗れば簡単ですよ。

20.衣服の摩擦による黒ずみに

インナーを着ずに、素肌と衣服がこすれて出来る黒ずみに悩んでいる方、多いですよね。
女性はブラジャーの肩ひもがあたる部分も要注意。
長年摩擦を受け続けて、ふと見たら肩ひものライン通りに黒ずみが…なんてことも。
気になる黒ずみをなんとかしたい…そんな悩みにもベビーオイルは重宝します。

大切なのは肌への刺激をなくすこと。
そのためには摩擦を減らして乾燥を防がねばなりません。
オイル成分が摩擦をガードし、保湿効果により肌を乾燥から守ってくれるベビーオイルなら、黒ずみの改善を手助けしてくれますよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事