2063 VIEW

ポスターも壁も傷つけない!意外なポスターの張り方

お部屋のデコレーションとしてポスターや、写真を壁に貼っている人は多いと思います。賃貸だと壁はなるべく綺麗にしておきたいですし、ポスターや写真自体へのダメージはなるべく避けたいものです。
実践できる様々なアイデアがありましたので、ぜひ参考にしてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年9月16日更新

王道!ひっつき虫

小さな粘着剤を必要な量だけ使うタイプ。ポスターだけでなく、小物の固定にも便利です。量も形も自由自在なので小さなものから、大きなものまで貼れます!

このようにポスターの端につけて使います。

はがせる両面テープ

ケースも付いていて10m入り。室内の平面のみの利用ですが、これなら思う存分ポスターが貼れそうです。金属、プラスチック面には綺麗に貼れるようです。工作などにもオススメなくらいなので、壁紙には強力すぎるかもしれませんので説明をしっかり読んでください。

ブルタック

粘着ラバーです。凹凸のある面でもしっかり働いてくれるのは優れものです。繰り返し使えるのは嬉しいですね。カレンダーなど、毎月変えるものなどにもオススメですね。

ニンジャピン

通常は画鋲の場合は丸く穴が空くので壁の跡が気になりました。このピンはL字のピンにしたことにより、より穴が目立ちません。

この半透明のヘッドがオシャレでかわいい。ちょっと長めのヘッドだから、キーホルダーや、アクセサリーをかけたり、そんな用途に使うのにも便利そうです。

比べると、差は歴然!丸かったから目立っていたんですね〜!ものの発想によって同じ形でもこうも変わるものなのですね。L字なだけで、ここまで見えません!粘着シールなどではなく、どうしても画鋲タイプの方が使いたい時は、とても便利です!

リピタック

貼ってはがせる粘着タイプのものです。埃がついても水で洗えば何度も使えるのは、経済的です。移動もするけれど、固定もしたいものに便利ですね。

クリアタイプなので、ガラス面への接着や、ラミネート加工したものを壁に接着する際に穴があかず、目立たないのは利点です。

粘着グミ ペタッツ

なんと400個も入っています。たくさんのポスターを貼ったり、小さいぽすたカードを何枚も貼りたいときなど、数がたくさんあるのは嬉しいですね。

ちょっとしたメモを貼るのにも、この大容量ならセロテープ代わりに使っても便利そうです。

3M コマンド タブ(はがせる両面粘着)

長細いタイプなら、大きなポスターもめくり上がらずに貼れそうです。

3M コマンド タブ(はがせる両面粘着)

フックもかけられるのでかなり強力ですね。

3M スコッチ 掲示用テープ ガラス用ロール

テープタイプだと、自分の必要なサイズに切れるのが便利です。なんとなく接着に不安なときでも、何個も使うのではなく、長いテープを貼る方が美しく見えますね。

ガラス面へ外向きにポスターを貼る場合など、目立たずに、普通の両面テープよりも貼ってはがすのが楽なのは便利です。普通の両面テープだと、貼り跡が無残ですよね。

ポスターガム レロ

他にもこんなタイプも。

ワッポン

なんでもつく!といううたい文句はなんとも心強いです。

ステープラーを使って壁に貼る

ステープラーなら、すっきりとした見た目に貼れます。ただ、壁の素材によっては刺さりませんのでまずはテストすることが大事です。

マスキングテープで額縁風に

今や壁にマスキンブテープを貼ってデコレーションするのはおなじみ。同じ大きさに揃えた写真を切り抜きをカラフルに貼るとこんなにおしゃれになりますよ。

マスキングテープも使い方次第でこんなスタイリッシュに

テープだからこそフレキシブルに形を作れますよね。その利点を生かして重ねたり、図形を描いてポスターやポストカードにあったオリジナルデザインで飾れます。

フレームに入れる

フレームに入れるのはちょっと値が張りますが、傷も付かず、アートとして成り立ちます。逆の発想で、あえて子供の絵を素敵な額縁に入れれば、大作に見えますよ!

プロフィール画像

御坂(能面系)祝SRXアニメ化 @motksmsk_srx

部屋を片付けたのでやっとポスターが貼れました〜 画鋲刺してるけど、面で抑えてるだけでポスターには穴を開けない

2016.09.12 00:19

これはお手軽。壁には穴は開きますが、ポスターには刺さないので傷がつきませんね。
プロフィール画像

あっくん㌠ @aritayaki2013

ポスターに穴を開けない技術

2016.09.08 23:10

クリップをマスキングテープで止めて固定すれば、穴あけ必要なしですね。

折り返したマスキングテープをポスターの裏に貼り付ける

シンプルながら賢い方法です。お金をかけず、あるもので大切なポスターをいつも見えるところに貼っておけます。

こんなおしゃれなかけ方も。

フォトフレームでなくても、タペストリーのように壁に飾れます。

クリップを使えば差し替え簡単

クリップボードを使えば、差し替えが簡単な上にこんなにおしゃれ。スケジュールや、アイデアメモやtodoリストなどもアートに見えちゃいますね。

スカートハンガーだって素敵な演出

素材を選べば、こんなに素敵に見えちゃうんですね。元々布を傷つけないようにラバーが貼ってあるものなどもあるので、ポスターや写真のダメージも少ないはずです。壁にはるバランスやポスターの大きさを調整すれば、ギャラリーコーナーの出来上がりです。

クリップとピンの両使い

こちらもポスターには穴があきません。クリップを使って目立たせることで、逆にメタルのクリップがいい味を出してカッコよく見えます。

ウッドクリップで挟む

あらかじめウッドクリップに画鋲をつけてしまえば、挟むだけなのでポスターは傷つきません。カントリーやナチュラルな雰囲気の部屋ならこれもいいですね。可愛いティータオルやタペストリーも同じ方法でいけそうです!

掛け軸のように

DIYが得意であれば、こんな掛け軸風な飾り方はいかがでしょう。一度作ってしまえば、粘着テープなどを上手く利用して何度も使えますね。

ピクチャーレールがあれば、なお良し

もしピクチャーレールがあるのであれば、そこから紐を使って、クリップで止めればこんな感じですっきりと見せられます。上から降りてくるヒモの直線的なラインがすっきりと見せてくれます。

ピンと磁石でポスターに傷なくすっきりと

磁石のつく画鋲と、強力なミニマグネットを使えば、ポスターに傷をつけずに飾れますね。

自家製ピクチャーレールで絵の入れ替えを自由に

何度も貼ったりはがしたりするのでれば、いっその事戦勝の場所を作ってしまいましょう。紐を渡してクリップを通しておけば、サイズや数に合わせてかける場所を変えたりして飾れます。子供の成長が見て取れるのはいいですね。

子供でも安全に「自分ミュージアム」ができちゃいます

貼ったりはがしたりも自分でしたい!自分のお気に入りをみんなに見て欲しい!そんな子供の思いも、こんなフレームならかなっちゃいますよ。
大きめなフレームを用意して、中に紐とクリップを渡すだけ。あとは、子供達が自分の大事なものを頑張って飾ってくれます!

差し替え楽チンフォトフレーム

ほとんどのフォトフレームは裏から差し替えますが、
このフレームは横から入れ替えられます!
これなら子供はもちろん、カレンダーや、その日の気分によって紙芝居のように簡単に傷もつけずに差し替えられますね!

一番シンプルな壁もポスターも傷つけない方法!

フレームに入れて、床置きすれば、どこも傷つきません!しかも結構おしゃれに見えますよ。幾つもサイズ違いなど、重ねて置いてあってもクールな見た目になりそうです。

フォトフレームに入れたり、画鋲で貼るだけではないポスターの貼り方はたくさんありました。壁にもポスターにも優しい、快適なお気に入りのポスターとの生活を始めてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事