これで決まり!押入れやクローゼットを便利に使う収納方法

押入れやクローゼット、もっと有効に活用し尽くしたい!!
デッドスペースも、ありがちなゴチャゴチャも解消しちゃう効果的な収納アイデアをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年8月25日更新

憧れのスッキリ押入れ収納

押入れ収納をもっと効率化したい!

すっきり綺麗に整理整頓された押入れ収納。
こんなに片付いてると、物がどこに入っているのかもわかりやすくて、とても使いやすそうですよね!

溢れる物に衣服の山・・・

押入れは、家の収納でも大きなスペースを占め、中に収納するアイテムも、布団や季節家電のような大型のものから、普段使いの掃除道具や衣類まで、各ご家庭によっても種類が多岐にわたり、中に仕切りがないことからも、なかなか使いやすく活用することが難しい場所になっています。
自分なりの収納システムをきちんと作っておかないと、どんどん物を入れていくうちに、ついには中から溢れでてきてしまう事態に・・・!

押入れ収納アイテムを活用する!

専用のものはやっぱり使いやすい!

まずは市販の押入れ収納、クローゼット収納用アイテムを活用してみましょう!
サイズも一般的な押入れ、クローゼットに合うように様々なサイズが作られていることが多いので、これを入れるだけで見違えるようにすっきり使いやすくなる、という事例もたくさんあります。

「Fits」の収納ケース

押入れ収納、クローゼット収納といえばコレ!というド定番、「フィッツケース」です。
サイズバリエーションも豊富で、自宅の押入れやクローゼットにぴったりハマるサイズがきっと見つかるはず。丈夫な作りで上に積み重ねることもできます。
長年のロングセラーだから、何年かして買い足したくなった時にもすぐに同じサイズが手に入りそうなのも安心ですね。

こちらの方はオムツ替えグッズを収納して便利に使われているようです。
何かと忙しい子育て時期に、何も考えずに綺麗に収納できるこんなケースはとてもお役立ちですよ。

無印の収納ケース

定番の収納ケースと言えば、無印良品のポリプロピレン収納ケース(PPケース)もそのシンプルな使いやすさから外せません。
普段は扉は閉めっぱなしだとしても、開けたときにすっきりと美しさを感じられる収納はやっぱり片付けのテンションをキープさせてくれます。

収納ボックスだけでもこんなに機能的に!

無印のPPケースを積み重ねることで、機能美溢れる引き出し収納ゾーンに!
中身が見えないように、白い画用紙を見える面に入れて目隠しされているので、よりすっきりして見えますね。

コの字型収納でスペースを区切る!

とにかくだだっ広い押入れのスペースは、そのままだとダメ!積極的に区切っていかないと、無駄が大きくなります。
押入れ用のコの字型の収納ラックを設置すれば、上に布団、下には衣類など、機能的な収納が可能になり、デッドスペースが解消されます。

ちなみにこちらの例は実は押入れ専用収納ラックではなく、コタツを入れることで同じ効果を生み出されていらっしゃいます。冬物をこのゾーンにまとめることで、効率的な季節収納が実現できます。

下段にはキャスター付き収納が便利

押入れの下段に入れる収納は、このようなキャスター付きにしておくと、奥のものも取り出しやすく、また掃除もしやすくなり衛生面も保たれます。

クローゼット上段は箱収納で活用

高いところにあって、普段の取り出しがたいへんなことの多い上段収納。
セリアのPlentyBoxなどの箱収納で、季節ものなどを収納するスペースとして活用すれば、こんなにすっきり片付きます。

無印のファイルボックスも使える

無印良品のポリプロピレンファイルボックス。
クローゼットの上段に入れても取り出しやすく、小物すっきり分類収納できる優れものアイテムです。
こちらの方は、主にバッグ類をひとつずつ収納するのに使われているそうです。
見た目もお洒落なので、無印良品週間にまとめ買いして活用される方も多いようですよ。

中にカラーボックスを入れてみる

カラーボックスで押入れ内の空間を分割する

広すぎて使いづらい押入れの空間は、カラーボックスを入れることで使い勝手が抜群にアップします!

縦に入れたり横に入れたり

スペースや用途に合わせて、縦横、方向を変えて使われています。
上段手前の空いたスペースにパソコンを置けば、ちょっとしたデスクスペースとしても使えて便利です。

クローゼットの上段で本棚として使用

学校時代の思い出のノートやファイル類などを仕舞うための本棚として活用されている例です。
普段使いでない書類などは、デッドスペースになりがちな上段をうまく利用するといいですね。

横置きしたカラーボックスを更に分割

カラーボックスのスペースも、分割することで更に使いやすくすることができます。
こちらは、押入れ上段左側にカラーボックスを横に2つ積み重ねて入れ、ボックスの中にベニヤ板と棒を使って棚を作られています。
セリアのボックスで引き出しにされているそうで、とても機能的で使いやすそうです。

カラーボックスで移動式本棚

カラーボックスを横にして、取っ手とローラーを付けることで移動式の本棚にされたDIY作品です。
これは使い勝手もよさそうで、普段は中身が見えないようにできるのもいいですね!

押入れやクローゼットのデッドスペース解消術

つっぱり棒を活用する

押入れ側面のデッドスペースをつっぱり棒で有効活用!
100均にもある突っ張り棒を渡して、S字フックをかければ、こんな風にバッグを収納することも。

ワイヤーネットでデッドスペース解消

ワイヤーネットも100均で便利に使えるアイテムですね。
こちらもこんな風に、クローゼットの扉や内側で活用することで、新しい収納スペースを生み出すことを可能にします。
細々したものをまとめておくことも簡単だし、お子さんでも楽に片付けできそうですよね。

クローゼット側面にアクセサリー収納

こちらも100均でデッドスペース解消アイデアです。
セリアの木材を画鋲で留めただけで作られたというこちらのアクセサリー収納。
見て楽しいディスプレイにもなっていて、洋服と一緒にアクセサリーも選べるのがいいですよね。

ペグボードで扉裏収納

クローゼットの扉裏などに、ペグボードを付けてみるのもお洒落で便利です。
ペグボードの穴を使って、フックや棚など自由自在に配置できるので、収納場所が大きく増えますよ。

動線が考えぬかれた衣類収納

取り込んだ洗濯物がすぐにしまえる!

こちらは、生活動線に合わせて考えぬかれた衣類収納となっている押入れです。
襖は完全に取り払い、使い勝手を優先してオープン収納とされています。
右側がお子さんの、左側が大人の衣類を収納できるようになっていて、突っ張りポールハンガーなどを使い、システマチックに作りこまれています。
ハンガーの色を大人と子どもで黒白に分けて、瞬時に片付けできるよう工夫もされていて、随所に参考にしてみたいポイントがあふれています。

布団の収納

圧縮袋収納

まずはオーソドックスに圧縮袋収納です。
ボリュームのある冬布団が簡単に板状にまでなるので、手軽で便利ですよね。

専用の収納袋で分類整理

ポンポンとそのまま畳んでしまうだけだと、次に使う時に欲しいアイテムが一番下になっていたり、探しにくかったりして困ることありますよね。
こちらの方は、敷布団以外のアイテムを、IKEAのSKUBB(中サイズ)で、家族別、種類別に分類収納されています。すっきり綺麗に収納されていて、見ていてとても気持ちがいいですね!
セリアの荷札を使って作られているラベリングも、お洒落で参考になります。

くるくる巻いて天袋に収納

かさばる布団はくるくる巻いてしまうとコンパクトに!
こちらは季節外れの冬布団を巻いてから、天袋に収納されています。
取り出しやすさもオススメのポイントですよ。

すのこ棚を作る

湿気のこもりがちな押入れやクローゼット。
中にすのこをいれて通気性を確保されている方も多いですよね。
そんなすのこを使って、棚も作ってしまうと、収納にも便利です。

すのこ棚+ナチュラルなカゴ収納

すのこで作った棚は、強度の面でそんなに重たいものは乗せられないので、軽いカゴ収納などと併用してみるのもいいですね。
見た目もナチュラルでお洒落です。

パズルのように組み合わせる

書類ケースや引き出しケースなどを組み合わせて、うまくはめ込んでいくのもやっていくうちに楽しくなりそうです。
こうすると、小物収納などにもとても便利そうですね!
ちなみに、すのこをはめ込んでいる側面の凹みのある板はホームセンターなどで手に入るそうですよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事