増えた子供のおもちゃを賢く収納するアイデア集

ちょっと油断すると増え続ける子供のおもちゃ。最初は箱一つで収まっていたはずなのに、いつの間にか大量に。「片付けなさい!」と怒る前に、子供が片付けやすい収納を考えてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.8.25 作成:2016.8.25

永遠に増え続けるおもちゃ

大きな容器で収納する

誕生日、クリスマス、おじいちゃんおばあちゃんからと、子供のおもちゃは永遠に増え続けます。なぜなら、年齢にあったおもちゃが年々変わるからなんです。去年まではこれで遊んでいたのにもう飽きてる、なんていうのは当たり前。ぬいぐるみだけだったはずが、ブロックができるようになったり、電車セット、着せ替え人形と細かなアイテムが増え、膨大な量に!
片付けなさい!と怒る前に、子供の成長に合わせて増やせる収納、子供が片付けやすい収納で、ママのストレスも減らしましょう♪

他にも使い道のある収納力のある容器を使うと、成長に合わせて変えやすいですね。
ついつい大人は細かいカテゴリーに合わせて収納したくなりますが、子供はそこまでできません。だったら、ざっくり種類別に入れられる容器が一番。小さいうちは男の子のおもちゃ、女の子のおもちゃくらいの分け方で。増えてきたら少しずつ細分化させていけば子供達もおもちゃが探しやすいですね。

初めから大きな窓付きバッグで

ブロックや着せ替えなどはどんどん買い足していくので、サイズの大きな袋を用意するのはどうでしょう。柔らかい布なら子供でも持ち運びもしやすいですし、最初のブロックに対してかなり大きめのバッグを作っておけば買い足しても収納容器は一緒。袋であれば、量に合わせて変化させやすいですよね。
子供が片付けやすいように見える窓をつけるちょっとした工夫を是非。
他のおもちゃ用に色違いでいくつもバッグを作ってみるのも良さそうですね。

ブロックの遊び場と収納が一つに

遊びたいときに広げて、終わったらマットを絞ってそのまま片付けられる!これは画期的ですね。ブロックはお部屋のいたるところに散らばりますから、これなら遊ぶ場所を「シートの上で遊んでね」と指示しやすいし、散らかっても、シートの上に集めなさい、と言うだけで済むので子供にも片付け方がわかりやすく、一緒に片付けもしやすい♪

まとめれば、こんなにコンパクトになります。

最初から片付けなくて済む収納にする

電車セットなどは「明日も遊ぶから壊さないで!」と涙ながらに訴えられることも。であれば、最初から壊さなくていい収納を作ってしまえばいいのです。ベッド下のスペースを活かして電車セット専用の収納を作ってしまいましょう。これなら笑顔でまた明日遊んでもいいよ。と言えそうですね。遊ぶ場所と収納が一緒であれば、片付ける時も短時間でスイスイできること間違いなし。

扉裏のデッドスペースを活用

ウォールポケットを使えば、こんなにたくさん収納できちゃいますよ。これなら100円ショップでも売っているし、子供も何がどこにあるのかよく見えて探しやすいですね。最初にウォールポケットを買うときに、今あるおもちゃよりも多く収納出来るポケットの数を買っておくと安心。

コレクションが一目でわかる

男の子はおもちゃを集めるのが好きですよね。マグネットを利用した収納なら片付けやすいし、何を持っているのか一目でわかります。赤いスポーツカーで遊びたい!と思ったらすぐ使えるのは、子供も大人も楽しく楽チンですね。増えたらまたバーを足せばいいだけなのも嬉しいポイント。

最初はディスプレイ、のちに収納

子供が小さいうちは余裕のある収納で、一部をディスプレイのように収納し、大きくなっておもちゃが増えてきたら収納ボックスを増しやしていくといいですね。カラーボックスや棚など同じ形の収納をいくつか揃えて収納に使うと、成長に合わせて組み替えたり買い足したりしやすいですね。
このくらい大きな棚であれば、将来は高く積み上げてパーテーションのように使ったり、本棚として使うこともできますよ。

男前インテリアでシンプルに見せる

かっこいい形のバケツだったら見えるように置いてあってもかっこいい!子供もポンポン入れて片付けられるのは楽々!ハンドルが付いているから、他の部屋へ持ち運ぶのも簡単です。

子供が大きくなっても使い続けられる収納は便利!

小さな子供の収納として、このスタイルのものはよく見ますよね。大きくなって遊ぶものが変わっても、こんな風にまだまだ収納として使えますよ。先まで考えて収納を選ぶと子供も大人も嬉しいですね。

収納にも、オットマンとしても

かっこいいブリキの容器にちょっとDIYを頑張って蓋をつければ、用途が二つある素敵な収納に。座れるし、収納にもなるのは優秀です!蓋を布で作れば、小さいお子さんでも開閉が楽チンで自分のおもちゃを探しやすいですよ。

コーナーの空間利用は真似したい!

子供達が選びやすく、しかも空間を上手く利用できて収納できるのは嬉しいですよね。よく見ると三角の布なのです。これならすぐに真似できそう!

ガーデニングのハンギングバスケット

天井からガーデニング用のハンギングバスケットを吊るせば、こんなにたくさんぬいぐるみが入っちゃいます。高いところに吊るすのであれば、どうしても捨てられない思い出のぬいぐるみなどをディスプレイを兼ねてしまうのにもいいですね。まるでぬいぐるみのシャンデリアのようです。

バスルームには水切りのいいバスケット

フルーツバスケットとして売られているメタルのカゴ。この収納力をおもちゃに活かしたら、水切りもしっかりできて片付けしやすい収納に。お風呂の後に子供も片付けやすいですね。こまごまとしたものもしっかり収まります。
お部屋の中でも空間のデッドスペースを収納として使うのに役に立ちそうです。

バスルームのポールを利用して

バスタブから手の届くところに収納すれば、片付けやすいし遊びやすいです。他のバス用品の収納と同じ容器に入っているからバスルームもスッキリ片付きます。

小さなおもちゃもサッと片付けられる

バスタブに引っ掛けられるか後であれば、子供と一緒に片付けもできますね。

重ねて増やせる収納を使う

どんどん増えるのであれば、どんどん増やせる収納にしましょう。シンプルな家のどこでも使えるようなバスケットを使えば、買い足しても、減らしても、無駄にならずに使い続けられますよね。初めに多めに買っておいて、他の場所でも使い、おもちゃが多くなってきたら集めてきて大きな収納に組み替える、なんてこともできますよ。

収納を増やしたくても同じデザインのものが売っていない時は

おもちゃは大人が思っているよりも、加速度的に、どんどん増えていきますよね。こんなにたくさんになると思わなかった。と思っているママも多いはず。これだけあればいいだろうと思っていた収納もいつの間にかいっぱいに。素敵なインテリアにしたいのに、同じ収納が揃わなかったらがっかりですよね。
そんな時は横のラインで収納ケースのデザインをそろえてみましょう。色合いを合わせればこの通り。素材や形の違う収納容器でもスッキリと棚に収まっています。

中が見えれば片付けも迷わない

子供が片付けができないのは、どこに何をしまっていいのかわからないからですよね。そんなことを迷っているうちに、子供達はまた遊び始めてしまったりするのです。こんな収納だったら、子供達も何をどこに入れればいいのか一目瞭然。遊びたいときもどこにあるのかわかるからサッと取り出して遊べます。

大人と違って、ラベルを書いても読めなかったり、どこに片付けるのかなかなか覚えられない子供達。それではうまく片付けられないわけです。大人が収納に工夫して、片付け上手な子供にしてあげましょう♪そうすれば、ママ達の笑顔ももっと増えますよ♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事