1138 VIEW

夏の節約術!エアコンつけっぱなしで電気代が安くなるってホント?

暑い夏。
エアコン無しでは、夜も眠れない、、、なんて日もありますよね。
だからといって、エアコンをつけっぱなしにすると、電気代がかさむのでは?と心配の方。必見★
今、SNSで話題の『つけっぱなしエアコン』について紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年8月17日更新

人だけでなく 一緒に住むペットも 暑さは苦手、、、

暑い日のエアコン 電気代が心配、、、

暑いからエアコンをつけっぱなしにしたい。だけど電気代が心配。。。

電気は こまめに切ると 電気代の節約になるという定説

節約、環境のために『家中の電気はこまめに切りましょう』というのが、今までの一般論でしたが、はたしてそれが本当に節約になっているのでしょうか?

エアコンは つけっぱなしの方がお得? の噂

プロフィール画像

@minami2290 @minami2290

何か変なの。これ本当かなぁ。 「エアコンはつけっぱなしが得」はホント? - ダイキンが検証実験 :@niftyニュース s.news.nifty.com/economy/econom…

2016.08.12 23:17

プロフィール画像

なるなる @YiXingnarunaru

わざわざつけっぱなしにしてるのに、ダンナにエアコン消されてた!俺はそれは違うと思うって言われても、とにかくやってみないとわからないじゃん!!

2016.08.12 23:05

プロフィール画像

とわのまる @z_c5j

RT @tatekawadansyu: 「エアコンはこまめにつけたり消したりするよりつけっぱなしのほうが電力を使わない」と聞いて、今年から実践している(かなりドキドキしながら)。結果、ここ一か月の電力使用量は前年同月と比べ10%減。節電になるし料金もお得だし部屋は涼しいし、一石…

2016.08.12 22:12

少しでも電気代が安くなるようにと考えると、本当にどちらが良いのか悩みますよね。
こまめに切ることが電気代の節約になるという定説に反した『つけっぱなしエアコン』が気になっている人も多く、すでに実践している人も見られました。

エアコンを使って電気代が上がる理由

たくさんエアコンを使う時期はやっぱり電気代が上がる?

エアコンを使う際、どのタイミングの電気使用量・電気代が一番多いのでしょう?

quote
エアコンがもっとも電力を消費するのは、スイッチを入れて設定した温度まで室温を冷やすとき。
quote
立ち上がりの初期運動に500W~1000W程度のエネルギーを使う。
その後、室温が設定温度に落ち着く約30分後には100W前後に抑えられるため、5分、10分程度の外出であれば、止めずに運転をしておいた方が節約になる。
quote
エアコン電気代(概算)

1時間目→約40円

2、3時間目→約15~10円

4時間目以降→約10円弱

※エアコンの新旧や条件によります
節約のためにとスイッチをこまめに切っても、夏場はすぐに室温が上がってしまい、またスイッチを入れ、部屋を冷やすための電気を、再度、使うことになります。
そのため、スイッチをこまめに切ることが、必ずしも節電になるとは言えないのです。

エアコンのつけっぱなし・こまめにオンオフの比較結果

【実践している方の電気代 結果】
プロフィール画像

fu- @fu6010

RT @koukaisisakurai: 【実験結果】 エアコンを24時間 つけっぱなしにしてみた。 左 つけっぱなし 右 つけたり消したり やばい。なんだこれ。

2016.08.12 23:08

プロフィール画像

あきしま @akishima221a

所で7月後半から、24時間エアコン30度設定稼働をしていますが、今日8月分電気使用量お知らせが来ていて、昨年同月比1日あたり8%減少でしたヽ(・∀・)ノ 残業過多やポケモンGOの要因もありそう?

2016.08.12 23:31

半信半疑で始めた方も、多かれ少なかれ、つけっぱなしの方が電気代が安くなっているようです。

節約できる エアコンのオススメ設定・使用方法

自動運転がベスト!

弱・微弱の方が電気代が安そうですが、部屋の温度を下げるのに時間がかかり、中途半端にずっと運転させることになります。その点自動運転なら、温度維持、風量調節もしてくれるので安心です。

設定温度を1度上げると 約10%の節電に♪

温度が上がった時と下がっときの差が、大きいほど、エアコンの電気代は増えます。設定温度を1度上げるだけで、その1度を下げるため電気代を節約できるのです。先程紹介したように、温度を急激に下げる時の運転が一番電気を使います。この1度の差でも、かなりの節約になるわけです。

それでも暑い時は 温度を下げずに 風量アップ★

温度を下げる時の電気使用料よりも、風量アップのほうが電気代はお得です。温度が変わっていなくても、風が当たれば、体感温度は下がります。熱い時は、初めから温度をを下げるのではなく、一度風量を調節してみてください。

扇風機の併用で 涼しい空気を循環させる★

扇風機を併用したら、扇風機の電気代が上がって意味が無いのではないか心配になりますよね。扇風機の電気代は、機種にもよりますが、35wの場合で約300円弱(一日10時間程度仕様の場合)。エアコンの運転開始時に、少し扇風機の力を使って部屋の温度を下げるお手伝いをする程度であれば、エアコンの電気代節約を考えればとってもお得なんです。

フィルター清掃で さらに節電効率アップ★

フィルターのお掃除は2週間に1度が目安。フィルターが汚れると、エアコンの機能も下がるので、いつもキレイにしておくのがオススメです♪

★結論★

エアコンは、大半が、こまめに消さずにつけっぱなしにするほうがお得になるようです。

ですが、エアコンの機種、部屋の状況で、うまく電気代が下がらなかったという例もあるようなので、あくまで参考例です。

古いエアコンをお使いの場合は、もともとの電気使用量がとても多いので、これを実践しても変わらない可能性が高いです。

そういった場合は、思い切ってエアコンを買い換えるのも、一つの選択肢でしょう。

エアコンを上手に使って電気代を節約しつつ、暑い夏を快適に過ごしましょう♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事