簡単DIY♡意外と知らない手作りシュシュの作り方とアイデア

ヘアアクセサリーで人気のシュシュ★
ヘアアレンジも簡単にできて、なによりとっても可愛いですよね♡
でも、買うと結構なお値段がすることも多々あります。。。
それなら自分で作ってみよう♪
シュシュの作り方にも色々ありますが、その中でも、お子様も作れるような簡単なレシピ、紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年8月5日更新

まとめるだけで とっても可愛くアレンジできるシュシュ♡

ヘアアクセサリーの定番 シュシュ♡

ゴムだけでまとめると、まとめたお団子が崩れてきたり、ヘアピンが必要だったり。シュシュなら、ボリュームのある布のおかげで、普通のゴムよりもしっかり髪がまとまり崩れ知らず★ゴムの結び目も見えないので、なんとなく手が込んでいるように見えるアレンジも簡単にできちゃいます♪

ポピュラーなシュシュの作り方

作り方・1.細長い筒状に縫い合わせます

中表に布を細長く折りたたみ、縫い代1cmで縫います。縫ったら、ひっくり返してアイロンをかけましょう。

作り方2.ゴムを通して結び 返し口をまつりましょう

ゴムの長さは、結ぶのに少し長めに用意して、結んだあとに短くカットします。

完成★

髪をお団子にまとめたりする時にとっても便利ですね♪

作り方1.細長い布を用意して 輪になるように縫い合わせます

1つ目のシュシュの作り方とは、合わせる辺が違います。短い辺同士を合わせて縫い合わせましょう。縫ったら、アイロンで縫い代を割ります。

作り方2.裏のまま縦に平らにおいて たたみます

1周縫うために、生地を折りたたんで準備します。平らに置いたら、上になっている布を中心でできるだけ細長くたたみ、下になっている布を半分に折って端を合わせます。つまり下の布で、上の布をくるむ形になります。

作り方3.半分に畳んだ下になっていた布を縫います

この時、中の畳み込んだ布を一緒に縫わないように気をつけます。できるだけ細長くたたんだのは、一緒に縫い込まないため。
縫いながら、細長く畳んでおいた中の布を、下から引出します。これを少しずつ繰り返すと、1周縫うことが出来ます。縫い終わりは、返し口を3cm程残して返し縫いをしておきましょう。

作り方4.返し口からひっくり返します

作り方5.中にゴムを入れて 返し口をまつりましょう

ゴムを通す際は、紐通し(ゴム通し)があると便利ですが、持っていない場合は、ヘアピンでも通すことが出来ます。

完成★

ひとつ目の作り方よりも、布の縫い合わせがキレイに仕上がります♪

布幅を細くしても可愛いです♡

布幅、布の長さで、同じ布でも雰囲気の違ったシュシュになります♪

レースで作ると とってもガーリー♡

幅広レースを使って作ることも出来ます。レースの場合はミシンで作るのがおすすめです。レースは模様自体に穴が開いているので、しっかり縫わないと布がよれてしまいます。もし手縫いで作る場合は、目を細かめに、もしくは半返し縫い等で作ると良いでしょう。

とってもCUTEな うさ耳シュシュ♡

定番のシュシュにリボンをつけると 可愛いうさ耳シュシュになります♡

シュシュとリボンは 共布がオススメ♪

定番シュシュを作ったら、同じ布でリボンを作りましょう。違う布で作っても可愛いですが、同じ布の方がうさ耳っぽくて可愛いです♪

シュシュの合わせ目の所に リボンを結びましょう

縫い目も隠せるのでぶきっちょさんでも大丈夫★シュシュ自体、クシュクシュしているので、全体的に縫い目は目立ちません。でも合わせ目は、どうしても柄がぶつかったりしてちょっと気になります。でも、そこにリボンを結べば全然気にならなくなりますよ♪

布用ボンドだけでも作れます★

こちらのシュシュは、縫わずに、ボンドだけで出来ています。針を持たなくて良いので安全!お子様と一緒に作ることも出来ますね♪

100均のバンダナで作ると 夏っぽくて可愛い♡

100均のバンダナは50cm四方くらいなので、本体分と、うさ耳分両方とることが出来ます。100円で出来るなんて嬉しいですね♪

幅広レースで フリフリシュシュ♡

レースの真ん中にゴムをグシグシ通すだけの簡単シュシュ★

幅広のレースで、両端が同じ模様のものを使用しましょう。

レースの穴にそってゴムを通すと作り易いです

ハギレで作る ボリュームシュシュ♡

ハギレをゴムに結びつけるだけで簡単可愛いシュシュが完成♪

おウチにある布を、結べるサイズに切り揃えてゴムに結びます。何か作ろうにも、小さく切ってしまって使いようがないサイズの布が大変身します★布の切り方を変えて、布をあえてバサバサにしたり、三角に切ったり。雰囲気の違ったシュシュが作れます★

オーガンジーを使った 妖精シュシュ♥

布を台形に切って、透け感が素敵なカラフルなオーガンジーを結ぶと、まるでティンカー・ベルのようなシュシュが作れます♥

斜めに切ることで ギザギザ感が出ます

オーガンジーのリボンを使うと、さらに簡単に作れます♪手芸屋さんに行くと、グラデーションのキレイなオーガンジーリボンも置いていたりするので、お好みのリボンで作ってみましょう♪

チュールを使うと フワッフワのシュシュになります♡

結ぶ布が違うだけで、こんなに違うんですね★

細長く残った布を 切らずに結んでみましょう♪

きつく結ばず、ふんわり気味に結ぶことでボリュームが出ます★

輪になったゴムに結んでいくと こんな感じになります★

余ったところは リボンにしても かくして縫い付けてもOK♪

長さが足りなくても、他の布を合わせて結びつければ大丈夫♪ボタンをつけてワンポイントにしても可愛いですね★布の太さを変えると、ボリュームを調整できます。

毛糸をグルグル ふわふわシュシュ♡

今は 100均で とっても可愛い毛糸が手に入る!

ちょっと変わった毛糸って、手芸屋さんで買うと意外と高い、、、でも、今はモコモコやフワフワの毛糸が100均でも売っているので、とってもありがたいですね★

ぐるぐる巻くだけ★ ストローシュシュの作り方♪

ストローに毛糸を寄せながらグルグルグルグル巻きつけます。巻きつけたら、ストローにゴムを通して、ストローを引き抜きましょう。あとは、ゴムを結んで、毛糸を結んで完成★

オススメ毛糸は 『プードル』★

細めの毛糸に等間隔にポンポンがついた毛糸。メーカーに寄って名前が少し違うことがありますが、編み上がりが犬のプードルに似ていることから、この名前がついています。シュシュを作ると、モコモコしたプードルのようなシュシュになります♡

フェルトをチョキチョキ★ モコモコシュシュ

フェルトで作る 花びらみたいなシュシュ♡

フェルトも、今は色んな色が増えています★アースカラー等のちょっとくすんだ色を使うと、とってもおしゃれなシュシュになります♪

フェルトを短冊状に切り揃えます

線を引く必要はありません。フェルト20cm角・40cm角が基本で売られています。色・種類によっては18cm角・10cm角もありますが、こちらは20cm角、もしくは18cm角のフェルトを使いましょう。フェルトを、まず3等分に折りたたみ、折山をハサミで切ります。さらに、1枚ごと、16等分に切ります。16等分なので、半分に切って、さらに半分に切って・・・を繰り返し16個になったらOK。これを最初に切った3枚とも切るので、全部で48枚になります。

切ったフェルトを半分に折って 目打ちで穴を開けます

半分におったら、布端側に目打ちで穴を開けましょう。穴を開けたら、そこにゴムを通していきます。

『穴を開けてゴムを通す』を2.3個ずつ繰り返しましょう

通したフェルトの向きは、あえてバラバラに。通していると、自然とバラバラになるので、無理に揃えないようにしましょう。揃えると、あまりモコモコにならないです。

ラッピングにも使える!マスキングテープを使った マステシュシュ♡

なんと! マスキングテープでシュシュが作れちゃう?!

今マスキングテープの活用方法として話題になっている『マステシュシュ』★ちゃんとクシュクシュになるの?と半信半疑の人もいるはず。

マスキングテープでも ちゃんとクシュクシュするんです!

ポニーテールのゴム隠しに♡

このシュシュ『マスキングテープ』って言わないとわからないですよね!

普通の輪ゴムを使用します♪

ティッシュの箱等に、1周、マスキングテープのベタベタした方を上にして貼ります。貼ったら、マスキングテープの中心を通るように輪ゴムをかけます。輪ゴムを伸ばして貼り合わせることで、箱から外した時にクシュクシュします。良く伸びる輪ゴムの場合は、できるだけゴムが目一杯伸びるくらいの箱を使用しましょう。

その上にマスキングテープを ぴったり貼り合わせます

粘着面同士がくっつくので、とてもしっかりくっつきます★

貼りあわせたら 箱から外しましょう♪

外してすぐは、箱の形のまま。でも、10分ほど放置しておけば、ゴムの戻ろうとする力でクシュクシュになります♪

手帳や日記のバンドにしてもCute♡

ペンの収納がない手帳でも、こうしてバンドをつければ、ペンも一緒に持ち歩けますね♪

ラッピングにも使える★

リボンの代わりにマスキングテープのシュシュを♪花柄のマスキングテープを使うと、とってもエレガントで華やかなプレゼントになりますね♡

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事