あの人気のスキレットも100均で♪ダイソー鋳物が使えるって噂!

今や大ブームとなっている『スキレット』。
さらに、ニトリで格安スキレットが登場し、『ニトスキ』の愛称で話題になっています。
そんなスキレットが、100円ショップDAISOに再登場!
以前販売されてから10数年。
時を経て、鋳物シリーズが帰ってきました★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年7月24日更新

アツアツ料理が楽しめる鉄製ミニフライパン☆

大人気 スキレット☆

スキレットごと食卓に並べても、とってもオシャレ☆また、熱伝導率が良いので、お料理もおいしく出来上がります♪

2015年に爆発的人気のきっかけとなったのが、NHKの朝の情報番組『あさイチ』。
番組内で『鉄製の鍋』が紹介され、そこからスキレットの人気へとつながりました。

パンやデザートを作って楽しむ人も

火にかけるだけでなく、スキレットごとオーブンに入れることも可能なので、お料理の幅がとっても広いんです!

スキレットの中でも超人気『ニトスキ』

ニトリのスキレット通称『ニトスキ』☆価格がお手頃で、愛用者続出。ニトスキレシピの本も出版されています♪

オシャレ雑貨店3coinsでも売ってます☆

こちらも、低価格で人気となっています。3coinsなので、もちろん300円(税抜)♪

ニトリや3coinsのスキレット人気もさることながら、今ちまたで人気を呼んでいるのが『100スキ』★
なんと、ダイソーでは鋳物シリーズとして数種類のスキレットが売られています♪

ダイソー スキレット 復活

一度は店頭から姿を消した鋳物シリーズ

以前のダイソー鋳物シリーズは2002年頃販売されていました。それが今レベルアップして再販されているんです!ダイソーでよく見かける、100均なのに100円じゃない商品。鋳物シリーズも200円〜300円と、100円ではありませんが、その分作りも以前よりしっかりしていると思われます♪

100円ではありませんが、SNSでは100円ショップで売っているスキレット・通称『100スキ』として話題になっています♪

約12.5cm角 四角取手付皿

小さめで、一人分の料理にピッタリ♡朝食に目玉焼きとソーセージを焼いて食べるなど、ちょこっと料理に最適です♪

重ねて収納可能

丸いスキレットは、重ねると少しずれたりしてピッタリ重ならないことも多いですが、これなら重ねてもずれることなく収納できます♪

2個買って フタに♪

ダイソーの鋳物シリーズにフタはありませんが、同サイズを買えばフタとして利用できます。こちらの写真は、見やすいように取っ手が互い違いになっていますが、取っ手を同じ向きにしておくと、そのままひっくり返して裏面を焼く事もできます。

約22cm ステーキ皿

ステーキの焼き加減って好みが分かれますよね。これなら、皿を熱々にしておけば焼き加減を調整できます♪覚めると固くなっておいしくないステーキも、最後までアツアツでおいしく食べれますね♪

約17cm 四角皿

四角い鋳物皿は、餃子にピッタリ★パリパリ餃子はもちろん、洋風アレンジでチーズを掛けたりしても、皿が熱いので、とろ~りチーズを最後まで楽しめます。

卓上用コンロまであるんです!

これがあれば、温泉旅館の食事のような卓上鍋も自宅で簡単★ホームセンターやスーパーで売っている固形燃料を使って、オシャレすぎるお鍋を楽しめます♪

プロフィール画像

美容室Carameloの店長です。 @caramelohair

100スキのコンロは相当レベル高いよね。。。てか…こんなん他に無いもん。笑 #ダイソー#イモノ#スキレット instagram.com/p/BH4K2h3B4I9/

2016.07.15 18:48

鋳物コンロにピッタリのいろり鍋★

これはやっぱりセットで欲しいですね。冬にかぎらず、夏だからこそ暑くて辛い鍋を汗をかきながら食べる!こんなセットが100均で手に入るなんて凄すぎます。。。

形の種類が豊富なので、お料理に合わせて全部揃えたくなりますね★

取っ手付きには ハンドルカバーを♪

なんと!ダイソーのライターケースがぴったり★

まさかライターケースが、こんな所に利用できるなんて。。。SNS上で口コミで広がり話題になっています♪

実際に付けてみると こんな感じ♪

スキレットなどの鋳物は、火にかけるととっても熱くなるので注意が必要。
絶対に手で触れてはいけません。
また、冷めづらいので、時間がたって表面が熱くなくなっても、中がまだ冷めていないこともあるので、火傷には十分気をつけて扱うようにしましょう。

スキレットのお手入れ方法

鋳物素材は お手入れが肝心!

水気を含んだままだったり、汚れが落ちていなかったりすると、このようにサビだらけになってしまいます。

新品で買ってきた場合、正しいお手入れしてから出ないと使えません。
また、使用後も同様にお手入れが必要です。
正しいお手入れをしないと、焦げやサビで使う度に大変なことになります。
ちょっと面倒?と思うかもしれませんが、言い換えれば、低価格のスキレットでも、正しいお手入れをすれば、スキレットが育ち、一生モノで愛用できるということなのです☆

【使用前のお手入れ シーズニングの方法】

quote
ダッチオーブンやスキレットなどの鋳鉄製や鉄製の調理器具は、使う前にシーズニングという、焼き慣らし作業をする必要があります。
簡単に言えば、熱で黒錆をつけ、赤錆が付きにくくすることです。
同時に油もなじませていき、調理時に焦げ付きにくくしくこともあるようです。
こちらの動画が、とってもわかりやすく説明されているのでご参照ください♪

シーズニングの有無で 見た目もこんなに違います

右下が今回の焼き入れ後、左下が焼き入れ前。その隣の右下は焼入れ後。上が使い込んだスキレットになります。

シーズニングをして油をなじませれば使用できます☆
シーズニング自体は、使う度に行う必要はなく、くっついてきたり、匂いの強いものの調理をして洗剤を使用した時など、油馴染みが少なくなってしまった時に行いましょう。

【調理使用後のお手入れ方法】

普段のお手入れに洗剤は不要

スキレットが冷めたら、できればぬるま湯で亀の子タワシ(金属たわしはダメ)でこすってこびりつきを綺麗に落としましょう。焦げ付きが取れない場合は、中に水を入れ火にかけます。お湯が熱くなると焦げが浮いてくるので、それをこすってキレイにしましょう。

洗ったら水気を拭き取り空焼きし 完全に乾かします

少し冷めてきたら油を塗って完了

普段のお手入れは、これで十分♪実際には数分の作業です。使ったあときちんとお手入れしておけば、長く愛用できます♪

【錆びたり 焦げたり 困ったときの対処方法】

金属たわしで ガシガシこすりましょう

鋳物は錆びても復活します!サビをキレイに落として、シーズニングをもう一度しっかり行えば、また使うことができるので、錆びたからといって諦めて捨ててしまわないように♪

なかなか焦げが取れない時は じゃがいもを★

じゃがいもを半分に切って、切った断面をこすりつけましょう。

しつこい汚れには重曹や粗塩を入れると効果的★

じゃがいもと、重曹や粗塩の粒子で、スキレットが綺麗になるそうです♪

【スキレットの保管方法と注意点】

冷水厳禁! 火傷に注意!

熱い鋳物に冷水をかけると、急な温度差によるヒビ割れの原因になります。水・お湯を書ける場合は、ある程度冷めてから掛けるようにしましょう。その他の注意点は、鋳物は芯からとても熱くなるということです。周りが覚めたと思っても、中が熱い場合も十分考えられます。特にお子様がいるご家庭は、取り扱いに十分気をつけましょう。

新聞紙でくるんで保管しましょう

日を開けて使用する場合は、湿気などで錆びることがあるので、新聞紙にくるんで、湿気の少ない所で保管しましょう。新聞紙が水分を吸って鋳物を快適な状態で保てます。もし、それでも錆びてしまった場合は、水分が残っていた可能性があります。上記の使用後のお手入れ方法・錆びた時のお手入れ方法を再度ご参照ください♪

『100スキ』を使った 美味しいご飯♡

みんなの美味しそうなスキレットメニュー♪
色々、ご紹介します♡

シンプルな朝食もスキレットでオシャレに♪

普通の目玉焼きが、いつもより美味しそうに見えちゃう★熱伝導率が良いので、卵に均等に火が入って、半熟が上手にできそうですね♪

出ました!DAISOの鋳物コンロ!

固形燃料をいれて火をつけると、なんとも素敵な食卓に♥野菜たっぷりのお鍋も良いですが、湯豆腐とかも良いですね♪

小さめサイズなので アウトドアにピッタリ!

アウトドアは、できるだけ荷物をコンパクトにしたいですよね。だからといって、食事に妥協はしたくない!スキレットは、コンパクトで、しかもダイソーなら安い!そしておいしく作れる!写真のスキレットは、一方をフタとして使用しています。一緒に火にかけておいて余熱し、フタをすることで蒸し料理が作れます★

これぞオシャレメニュー アヒージョ★

スキレットだからできる、熱々アヒージョ。おいしく食べれるだけでなく、これ、鋳物にとっては、とっても良いメニューなんです。オイルをたっぷり使うことで、鋳物自体に油が浸透して油馴染みが良くなり、それが、鋳物が長持ちするということに繋がるんです★

餃子のチーズのせも とっても美味しそう★

かけたチーズはとろ~り。鉄板に垂れたチーズは、カリカリに。スキレットを買ったら、ぜひチーズを使った料理、試していただきたいです♪

スキレットで ピザも焼けます★

全体に均等に火が入るので、ピザ生地もふっくらカリッと焼き上がります。もちろんチーズもとろ~り♪ピザって冷めると、微妙ですよね。でもこれなら、最後まで熱々ピザを楽しめます★

いつもの数倍美味しそうに見える!熱々ナポリタン★

ご当地グルメで有名な、北海道釧路市にある『泉屋』のスパカツ。ここのお店のスパゲッティは、熱々の鉄板にのっていて、出てきてすぐは、ジュージュー音を立てて周りにソースが飛び跳ね、数分は食べることが出来ないほど熱いです。そして、食べ終わるまで、フーフーしながら食べるほど熱さが続きます。そんなお店でしか食べられなかった、熱々スパゲッティ、家庭で、しかも100均グッズで楽しめるなんて、とっても便利な世の中だな、、、と実感します。

パンケーキは極厚ふっくら焼き上がります♥

これも、スキレットの熱伝導率の良さのおかげ♪カフェで食べるような、ふわふわパンケーキ、自宅でも楽しめますね★

おしゃれなスフレオムレツも美味しそう♪

以下のサイトで、レシピが紹介されています♪

ホットケーキミックスで作る『ダッチベイビー』

スキレットとともに話題になっているのが、ダッチベイビー、ドイツ風パンケーキです♡それをホットケーキミックスで楽しめるなんて、手軽で簡単、おやつにピッタリですね♪

空前のブームと言っても過言ではない『スキレット』『ニトスキ』『100スキ』
どうせ今だけの流行りだろう、、、なんて思っている方、騙されたと思って、一度試してみてはいかがですか?
見た目におしゃれなだけでなく、ちゃんと実用性も兼ねていて、されに美味しい料理が作れます♪

ダイソーの鋳物シリーズは、すでに品切れしている店舗もあるようなので、見つけた方は、ぜひゲットしてみてください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事