ラグマットは作れる!?おしゃれで簡単なラグマットの作り方まとめ

おしゃれなラグマットがあると部屋が明るくなりますよね。でも、ラグマットって結構価格が高くてなかなか手が届かないアイテムでした。それなら自分でラグマットを作りましょう。素材にもお金をかけず、オリジナルのラグマットを手に入れます。そんなラグマットの素材や作り方アイデアをまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年6月3日更新

ラグマットとは?

ラグは床を部分的にカバーする敷物です。大きさとして、大体3畳ほどの大きさまでを「ラグ」と呼びます。
カーペットと同じ温かくなるなどの効果は同じです。

作るのに必要な物は?

これからご紹介するラグマットの作り方によく登場するのは100均の滑り止めマットです。
この滑り止めマットの穴に素材を入れる方法で作ります。
ラグマットを作るマストアイテムです。

ハギレでラグマットを作る方法!

quote
100均の滑り止めネットに布のストリップを通していくだけ!結ぶ必要もありません。
quote
布の量を調整しながら、滑り止めネットの穴を飛ばすこともできます。完成したラグはこちら。

100均の滑り止めシートに要らない布を用意します。 布は短いリボンサイズにカットしておきましょう。 作業は、滑り止めシートに布を通すだけ! 結ぶ必要はないんです。 通すだけで布が取れたりもしません。 手作りが苦手な人にもおすすめです。 要らない布は、要らなくなったTシャツをカットしてもできますよね。

ハギレで作るラグマットのおしゃれアイデアまとめ!

quote
必要のないTシャツがあったら、簡単にかわいいラグが作れる!

100均の滑り止めシートをハート型にカット。
もう着なくなったTシャツをリボンのようにカット。
滑り止めシートの穴に通すだけ!
とっても可愛いフワフワなハートの完成です♡
アクセントにピンクの布を使うとハートの持っている優しい雰囲気が演出されます。

quote
玄関、ドアの前にちょこんとラグ

ラグマットは玄関にもうってつけ。
家に帰ってきて可愛いラグマットが迎えてくれたら嬉しくなりますよね。
ラグマットは簡単に作れるので、汚れたらすぐに新しいものに変えることができます。
清潔感のある白いラグマットがおすすめ。

quote
滑り止めシートを重ねて大きめのラグも作れます。
素材100%コットンが多いTシャツなら、赤ちゃんにだって優しい。

滑り止めシートを重ねると大きなサイズのラグマットができます。
ちょうど赤ちゃんが移動できる範囲ぐらいのサイズを作りましょう。
赤ちゃんに優しいマットを探すのは大変ですよね。
そこで、自分で作ってみましょう。
赤ちゃんに優しいコットン素材をチョイス。
フワフワで赤ちゃんも喜ぶラグマットができます。

quote
滑り止めシートを好きな形にカットするだけで、かわいいデザインラグが作れます。

100均の滑り止めシートをキャラクターのシルエットの形にカットしましょう。
シルエットがわかりやすいキャラクターがいいですね。
シルエットなら1色をチョイスしましょう。
その方が存在感のあるラグマットになります。

quote
ぐるっと一周四角に色を変えてみるのはいかがでしょう?

柔らかい色と明るい色2色でラグマットを作りましょう。
100均の滑り止めシートの穴の位置をよく確認してピンクの四角を作ります。
まるで写真のフレームのように引き締まった仕上がりに。
可愛くてピンクが目を惹くラグマットの完成です♡

quote
ベッドの足もとに敷いているラグ。

毛糸でラグマットを作る方法!

quote
用意した敷物にポンポンを結びつける。

できあがったボンボンに1本毛糸をつけておきます。
100均の滑り止めシートの穴に毛糸を入れて結んでいきます。
それを滑り止めシート一面に結びます。
写真の引用は滑り止めシートではありませんが、滑り止めシートでも同じことができます。

一面ボンボンのラグマットの完成です♡
ボンボンの柔らかさは見た目も触り心地もとってもいいです。
とっても可愛いので子どもに喜ばれます。
こんなに可愛いラグマットが部屋にあったら一気いオシャレに。

毛糸で作るラグマットのおしゃれアイデアまとめ!

quote
なんて気持ちよさそうなんでしょう♡

毛糸で作るラグマットのボンボンの柔らかさが赤ちゃんにぴったりですね。
フワフワした触り心地に赤ちゃんもご機嫌になります。
ボンボンの大きい物と小さい物をランダムにつけると触り心地がより良くなりますよ。

quote
様々な毛糸をランダムに巻き付け、マーブルのようなボンボンで作ったラグです。

どんな色合いがいいか迷っている人!
そんな人におすすめなのはマーブルです。
1つのボンボンを色んな色の毛糸で作ります。
これなら色合いの失敗はありません。
確実におしゃれなラグマットが完成します。
ポイントはアクセントになるような濃い色の毛糸を1色入れることです。

quote
色合いをパステルにしたせいか、ふんわりジェラートみたいな仕上がりに

真っ白なボンボンにパステルカラーのボンボンのラグマットって可愛いですよね!
大切なお客さまを迎える玄関にうってつけ♡
真っ白が清潔感を演出し、パステルカラーでおしゃれに見えます。

quote
大きいリビング用ラグマットから、赤ちゃん用、ベットサイド用、なんとペット用まで作ってしまう人もいます!

ラグマットの大きさはまさざまです。
100均の滑り止めシートを重ねればどんな大きさにも形にもで作ることができます。
可能性は無限大です。
リビングに置くなら、大きな丸い形がおすすめ。
その丸い形が家族団らんの雰囲気を作ってくれます。

麻のひもでラグマットを作る方法!

麻のひもで作るラグマットのおしゃれアイデアまとめ!

quote
外用マットは玄関先で汚れが落とせ麻のひものラグマットがオススメです。

玄関マットとして使うなら麻のひもをおすすめします。
麻のひもは硬い素材なので、靴を擦ると汚れを取ってくれます。
お手入れも汚れを落とすのにパンパンと叩いて日干しするだけ。
簡単に使い続けられます。

quote
ループもしくはインフィニティと呼ばれるこのかたち。かなりカワイイ!

麻のひもは編むので色んな模様を作ることができます。
模様も毛糸と同じ方法で編んでいきます。
ねじった形もとってもおしゃれですね。
麻のひもで頑丈なラグマットを。

quote
見事な麻紐マット。和なテイストもありつつナチュラルなので玄関の雰囲気を選ばず使えそう。

麻のひもで丸いラグマットを作りましょう。
まさに先ほどご紹介した動画の通りです。
大きな丸い形の隅にはアクセントで色を入れましょう。
まるで大きな座布団のようでリラックスできる雰囲気になります。

手作りラグマットで楽しい生活を!

ここまで、ハギレと毛糸、麻のひもで作るラグマットの作り方とアイデアをご紹介してきましたがいかがですか?

意外と身近にあるアイテムで簡単にできますよね。
しかも、可愛いラグマットができます。
自分で作ったラグマットのある楽しい生活を送ってください。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事