夏でもモノトーンが好きな人に見て欲しい!重くなりがちな夏の黒コーデの選び方

夏でも黒コーデ大好き!な人必見!
暗い重い暑いの難点をカバーするモノトーンコーデ術をまとめてみました♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月27日更新

黒着てますかーッ!!

黒コーデ大好きーーーーー!!!!!

ついつい買うアイテムがモノトーン系になっちゃう〜って方、筆者だけじゃないと思うんですけどどうですか?
みなさん黒愛してますか?
筆者はめちゃくちゃ愛してます!!

でもこれからの季節、黒コーデっていうと暗くて重くて暑そうなイメージですよね…


そんなことない!

黒コーデだって、アイテムや合わせ方次第で夏にピッタリになります!!

筆者の経験と、街中の上手なモノトーンコーデの女性を見ていて感じた共通点
をまとめてみました

黒コーデのポイント

▼透け感を大事にする

例えばレース素材や

シフォン素材など

肌が見えないから重くなる!暗くなる!暑そうに見える!

でも肌見せたくないから黒選んじゃう…って方もいますよね

そんな時はトレンドのレース素材やシフォン素材など、透け感のあるアイテムをあわせましょう!
肌をちょい見せするだけなのに、だいぶ涼しげに見えます

レースで透け感

シフォンで透け感

どちらもトレンドアイテムでもあるので、世間からの「あ〜黒でまとめるのを無難だと思ってるんだね〜」という屈辱的なイメージも払拭できます!

流行を追いかけすぎるのも良くないですが、コーデにひとつ取り入れるのは大事ですよね

▼選ぶ素材を大事にする

ビニール素材や

黒バッグを選ぶならかご

クラッチバッグもカゴ風

上のシフォンやレースなどと同じく、素材は大事だと思います!

黒のアイテムを選ぶなら、夏を感じさせるビニール素材や籠バッグにするだけで夏感アップ!
黒いハットを選ぶなら麦わらにしてみる、などの季節感を演出すると「あえて黒を選んでる」と思われる!

▼モノトーンな柄物を選ぶ

定番のストライプや

夏っぽいボタニカルな柄物も素敵

素材やアイテムで夏感を出したなら次は柄物!
柄物はベースが黒でも程よく色味があるので、コーデのワンポイントになってくれるウェア!

色味だけだとどうしても重くなりがちなモノトーンコーデに華を添えてくれます♪

▼出すところは出す!

簡単そうで難しい…

一番簡単だけど、一番抵抗がある…という方が多い”肌をしっかり出す”ということ

「もう若くないし…」なんて諦めている大人女子も少なく無いと推察しますが、筆者は手足出してる季節に黒で着込んでいたので、相当浮いてたし老けて見えたそうです

でも肌を見せるって露出しろ!ってことではないんです

▽パーツを見せる

3つの首をしっかり見せる

体型に自信がない…という人は首元、手首、足首の3つの首をしっかり見せる!

髪の毛は必ずアップにしてうなじや首元を見せるだけでスッキリとした印象に♡
もう黒コーデも重くなりません!

二の腕を出すのに抵抗があるなら

今年たくさん見かける、一見もっさりしたシルエットに見えるのに、カットが入っていて肌がチラ見えするチュニックも露出したくない人にはおすすめ♪
(正式名称がわからないです…)

大人の女性のセクシーさが演出されますね

デコルテを出す!

腕や足を見せたくない!と言う方はオフショルダーのトップスがオススメ♡

見せたくないところはしっかりカバーしてくれるのに、肩口の肌見せでしっかり艶っぽさと涼しさの演出をしてくれます!

アクセサリーはシルバーorゴールドベース

ワンポイント程度の黒で

黒が大好き!でも、アクセサリーだけは黒をワンポイント程度に抑えましょう

大振りで存在感のあるものがコーデによく合います

いかがでしたか?

筆者も黒コーデが大好きなので、夏に黒はダサい!なんて思われたくなくてこの記事を書いてみました

素人なのに偉そうなこと言ってすみません…!
でもみなさまの参考になれば幸いです♪
これからの夏もモノトーンコーデ楽しみましょう♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • えま

    ハンドメイドでアクセサリーを作るのが趣味です

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事