今年のカゴバックは自作がおしゃれ♪クラフトバンドで作るカゴバックの作り方

夏になるとカゴバックを使いたくなりますよね♪自分で作れば愛着もわきます!そこで今年の夏はカゴバックを自分で作ってみませんか?クラフトバンドを使って簡単にカゴバックができます♪その作り方や季節を問わないアレンジをまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月13日更新

クラフトバンドとは?

クラフトバンドは、元々牛乳パックや小麦の袋などの再生紙でできている紙の紐です。
色も豊富にあります。
主に手芸品店で扱っています。

100均にも!クラフトバンド!

100均では、ペーパークラフトバンドという名前で扱っています♪
長さが6メートルで108円とリーズナブル!

カゴバックをクラフトバンドを使って編む方法!

ダブルリボンのカゴバックをクラフトバンドを使って編む方法!

できあがったカゴバックに巾着を付ける方法!

シンプルなカゴバックの編み方とアレンジしたダブルリボンのカゴバック、そしてカゴバックに巾着を付ける方法!
この2つの編みと1つのアレンジを理解すればこれからご紹介するカゴバックも自分で作ることができますよ♡

クラフトバンドで作るカゴバックのアイデアまとめ!

quote
子供用♪エレガントに♡
ご紹介した動画の通り編んでいくとシンプルなデザインのカゴバックが完成します♪
色に白や優しいピンクをチョイスすると子どもにもぴったり♡
とても品がある印象になります♡
ちょっと遠くへお出かけするのにおすすめ♡
quote
ポシェット♡
肩ひもはクラフトバンドで、ハトメと尾錠を使ってますよ〜♪
肩から掛けるタイプのポシェット♡
クラフトバンドの色が柔らかいと可愛くなります♡
持ち手の部分を長く編むことで肩ひもが作れます♪
大人の女性が使うとステキに♡
quote
レースは好みの長さでギャザーをよせて、ベージュのレザーとオソロのレースでコサージュも作りました
クラフトバンドを使ったカゴバックにはレースが合います♡
レースの上品さとクラフトバンドのベージュが高級感を演出♪
レースはギャザーを寄せてフリルにしましょう♡
カゴバックのベージュに合わせたコサージュも相性抜群♡
quote
丈夫なので、おけいこバック、お買い物用!
クラフトバンドを使ったカゴバックは意外と丈夫にできてきます!
子どものお稽古やちょっとしたお買い物バックとしても活躍できます♪
子どもになら、明るい赤のバックがおすすめ♡
クラフトバンドを2本使って2色の色合いのあるバックは大人に♡
quote
持ち手もレースの縁取りが付いたみたいで可愛い!
持ち手の部分は折りたためるタイプで収納スペースに困らずGood!
持ち手もアレンジでより可愛くなります♡
相性の良いレースがおすすめです!
持ち手の部分とカゴバックの部分を別に作ります♪
それを輪っかでつなぎましょう♪
すると持ち手が折りたたむことができる便利なカゴバックになります♡
quote
クラフトバンドの濃い目の色やフェイクファーテープとアニマル柄のファブリックステッカーを使うことで、夏っぽさをかなり解消できると思います。
カゴバックを夏だけでなく冬や秋にも使えるようにアレンジしましょう♡
カゴバックのカゴの部分の透け感が夏のイメージが強いですよね!
そこでカゴバックの上半分を濃い色のテープかアニマル柄のステッカーをボンドでくっつけます♪
すると一気に季節が変わります♡
ふんわりとした印象に♡
quote
2色使いでシンプルな編み、底は布張り腕にひっかけてクラッチバッグ風にもなります!
持ち方次第でバックにもクラッチバック2種類の使い方ができます♪
持ち手の部分を長めにして肩から掛けられるようにしましょう♡
カゴバックも上下で2色使いをするとぐっとおしゃれに♡
カゴバックの定番であるベージュを基調とするとどの色にも合います♪
quote
小雨程度の雨の日に傘をさしながら歩くのであれば、まず問題ありません。
もし、濡れて万が一形が崩れても、家に帰ってからしめったうちに形を整えて置けば、自然に乾いて形も戻ります。
水がかかることで、紙紐が「締まる」効果もあって、何度か雨に濡れているうちに、硬くしまってきます。

強度ははっきりいって、それほど強くありません!
きめバッグでだいたい2.3キロを目安にお使い下さい。

お弁当・ペットボトル・長財布・小銭入れ・ポーチ・ハンカチ・ティッシュ・ケータイが入ります♪
カゴバックを雨の日に使うなら防水スプレーを全体的にかけましょう♪
あとクラフトバンドの性質で少しの水分で締まるので大丈夫です!
クラフトバンドを使ったカゴバックに入れる重さの目やすは2キロ~3キロ♪
だいたいランチタイムにでかけるぐらいのものは入るので安心です♡
quote
クラフトバンドで作ったモコモコりぼん付きバッグです♪
りぼんは糸で数ヶ所縫い付けたので、春が来て外したくなったら外せちゃう~取り外し可能!!
秋冬も春夏も、年中使えるデザインにしました☆
100均のお風呂に入る時に使うヘアバンドの飾りのリボンでアクセントをつけましょう♪
もこもこの素材もまた可愛いです♡
もこもこのリボンは縫いつけてあるだけなので、季節によって取り外しが可能♪
春夏は外して、秋冬はもこもこのリボンを付けるとおしゃれに♡
quote
クラフトバンドで編み上げた後、色付きのニスを5~6回重ね塗りをしてアンティーク感を出しています。
ニスを重ね塗りをしているので、耐久性・耐水性バツグンですよっ(*^_^*)
初めは硬さがありますが、使用していくにつれ、馴染み良い質感になっていきます。
クラフトバンドを使ったカゴバックもアンティーク感があるとよりおしゃれに見えますよね!
そのアンティーク感を出すためにニスを塗ります♪
ニスが乾いた感じがまさに使う古した感を演出♡
ニスは乾くと硬くなるので安定したカゴバックになります♡

PPテープをアクセントに!

カゴバックのカゴの部分だけクラフトバンドを使って作りましょう♪バックの持ち手の部分にアクセントでスクールバックで使う持ち手のPPテープを♡
濃い色のPPテープでカゴバックが一気に引き締まりました♪
色が黒なら男性が使ってもOK♡

黒一色!

カゴバックの定番のベージュでなはく黒一色で作ってみましょう♪
カゴバックの優しいイメージではなく、カチっとしたバックに大変身♡
これなら、ちょっとかしこまった席でも気軽に使えます♡

華やかな布を!

カゴバックの内側にアレンジをしましょう♪
カゴの内側のふちの部分にだけ鮮やかな布を縫いつけましょう♡
クラフトバンドの色と合うような布をチョイス!
シンプルなカゴバックが豪華に変わります♡

ミニバック!

本当に近くにお散歩に行くぐらいで使えるミニバック!
カゴの部分だけクラフトバンドで編みます♪
持ち手の部分は硬めのリボンだったり、鮮やかな色のクラフトバンド1色使います!
それだけで可愛いカゴバックに♡

大人の男性にも!

休日のパパやおじいちゃんが使うのにカゴバックが使えます♪
バックの形を男性が使うバックと同じように作ります!
色の基調はもちろん黒!
そこにアクセントとして濃い明るい色をちょっと使います!
ちかくまでのお出かけに使うととってもおしゃれ♡

シンプルで可愛い!

まるでファッション雑誌に紹介されているようなおしゃれアイテム感を演出するカゴバックを作りましょう♪
まず落ち着いた色でカゴを編みます!
持ち手となる部分のクラフトバンドの色をビビットに♡
カゴの部分に編み込んでいくとまるで縫った跡のように点々に♪
これがとっても可愛い♡
みんながマネしたくなる可愛さですね♡

刺繍糸でアレンジ!

おしゃれの初心者さんにおすすめ♡
カゴバックを刺繍糸でちょっとアレンジしましょう♪
カゴバックが2色で編まれているものってありますよね!
その2色のうち明るい方の色の部分を真っ白な刺繍糸で模様を作っていきます♪
カゴバックに刺繍糸を絡ませます♪
そうするとなんとお手製のチェック柄の誕生です♡

大き目のカゴバック!

カゴバックは大きくてもゴツくならず可愛いです♪
大き目のファッション雑誌が入るものもできます!
大きいカゴバックを作る時は定番のベージュがおすすめ♡
大きい分優しい色を使うと柔らかい印象のバックになります♪

十字の模様を!

カゴバックを編む時にクラフトバンドの色を細かく変えて編むと模様ができます!
おすすめは落ち着いた色と真っ白♡
すると十字の模様がしっかりと浮かび上がり引き締まったカゴバックになります♡

カゴバックの中にシンプルな布で巾着が付いていますね♪
これなら、防犯上も安心で物を失くさないですみますよね!
このカゴバックに巾着を付ける方法はご紹介した動画の3つ目をご参考に巾着にチャレンジしてみてください♡

カゴバックはどの服装にも合うものがベストですよね♪
そうなるとモノトーンの配色のカゴバックがいいですよ!
夏によく使うカゴバック!
服装も明るい色が多いのでモノトーンとの相性抜群です♡

3カ所にアクセントを!

カゴバックを2色で編む場合、よりおしゃれになるようにアクセントを入れます!
ベストは底とカゴのふちと持ち手の3カ所です♡
そこに同じ色のアクセントを入れると引き締まったしっかりとした印象のカゴバックに♡

クラフトバンドをアレンジしょう!

編む前にクラフトバンドをアレンジするとよりおしゃれになりますよ♡
落ち着いた色のクラフトバンドにビビットな色のクラフトバンドを巻き付けていきます!
するとオリジナルの2色の模様のクラフトバンドの誕生♡
その2色の模様をカゴバックのアクセントにしましょう♡

クラフトバンドを使ったカゴバックでオリジナルのおしゃれを♡

ここまでクラフトバンドを使ったカゴバックのアイデアをご紹介してきましたがいかがですか?

編み方も動画でわかりやすいですよね♪

自分の好みのカゴバックが作れるなんてステキですよね♡
オリジナルのおしゃれをカゴバックで楽しみましょう♡

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事