真似したい!驚きの収納術”メイクパレット”でコスメがスッキリ!

化粧ポーチのスリム化と、お化粧タイムの効率化にお役立ちの自作メイクパレットが今話題になっています!
100均でも簡単に作成できるし、一度やってみるとあまりの便利さに目からウロコですよ♪旅行時にもオススメです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月10日更新

メイクパレットとは



化粧ポーチは女子の必携アイテム!
でも、必需品だけを入れているつもりでも、いつの間にか中身がパンパンになっていきますよね・・・誰もが一度はお悩みになったことがあるのではないでしょうか。

いろんなアイテムを揃えておきたい

ファンデにチークにアイシャドウに・・・必要なアイテムはたくさんあるし、常に揃えておきたい色も様々です。
結果、コンパクトだけでも数種類持ち歩くことになる、というのが化粧ポーチがどんどん大きくなっていく理由のひとつ。

ひとつにまとめれば便利!

このように、メイクに必要なアイテムをひとつのケースにまとめたものを「メイクパレット」と言います。
様々なブランドから発売されていますので、ご覧になったことのある方、使われている方もいらっしゃいますよね。
これひとつあれば、メイク道具をいくつも持ち歩く不便さから解放されます。

ただ、市販のメイクパレットは、お値段が少々お高めになるのと、使わない色やアイテムが最初からセットされていることも多く、無駄が出ることもある、というデメリットもあったりします。

メイクパレットはDIYするのがいい!



手持ちのメイク道具で、今、メイクパレットを簡単に自作してしまう人がたくさんいらっしゃいます!


こんな風に聞くととりあえず真似してみたくなっちゃいますよね!
それでは早速作り方を見てみましょう♪

メイクパレットの作り方

用意するもの

・入れたいコスメ
・メイクパレットにするケース
・両面テープ
・金属製のへらやカッター、爪やすり、マイナスドライバーなど

1.コスメを元々のケースから外す

メイクパレットに入れたいコスメを、元々のケースから外します。
金属製のへらなどを使い、壊れないよう慎重に。

2.好みのケースに貼り付ければできあがり☆

メイクパレット用に用意したケースに、1で外したコスメを配置して、両面テープなどで固定すればできあがりです!
簡単ですね!

100均のマグネットシートで着脱も自由自在に!

マグネットの付く素材のケースなら、裏にマグネットシールを貼り付けてくっつけることも可能! それなら、気分によって中身の入れ替えも容易です。 マグネットの付かない素材だとしても、市販のマグネットシートなどを利用してマグネット固定できるように作るという手もありますよ。 ちなみに、ステンレス製はマグネットが付きませんのでご注意ください。

100均の名刺ケースが使える



100均の名刺ケースでメイクパレットを作られる方が多いです!
これだけあれば、スマートな化粧直しが可能に!

フタ裏も利用可能

厚みのあるケースを使えば、こちらのようにフタ裏も利用できます。
また、鏡も貼り付けられれば、持ち歩きグッズが更に減らせます。

無印の名刺ケース

ちなみにこちらは無印のアルミカードケースを利用されています。無印のものもメイクパレットに使いやすくて人気です。
こちらの画像のように、シールなどでちょこっとデコってみるのも可愛いですよね♪

マスキングテープでデコってみたりするのもいいですね♪



黒のレースシールもシックでお洒落!


デコパージュ技も簡単にオリジナルケースが作れるからオススメです!

他にもいろんなケースを利用する方が!



100均には他にも使えるケースがいっぱい!
プラスチック製のはがきケースなんかもお役立ちです。


可愛いお菓子の空き缶などがあれば、それを再利用するのも素敵です♡

可愛いケースはテンションが上がる♡

どんな配置にするか、レイアウトする時間も楽しいです。



こちらはセリアのブルックリンデザインの缶。
(キャンドゥにもあります。)
これもお洒落でいいですね!

ペンケースも使えます♪

星の王子様の缶ペンケースを開けると、中からメイク道具が出てくるなんて、可愛すぎます♡

quote
二段式のペンケースを使うと、上に色もの、下には筆が入ってとてもナイス
あちこちパカパカ開けないで楽だし、何よりほとんど使ってない色のためにケースごと持ち歩くのがムダっぽくて…これなら遠征も荷物減って良さそう(笑)
二段式のペンケースを使うと、下に筆やブラシ類が収納できるというのは便利ですね!


CDケースに詰め替える方も。

大きく作れば自宅用にも



たくさん入れたい人は、色鉛筆のケースを使うなんていうのもアリ!

100均の書類ケースを利用

こちらも面白いアイデアです!
自宅用にプラスチックの書類ケースを利用してメイクパレットを作っておくと、収納も使うのも簡単!

パレット自体をDIY!



100均の木箱で作られる方も!
ちょこっとハードルは上がりますが、木箱2つを蝶番で繋げてフタ付きの箱にするDIYは割りと簡単にできますので、こんなメイクパレットDIYも楽しそうですね!

段ボール製

何と、こちらのメイクパレットは段ボール製!
最近はお洒落な段ボール製の収納ボックスなども数々見かけますが、メイクパレットまで段ボール製にしてしまうアイデアもあるとは驚きです。

マグネット式にするといい

マグネットシートを仕込んで、貼れるように作ると便利です♪

▼作り方はこちら(海外サイト)▼
DIY makeup palette

可愛いパレットで持ち歩きたい!

好きなキャラクターで可愛く♡

自作メイクパレットと言うと、中にはちょっとオシャレ度に欠けるのが気になったり、せっかく可愛いケースに入っていたものを何故わざわざ可愛くないケースに移し替えるのか、という印象を抱く方もいらっしゃるみたい。
好きなキャラクターのケースや好みのテイストのものを見つけて楽しめると、メイク時のワクワク感も、使い勝手の良さと両立できそうです。

エコネコのケースにお気に入りを詰めて

お気に入りのケースにお気に入りのコスメをぎゅっと詰め込むのが、テンションアップの秘訣。

CHIPIEのパレットで

quote
ついに理想のパレットケースに出会えましたー!!
せっかく自分のオリジナルを作るんですから、入れ物にもとことんこだわり抜きたいですよね!


画像下にある、コンタクトレンズのケースにクリーム類を入れちゃうアイデアも真似してみたいですね!

Let's DIY!



気になったみなさんは、ぜひメイクパレットDIYを楽しんで活用してみてくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ

旅行かばんパンパンはもう嫌!眼からウロコの旅行収納術

ストローを使って化粧水を持ち歩く裏ワザなど、化粧ポーチスリム化にますます役立つライフハックをご紹介しています。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事