プチプラ簡単DIY♡あのアロマディフューザーは手作りが絶対良い!

お部屋を大好きな香りで包んでくれるルームフレグランス。でも、おしゃれなアロマディフューザーは高くて手が出なかったり、好みの香りにもなかなか出会えません。でも、市販のアロマオイルを使えば、簡単にお気に入りのアロマディフューザーを作ることができるんですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月9日更新

今回ご紹介するのは、「リードディフューザー」とも呼ばれるスティックタイプのアロマディフューザーです。

使用するスティックの数を変えることで香りの強さを調整しやすく、火や電気も使用しないとってもエコなディフューザーなんですよ。

アロマディフューザーの作り方

用意するもの

・空き瓶などお好みの容器
口が狭く、ガラスや陶器でできたものなら何でも構いません

・無水エタノール
薬局で市販されています

・お好きなアロマオイル

・リードスティック
竹串やコットンの紐でも代用可能です。
竹串を使用する場合は、刺さると危険なので尖った部分はカットしておきましょう。

・グリセリン
なくても構いませんが、グリセリンを混ぜると液体の揮発を遅らせて香りを長持ちさせます

・計量カップや計量スプーン

quote
① まずは使用したい空き瓶の容量を計りましょう。今回使用したボトルは60mlだったため、リードディフューザー用アロマオイルを約30mlつくります。量はボトルのカタチなどに合わせてお好みで結構です。

② おすすめの配合は、無水エタノールとアロマオイル(精油)の割合を、9:1にすること。つまり、無水エタノールを30ml使用する場合、オイルは3ml必要になります。一般的にオイルの1滴は0.05mlと言われているので、3ml入れるには60滴垂らします。
※使用するオイルやお好みによって、割合は調整してください。

③ リードとなる竹串の先端をカッターで切り落とし、ボトルに適量入れて完成です。リードの素材は籐などいろいろありますが、もっとも簡単に買えるのが竹串です。アロマオイルを吸い上げて香りを拡散してくれます。たまにリードの天地をひっくり返してあげると、香りがさらに広がります。

④ リボンなどでデコレーションをすれば、さらにかわいらしい演出ができます。お店では売っていない、自分だけのリードディフューザーを完成させましょう。
グリセリンを使用する場合は、②で無水エタノールとアロマオイルを混ぜた後に5mlほど足しましょう。
プロフィール画像

ほーさん @0214charo

@clean_high 姫姉様、おはようございます。手作りリードディフューザーを作りました!早速使っています。これ…すごく良いです。何が良いかと言うと①お部屋にふわっと良い香りが漂う②自分の好きな香りで作れる③めっちゃ作るの簡単

2016.05.08 09:24

使用するアロマオイルは、お気に入りの1種類だけを使っても、複数の香りを組み合わせても構いません。

アロマディフューザーを置く場所に合った香りを選んでも良いですね。

リビングにはゆったりとくつろげる香りを

リビングにはローズウッドやミモザといったゆったりとくつろげる香りのほか、長く時間を過ごす場所なので、自分らしい香りや自分が大好きな香りがおすすめです。

季節によって香りを変えて楽しむのも良いですね。

寝室にはリラックスして安眠できる香りを

寝室には安眠できるラベンダーの香りや、リラックスさせてくれる効果のあるオレンジ、クラリセージ、サンダルウッドやローズ系もおすすめです。

玄関には気持ちの切り替えができる香りを

疲れて帰宅して最初に脚を踏み入れる場であり、お客様を迎える場所でもある玄関には、気持ちを切り替えられるさわやかな香りがおすすめです。
レモンなどシトラス系やペパーミントはいかがでしょうか?

香りが弱くなったら?

時間の経過とともにだんだん香りが弱くなってきたら、スティックをひっくり返してみましょう。

今までアロマオイルに浸かっていた部分が外に出て香りが広がるとともに、スティックの乾燥した部分がアロマオイルに浸かるので、オイルを吸い上げる力も強くなります。

リードスティックの交換のタイミング

長く使用していると、稀にリードスティックにカビが発生してしまうことがあります。アロマオイルがなくなったタイミングで取り替えるようにしましょう。

香りを変えたくなったときも、新しいリードスティックを使用しましょうね。

容器にはこだわって

容器はアロマディフューザーの顔。
インテリアに合うものを選んだり装飾したり、アロマディフューザー作りが簡単な分、ここは時間をかけてこだわってくださいね。

セリアのボトルで

大人気のセリアのボトルがここでも活躍

シンプルでインテリアにも併せやすいセリアのボトルは、アロマディフューザーにもピッタリです。

背の高い容器でも低い容器でも大丈夫

インテリアや置き場所に合わせて容器のサイズも変えてみましょう

背の低い瓶を使うときは、リードスティックも短くカットして使うとバランスがとれます。

角のある瓶も似合う

シンプル好きなら角瓶がおすすめ

どこにでも置いておけて主張しない角瓶はシンプルなインテリアにマッチします。

表情のある六角形の瓶

瓶のでデザインや光の反射で、角度によって色々な表情を見せる角の多い瓶は、どんな角度で置こうか楽しい悩みが尽きません。

レトロな瓶も可愛い♡

つい集めたくなっちゃう可愛い瓶を活用

形が可愛くてつい取っておいてしまう、でも使い道のなかった瓶を可愛く有効活用しましょ♡

人気のフラスコ型の瓶もおしゃれ雑貨に

100均などでも色々な形の小瓶が取り扱われているので、お気に入りの形のものをおしゃれ雑貨に変身させちゃいましょう。

陶器の入れ物で

置いておくだけで上品な陶器

中にどれくらい残っているのかが見えないのが難点ですが、シンプルでインテリアにも合わせやすく、そのままでも上品に見え、装飾しやすいのが特徴です。

ポーラセーツもこの通り♡

真っ白な陶器に転写紙を焼き付ける人気のポーラセーツで作った容器にもよく似合います。

香水の瓶を使って

見ているだけでワクワクする香水の瓶

それぞれにこだわられたデザインの香水の瓶をコレクションしている方も多いのでは?
せっかくなら、香るインテリアにしちゃいましょう♡

香水の瓶にスティックを挿すだけ

微妙に残ったまま使い切れなかった香水があれば、精油などを混ぜなくてもスティックを挿すだけで、アロマディフューザーに大変身♡

香水のノズルは外しておきましょうね。

小さなボトルは一輪挿しのように

倒れてしまわないようにバランスに気を付けて、長過ぎるスティックはカットして使用しましょう。

容器を装飾してみよう

容器をそのまま使っても構いませんが、一工夫するだけでガラッとイメージが変わりますよ。

リボンを付けて

リボンを結ぶだけで華やかに

チョウチョ結びなら、誰でも簡単にできますね。

レースリボンで繊細なイメージに

素材や太さ、色を変えるだけで簡単にイメージを変えられるところもリボンの魅力です

端切れを使ったリボン

中途半端に残ってしまったお気に入りの生地の端切れも、小瓶に結べばこの通り。
ちょっとしたところにこそ、自分の「好き」を入れていきたいですよね。

フラワーを添えて

大振りのフラワーでゴージャスに

瓶の口にワイヤーや紐でフラワーを付けると、インパクトのあるゴージャスなアロマディフューザーの出来上がり。

チャームを付けて

繊細な輝きが揺れるアロマディフューザー

お気に入りのチャームやアクセサリーを飾っても可愛いですね。

ラベルを貼って

貼るだけ簡単アレンジ

シールやラベル、ステンシルや転写シートなどを貼るだけなので、とっても簡単♡
インテリアに合ったデザインにしやすいのも魅力です。

ペイントして

ガラス用インクでペイント

お絵描き感覚でオリジナルの瓶を作ることができます。

素材を組み合わせてみよう

シンプルな小瓶こそ素材を組み合わせが映える

レースやリボン、フラワーなどを組み合わせることでロマンチックなイメージに。

シンプルな陶器をロココ調に

リボンやカメオ、転写シートで、シンプルな陶器をロココ調にアレンジ

装飾できるのは瓶の外側だけじゃない

ドライフラワーをイン

瓶の中にアロマオイルと一緒にドライフラワーを入れておけば、よりナチュラルなイメージになり、目でも香りを楽しめます

スティックにも一工夫

スティックもただ挿しただけではものたりません。
ちょっと一工夫して、素敵にアレンジしちゃいましょう。

マスキングテープを巻くだけ

マスキングテープを巻いてお好みの形にカットするだけで、可愛らしいフラッグになります。

フラワーを添えてお部屋の彩りに

ソラフラワーに芯を付けても良いですし、フラワー付きのリードスティックも市販されています。

実はカラーバリエーションも豊富なリードスティック

インテリアに合わせた色を探してみて

リードスティックのナチュラルな木の風合いがインテリアに合わない……という人は、着色されたリードスティックがおすすめ!
容器や香りとの組み合せを考えるのも楽しいですよ。

アロマディフューザーで癒しの時間を

プロフィール画像

あい @a777i

忙しくてマッサージできないときは、アロマディフューザーを使うとリラックスできるぅ~

2016.05.08 10:00

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事