想像と違う…DIY初心者がハマりやすい8つの失敗例と対策法

自分好みの家具やインテリアなどを自分で作っちゃうDIYやリメイクが今流行しています。
Instagramなどで素敵なDIY事例などを見つけたりして、自分もやってみよう♪って挑戦してみるけど、やってみたら「思ってたんと違う・・・」。
そんなDIY初心者が陥りがちな失敗例と対策法をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年4月6日更新

DIYで自分好みのインテリアに♪

今はDIYやセルフリノベーションなど、なるべく自分の力で家具やインテリアなどのアレンジを楽しむ方が増えてきました。
しかし、楽しい反面、慣れない作業で思わぬ失敗も生まれがちで・・・

DIY失敗で凹む





材料も道具も調達して、意気込んでさあDIY!・・・って思ったのに、実際にやってみると思わぬところで失敗してしまうことってありますよね・・・

ありがちな失敗例1.何故か歪む

きっちり測定しながら作っているつもりでも、木材をカットしてみると何故かきちんと直角になっていない・・・そんなことありますよね。

そんな時には「さしがね」

プロの大工さんなら必ず使っている「さしがね」。
一見すると、直角状になった定規です。形状から見てわかるように、これを使うと直角を正確に取ることが可能になります。

直線や直角を描く他にも、しならせれば曲線を描くこともでき、また、木材の幅を等分割したり、30度、45度、60度の角度で線を引いたりと、使いこなせば使いこなすほど驚くほど便利に使える大工道具です。

かねじゃく、まがりかねなどの別称もありますので、ホームセンターなどで探すときの手がかりにしてくださいね。

▼さしがねの使い方についてはこちら▼
さしがねの使い方【DIY基本編】

失敗例2.まっすぐに切れない

のこぎりでまっすぐに切れない

カットした後の木材がイマイチなのは、測定の他にもカット自体が失敗している可能性もあります。

電動工具を使えばまっすぐ切るのは簡単なのですが、扱いを間違えると大変な事故につながる危険もあり、初心者にはあまりオススメできません。となると、やはり手びきののこぎり・・・こちらも難しいですよね。
のこぎりでまっすぐに切るのは技術と経験が必要で、初心者にはなかなかハードルが高いですが、ちょっとした動作や構え方を改善するだけでも随分できあがりも変わってきますので、基本はしっかり押さえておきたいところです。

▼のこぎりでまっすぐに切るコツはこちら▼
のこぎり-まっすぐに切るための処方箋
のこぎりの使い方の基本を動画で説明されています。
力の抜き加減など、何度も練習あるのみですね!
他にも、木板をクランプで作業台に固定すると、作業が楽になりますよ。

ホームセンターでカットをお願いしよう

初心者にはやはりこの手が無難です。
ホームセンターでは購入した木材のカットサービスがある場合も多いので、お願いできるところはお願いしてしまいましょう。

失敗例3.工具での負傷



大工道具でのDIY中の負傷。これも失敗あるあるですよね。

電動丸のこでの切断事故など、起こるとシャレにならないレベルの負傷もありますが、金槌で釘を打ち付けるときに間違えて指を打ち付ける、ハンダごてで火傷するなど、想像しただけで痛い危険もいっぱい。
くれぐれも安全確保には留意して作業するようにしましょう。

失敗例4.釘打ちの失敗

釘を打ったら釘が曲がる

これはよくある失敗ですね。
釘をまっすぐに固定して、釘に対して垂直に金槌でたたくといいのですが、指を打つのが怖くて固定が甘くなったり、初めてだとなかなかうまくいきませんよね。
これもまずは練習あるのみでしょう。

釘を打ったら木材がヒビ割れ

釘やネジを打つときに、板がヒビ割れ・・・がっかりですよね。

予め下穴を開けておく

板にいきなり釘を打つのではなく、予めキリで下穴を開けておくと安心です。

quote
下穴の深さのは、おおむね釘の1/2から2/3程度の深さをあければ大丈夫です。材料の硬さにより深さは調整します。


釘を打つ位置に気を遣うのもポイントです。

釘の先端を潰すやり方も

金槌を使って釘の先端を丸く潰しておくと、ヒビ割れしにくくなります。
割れやすい木材などもありますので100%ではありませんが、これも覚えておきたいTipsです。

失敗例5.ネジ頭が潰れる

ネジ頭がつぶれてしまって、どうしよう・・・

専門用語では「ネジ頭がなめる」というそうですが、これもよくある失敗ですね。

ポイントはとにかく押すこと!

ネジ頭がつぶれる原因は、ドライバーの使い方が誤っていることにあります。

quote
・できるだけ回そうとしない
・浮き上がらないように強く押し付ける
ドライバーの使い方の基本は、「回す」というよりも「押す」ことのほうが実は大事。「押す」が80、「回す」が20の割合でいいとも言われます。
ネジが浮き上がった状態で力任せに回そうとすると、ネジ頭がなめてしまう原因に。とにかくまっすぐに「押す」ことに意識を集中して作業をするといいようです。

インパクトドライバーがあると作業しやすい

今は100均でも一通りの工具は手に入りますが、やはり安い工具だと失敗も多いという声も・・・ネジ頭がなめてしまう失敗も、工具の使いづらさから正しく力が入れられない、ということもあるようです。
「押す」ことに集中できるインパクトドライバーが一台あるとそんな失敗からは開放されて、作業ストレスも軽減しますよ。

失敗例6.塗装の失敗




ペンキなどでの塗装も、塗りムラが出たり、周りを汚してしまったり、失敗の多いジャンルです。


刷毛よりもローラーのほうがムラになりにくいみたい。

ベンジャミン・ムーアのペンキ

失敗の少ないペンキで評価の高いベンジャミン・ムーアのペンキ。

嫌なニオイもほとんどなく、塗料がよく伸びるので作業中の飛び散りの心配もなし。二度塗りすればムラはほぼなくなるので誰だって施工が簡単。
壁などの広い範囲をムラなく塗りたい時などには特に頼れる味方になります。

▼ベンジャミン・ムーアのサイトはこちら▼
ベンジャミンムーアBenjamin Moore Japan

カラーボックスが塗料をはじく

これもよくあります。
一応下調べして下地を塗ったりするのですが、塗料をはじいてしまって、ペンキが一向に乗らない・・・
一気にテンションが下がってしまいますよね。

しっかりしたヤスリがけが必須

カラーボックスに塗装したい場合は、先についている塗料やツルツルした加工をしっかり取り除く必要があります。サンダーがあるとあっという間に作業ができますよ。
手動でカラーボックス全体にヤスリがけするのは、かなり根気がいります。

失敗例7.剝がせる壁紙が剥がせない

最近話題の剝がせる壁紙

賃貸でも使えると評判の貼って剝がせるタイプの壁紙。
普通よりも粘着性の弱い糊を使用していて、とても優れものの商品ですが、こちらも「剝がせる」というのをそのまま過信してしまうのは禁物です。

quote
貼ってはがせる壁紙、賃貸でもOKってやつを1年貼って、剥がしたら、
粘着質が残り、ベタベタしてます。
quote
100均のマステや両面テープが安いからと何も考えずに一番初めに使いましたが一年少し経った頃の原状回復での際にテープが劣化していました。
剥がす時にブチブチと破れてしまいましたし粘着の部分はベトベトになっていました。
賃貸の場合、「マスキングテープ+両面テープ」を使って普通の壁紙も楽しめるというTipsも有名ですが、こちらも、劣化しやすいテープだったり、長い間貼りっぱなしにしておくと、やはり最初の頃より粘着力が増してしまうこともあるようです。
また貼る壁の材質も様々ですので、メーカーさんも国内全ての壁で試されたわけでもないでしょう。失敗はゼロではないわけです。
壁一面に貼って数年後に「しまった!」とならないように、目立たない場所で数ヶ月様子を見てみると、安心かもしれません。
でも数ヶ月も待つなんて・・・という気もしてしまいますよね・・・

ホチキス留めという手も

壁紙が浮いて多少ポコポコはしますが、貼る場所によってはホチキス留めという方法も有効です。
ホチキス留めで固定できる家具も最近話題ですが、ホチキスの跡はほとんど残らないので、原状復帰という目的はかなり達せられます。
針の経年劣化による錆びだけには気をつけたいので、ステンレス製の針を選ぶとアルミ製よりは錆びにくいようです。それでも定期的に劣化してないかどうか、確認はしましょうね。

失敗例8.思いつきで突っ走ると失敗する



事前の下調べが足りなかったり、途中でちょっとヘンだなという気がしてもそのまま突き進んでしまったり、ちょっと立ち止まって考えてみればよかったのに、という失敗例も数多くありますよね。

ドアノブを逆に取り付けてしまう

これでは扉は開けません・・・

足りない・・・

涙が止まらなくなりそう・・・

事前にきちんと測定しておくことと、作業中は常に冷静に判断することを忘れないようにしましょう。

Let's DY!



怪我にはくれぐれも気をつけて、みなさんも失敗しないよう(もしくは失敗も楽しみつつ!)DIYを楽しまれてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事