5962 VIEW

油性ペンでOK!簡単ステンシルでプチプラリメイク!

安くて簡単・カッコいい油性ペンのステンシルDIY★
油性ペンは乾きも早く、色んな物に描けるので、お子様と一緒にDIYを楽しむこともできます。
ステンシルシートを使うことで完成度も上がります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年4月7日更新

絵の具をポンポンするだけの簡単DIY☆

簡単にカッコイイ文字が書けるステンシル☆

描きたいモノの上にステンシルシートを置いて、ステンシルブラシ(もしくはステンシル用スポンジ)に絵の具をつけてポンポン色をのせていくと、簡単にかっこいい文字が描けます♪

でも、絵の具でポンポンするのも、意外とコツがいります。
水分が多すぎると滲むし、絵の具が多すぎてもキレイな文字が描けません。
少量の絵の具で何度もポンポンすることで、キレイな輪郭の文字を描くことができます。
乾くのを待たないといけないので、時間もかかりますね。

でも油性ペンを使えば、チャチャッとステンシルできちゃうんです!
ステンシルシートを動かないようにマスキングテープ等で固定すれば、お子様と一緒にリメイクを楽しむこともできます☆

油性ペンとステンシルシートを用意して作ってみよう♡

油性ペンといえば マッキー★

太・細・極細・ノック式等色々なタイプが増えましたね☆ステンシルをするなら、細・極細で輪郭を描き、太で色塗りするのがオススメ♪小さなステンシルなら、細いタイプのマッキー1本でもできます。

海外の油性ペン 「Sharpie」

日本のマッキー的存在!海外ではDIYに欠かせない定番油性ペン★色はビビット系。ポップな感じの可愛い作品が作れますね♪

ステンシルシートは100均で♪

ひらがなやアルファベットのステンシルシートは、100均でも売っています。(こちらはダイソーのステンシルシートになります。)

Seriaのステンシルシートも素敵です♡

エレガントなステンシルシートを使って、黒の油性ペンでシルエット風に描けば素敵な雑貨が作れます♪

ステンシルプレートを手作りしてもOK♪

好きなフォントで、好きな文字をプリントアウトして、それをクリアファイルに写してカッターで切り抜けば、オリジナルステンシルプレートの出来上がり♪100均のステンシルプレートは少し小さめなので、大きな文字を描く時は、自分でステンシルプレートを作ってみましょう♪

ペンとステンシルシートを用意したら、あとは色塗りするだけです☆
ステンシルシートで、色を塗る時のはみ出しを防ぎ簡単におしゃれ雑貨が作れます☆

木製雑貨 マッキーリメイク☆

王道 数字のステンシル★

好きな数字を油性ペンでステンシル★数字のステンシルは、簡単なのにカッコいい!男前インテリアにぴったりですね♪

マッキーで作った木製プレート

よく見るとゴミ出し表示になっています★動物のシルエットも、油性ペンなら簡単に描けます。絵の具でステンシルするよりも、短時間で手軽に作ることができますね★

マッキーならこんな所にも描けちゃいます♪

絵の具だと垂れてしまう心配もありますが、マッキーならすぐ乾くし、垂れる心配もなし!失敗も少ないので、思い切って家具に描いてみるのも楽しいです★

布にも書ける油性ペン★ 

麻の布にステンシル 簡単タペストリー★

麻布など、目の粗い布に絵の具でステンシルをするのは結構難しいです。凹凸があるのでなかなか上手く色がのりません。でもマッキーなら簡単!凸凹したところも、細マッキーを使えば、均等に色塗りできます★

Seriaの無地タペストリーにステンシル★

ちょっと根気がいりそうですが、できた時の感動はひとしおですね★シンプルなタペストリーも、ステンシルをするだけでカッコいい目隠しカーテンになります♪

ペン先が細ければ細かい絵も描けます♪

これはちょっと上級者作品ですね。細かくてちょっと難しそうですが、マッキーには『極細』もあるんです!極細マッキーを使えば繊細な絵も描くことができます★

ガラスや陶器製品に描いて おしゃれインテリア★

空き瓶にステンシルしてアンティークライトをDIY★

曲面にステンシルするときも、油性ペンなら絵の具よりとっても書きやすいです。ステンシルした瓶のフタに電球をつけて、ぶら下げれば素敵なアンティークライトになります。油性ペンで書いた文字のムラも、ライトで照らした時のかすれ具合が古めかしさを演出していてかっこいいですね★

調味料入れに英語でステンシル♪

シンプルな陶器の調味料入れも、黒の油性ペンでステンシルすると、おしゃれな雑貨に早変わり!中身も一目瞭然になって、なにより、カッコいいですね★

食器に描くときは 焼き付けましょう♪

quote
①マグカップをしっかり洗う(シールなどはとっておく)
②油性ペンで絵や文字を入れる(間違えたらエタノールで修正)
③インクを乾かす(1日~3日。長めのほうがベター)
④予熱をしていないオーブンに入れ、200℃に設定、1時間焼く
⑤焼きあがったら、オーブンに入れたまま完全に冷やす(夜に焼き始めて一晩そのまま置いておくことをおすすめ)
⑥オーブンから取り出したら完成!

カラフルな油性ペンでオリジナルマグ♥

丸を均等にステンシルすれば、可愛いドットのマグカップに♡三角や四角、空に浮かぶ雲など、色々な形のステンシルで楽しみましょう♪

イニシャル点描画でおしゃれマグ♪

ステンシルする時に、あえて色々な色で点描画で表現するとアーティスティックなカップになりますね★

逆ステンシルで文字を浮き上がらせる★

マスキングテープで白抜きしたい形に切り抜き、マグカップに貼ります。その外側を、好きな色で埋めて、最後にマスキングテープを剥がせば、白抜き文字が出てきます♪Dad(パパ)の文字を貼った状態で、お子様に好きなように色塗りしてもらって♪パパ大喜びの素敵なプレゼントになりますね♪

こんなものにも描けるの!?!?

さすが油性ペン!葉っぱにも描けます!

枯れてしまった観葉植物の葉を捨てる前に、オブジェとしてリメイク!枯れた部分もいい味出してます♪

透明テーブルクロスに英字ステンシル★

透明のビニールクロスの裏に、文字を反転させてステンシルすれば、テーブルを何度拭いても、文字が薄くなることがありません。また、ビニールクロスを厚めにすると、立体感のあるテーブルクロスを演出できます♪

携帯ケースに曼荼羅アート♡

曼荼羅アートは大まかな線だけステンシルにして、細かい線はフリーハンドで書くのがオススメです。

傘に落書き♪手書き風DIY

白い油性ペンで描けば、黒い傘もおしゃれな傘に大変身!暗い夜道で黒い傘をさすと、全然見えなくて危ないですが、白い文字を入れることで、少し見えやすくなって安全対策にもなりますね♪

テニスラケットにステンシル★

油性ペンだからこそできるリメイクですね。ガットに絵の具でステンシルすることは、まず無理でしょう。でも油性ペンなら可能です!自分だけのオリジナルラケットで紛失防止にもなりますね★

まさかの 腕に 油性ペンアート!

タトゥーを入れたいけど入れられない、、、そんな人におすすめ♡油性ペンで描けば、痛くないし、そのうち消えます。すぐに消したいときは以下を参照してみてください♪

quote
顔や手など肌についた油性ペンの落し方
簡単手軽にできる油性ペンのステンシルアート★

簡単なものから挑戦して、オリジナル作品の幅を広げてみてください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事