旅行かばんパンパンはもう嫌!眼からウロコの旅行収納術

旅行はなるべく身軽で行きたい!
旅行の荷物を減らすための驚きの、そしてすぐに使えるテクニックをまとめてみました。
見たら真似したくなる今話題のストローDIYや、その他のtipsも♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.3.4 作成:2016.3.4

楽しい旅の第一歩は、ミニマムな荷造りにあり

快適な旅のための旅支度

当たり前のことですが、旅の前から既に旅行は始まっています。
パンパンに詰め込まれた荷物を持って旅立ってしまうと、動きが制限されたりお土産が入らなかったり、何かと残念なことになる場合も・・・
旅先でなるべく身軽に動くためにも、旅の荷物は必要なものを厳選して最小限にしておく必要がありますよね。

まずは旅に必要なものをリストアップ

リストアップが効率化の近道

ただ闇雲に「あれもいる」「これもいる」とパッキングしていくと、どんどん荷物が増えていき、旅行かばんが太ってしまう原因に・・・
まずは必要なものをリストアップして、それに従う形でパッキングを始めましょう。

荷物は必要最小限に

・絶対に必要なもの
・あったほうがいいけど現地で調達できるもの
・あれば便利なもの

など、ランク別にリストアップすると便利です。
実際に書きだして一覧にすることで、「これ、本当に必要かな?いらないかも」とか、「必要になったら現地で買おう」とか、判断の材料になりますよね。

どんな旅にしたいかも明確になる

必要な荷物をまずリストアップすることで、これから行く旅の目的やイメージが頭の中で整理され、より明確になります。
効率的に必要最小限なパッキングができるだけでなく、旅の行程自体も確実に効率化されますよ。

それではここからは、必要なものをよりコンパクトにパッキングするためのアイデアをご紹介いたします。

かさばる衣類は圧縮

100均でも売っています

特に冬場は衣類がかさばって場所を取りますよね。
体温調整のためのフリースの上着なんかがあれば安心ですが、そういったものは衣類圧縮袋でコンパクトにして持っていきましょう。

細長くたたむとシワになりにくい

圧縮袋だとシワになるかも・・・という方は、なるべくコンパクトになるように細長くたたむとシワになりにくいそうですよ。
目安は四つ折りくらいだそうです。
クルクル丸めて立ててパッキングしていくやり方が、この場合いちばんコンパクトにはなるのですが、シワになりにくさを両立させようと思うと、このたたみ方がベストという意見も。
シワになりにくい素材のものを選ぶというのも大事かもしれませんね。

化粧品は使う分だけをコンパクトに

必要なコスメをそのまま全部持っていくとこうなる

ガラス瓶入りの化粧水なんかは、それだけでもかなり重いですよね。
その上これだけ頑張っても、機内持ち込みできる液体の量は限られていますので、没収されてしまう可能性も。

サンプルを利用

そうならないように、1回分ずつパッキングされたサンプル品を予め集めておいて持っていくなんて技は、使ったら最終的に袋は捨ててなくなるので、身軽にする技としてオススメです。

quote
トラベル用の小さいのをわざわざ買うのももったいないし、
それに、
いつも使ってるのが使いたい。
敏感肌などで、使える化粧品が限られる場合もあるし、そうでなくても、旅先では肌のコンディションも普段とは変わりがち。いきなりいつもと違う化粧品を使うのはちょっと・・・という方もいっぱいいらっしゃいますよね。
いつもの化粧品をコンパクトに持っていくためのアイデアを見てみましょう。

100均の詰め替えボトルで小分け

100均に様々なサイズの詰替えボトルが取り扱われていますので、そちらに必要分だけを詰め替えて持って行きましょう。
必要分だけと言っても、「なくなったらどうしよう」と心配になるレベルだとさすがに困りますから、気持ち多めのほうがいいでしょうね。

詰め替えボトル技は、既に使われている方もいらっしゃることと思います。
もっと他のアイデアもありますよ。

コンタクトレンズケースが使える

コンタクトレンズケースでスリム化!

quote
もともと、洗浄液とレンズを保存する為の物ですから、漏れません。
また、浅いので使いやすいです。
コンタクトレンズケースを使うメリットは、小さいというだけでなく、水漏れしにくい、ということがあります。
「化粧水と乳液」など、用途に合わせて小分けできるのも嬉しいですね。

ファンデーションと日焼け止めにも最適

リキッドファンデや日焼け止め、ベースコスメの類も、必須アイテムですが、これらの容器がかさばりがちなものも、コンタクトレンズケースに移し替えれば、省スペースになる上に使い勝手もよさそうです。
他にもリップグロスやハンドクリームなどの収納にも便利ですよ。

アクセサリー収納にも

小さなピアスなんかは、よく旅先でなくなりがちなアイテムのひとつですよね。
コンタクトレンズケースを指定席にしておけば、そんな心配も無用です。
指輪なんかも入るようですから安心ですね。

ストローでパッキング

今話題のストローDIY

今韓国で話題になっているというストローDIYによるコスメ類のパッキング。
簡単にできてすごくコンパクトになることから、日本でもTwitterなどで広まり徐々に人気が出てきています。

プロフィール画像

しおたこし @r1n_717

ストローの両端をアイロンで閉じて旅行用の化粧水とか入れるやつネットでみて、やってみたらできた!これ、すごい!すごい…!

2016.02.28 16:21

▽はせみ△ ‎@nun_sky1517:
化粧水とかクレンジングを ストローに入れてアイロンで 密閉するやつ出来た…
感動、コンパクト、便利
https://twitter.com/nun_sky1517/status/702144486130917376

やってみる人が続々!
見た目のコンパクトさのインパクトと、アイロンで閉じるだけという手軽さもウケています。
それでは作り方を見てみましょう。

準備するもの

・ストロー
・キッチンペーパー
・ストレートヘアアイロン
・中に詰めるもの(ここではクレンジングリキッド)

1.ストローの端をアイロン接着

ストローの片方の端をキッチンペーパーで包んでから、ストレートアイロンで押さえます。

熱で溶けて、接着されました。

2.中に溶液を詰める

ストローのもう片方から、クレンジングリキッドを入れていきます。
1回分に相当する量を詰めるといいです。

3.もう片方の端も同様に熱接着して完成♪

見た目も可愛いし、ポーチにもすっきり収まっちゃいますね!
アイテム毎に色分けしたり、マスキングテープでタグを作っておくと、中身もいろいろ入れられそう。

使う時にはハサミを入れるだけ♪

お手軽な使い勝手が嬉しい。使ったらストローはそのまま捨てられるのもいいですね!

携帯用のハサミも活用

最近はスティック状のハサミなど、コンパクトなハサミも各種揃っていますよね。
ハサミも携帯用を活用しましょう。

【DIY】旅行に超便利!!ストローで超簡単!!化粧水などの“液体容器”の作り方 - YouTube
旅行に行く時など、化粧水やメイク落としを持っていくと思うんですが、、、 かさばらない&持運び便利&使い切れる!! ストローで簡単に作れる“液体容器”の作り方をご紹介します!!
ストローDIYのやり方動画です。
こうして見てみると、本当に簡単ですね!


ストレートアイロンのない方は、洋服用のアイロンでも。

ペンチ+ライターという荒業も

ストローの端をペンチでしっかり押さえ、ライターで2~3往復させて熱接着させる、というやり方もあります。
もともと欧米のほうではこちらのやり方が、アウトドアキャンプ用のライフハックとしてポピュラーだったみたいです。

▼ライターでのやり方はこちら▼
ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる



クリームのように水漏れの心配が少ないものなら、テープ留めでも対応できるみたい。

点眼容器に歯磨き粉

歯磨き粉などはホテルのアメニティを使うという方も多いと思いますが、どうしても自分のものを使いたい場合、古い点眼容器に詰めて持っていくという手も。
これも使い切ったら捨てられるのがいいですね。

ピルケースをアクセサリー収納に

バラバラになりがちなジュエリーやアクセサリーを、ピルケースで分類して収納。

ボタン技

ボタンを使ってピアスの収納をするアイデアも使えそう!

腕時計を活用する方も

ストローでネックレスの絡まり防止

こちらもストローを使った技。
チェーンの絡まり防止にストローを活用するアイデアです。

リップクリームの空ケースを貴重品入れに

もしもの時のための現金などを、リップクリームの空ケースの中に忍ばせておくアイデア。
海外旅行の時などには、国内以上に何があるのかわからないので、こういうものを持っておくと安心の材料になりますよね。

旅先で靴が必要になる場合

古いシャワーキャップで靴底をカバー

なるべく身軽にするという観点からは、靴は履いていくものだけにする!というのが鉄則ではありますが、旅のスケジュールによってはどうしてもそれ以外の靴も必要という場合もありますよね。
そんな時には、古いシャワーキャップを使って靴底をカバーし、汚れを防止する方法を。

物によっては靴の中まで収納に使えちゃうパターンもあります。

仕分け用のケースやポーチを活用する

無印の仕分けケース

こちらは旅上手な方たちから評価の高い、無印良品の仕分けケース。
大中小の3サイズ展開かあり、仕分けのしやすさ、荷物がすっきりコンパクトにまとまりやすくなることから、旅の荷造りには必須だと言う方も。
使わない時には小さくたためる点や、上部がメッシュになっていて中身がひと目でわかるのも使い勝手がいいですね。

このようなケースやポーチ類を上手に活用して、整理整頓して荷造りするのも、快適な旅のための荷造りのポイントになりますよ。

いかがでしたか

テクニックを駆使して荷物を減らし、ぜひ旅そのものを思う存分楽しまれてくださいね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事