100均のカラーボードで作れる!驚きのリメイクアイデア集

ダイソーのカラーボード。
発泡スチロール素材の扱いやすさが魅力のカラーボードは、100均DIYの素材として、すごく便利に簡単に素敵なアイテムを作れちゃいます。
カラーボードを使った驚きのリメイクアイデアを集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年2月16日更新

ダイソーのカラーボード

カラーボードとは

quote
材質は発泡ポリスチレン。
安くて、軽くて、カッターナイフで簡単に切断できるのが特徴。

カラーシートバスロールサイン

貼るだけお手軽バスロールサイン

まずは、カッターで加工する手間すら必要ないこちらのバスロールサイン。
ダイソーのカラーシートにセリアのクッキングシートを貼るだけで完成するお手軽リメイク作品です。
そんなにお手軽とは思えない見た目ですよね!

セリアのクッキングシート ブルックリン柄

こちらが加工に使われたセリアのクッキングシート。ブルックリン柄がお洒落で、こちらもよくリメイク作品に活躍させている方がいらっしゃるみたい。

もちろん自分でステンシルしても本格的な仕上がりです。
カラーボードは軽いので、両面テープで手軽に固定できるのも魅力ですよね。

なんちゃって黒板

簡単カフェ風黒板

ダイソーの木目調カラーボードを枠の形に加工し、セリアの黒板シートを組み合わせるだけで、カフェ風黒板のできあがり♪

木目調カラーボード

カラーボードは、バリエーションの多さも魅力ですね!

quote
もちろんマスキングテープと両面テープで貼っているので
原状復帰可能です。

なんちゃってナンバープレート

男前なナンバープレート

こんなナンバープレートも、カラーボードで手作りできちゃいます。
ステンシルと汚し加工が効いています。

ナンバープレートの作り方

quote
①パソコンでデザイン作成。私はラベルマイティ愛用中。②カラーボードにのせて大きい英数字をカット。小さい部分もステンシルするのでカットする③プレート部分をカット。④細かい文字をステンシルして、オイルで汚します。

続いて、カットした文字をボンドで貼ったらできあがり♪
簡単ですね!

アルファベットモチーフ

アルファベットオブジェも簡単手作り

ほしい文字の形にカッターで切り抜き、こちらはマスキングテープを使ってデコレーションしてから設置されています。
マステがいい仕事していますよね♪

シンプルにメッセージを作って貼るのもお洒落

飾るお部屋の雰囲気に合わせて、自分の思い通りに形作れるのがカラーボードの魅力。
先ほどのお部屋とはまるでイメージが違いますよね。
こんな落ち着いた演出も思いのままです。

イニシャルピニャータ

こんな風に使う

先ほどのイニシャルオブジェの中に、キャンディーなどのお菓子や紙吹雪などを仕込んでおいて、このように吊るして、パーティーのクライマックスに主役がどんどん叩いて割る趣向です。
パーティー中はオブジェとして、最後にはイベントの要として場を盛り上げてくれますよ☆

レンガの壁もカラーボードで

レンガ風の壁

こんなお洒落なレンガ風の壁も、カラーボードを加工することで簡単に手作りできちゃいます。

本物のような見た目にこだわります

ミルキーホワイトのペンキに砂を混ぜて塗ると、ボコボコした質感になっていい感じです。
汚しはブライワックスで。

洗面台の扉をレンガ風にするのも素敵♡

なんちゃってレンガにセメントを塗って、ジャンキーなレンジフードに!

レンガ一個ずつ作って貼り付けるのも可愛い。

色の塗り方で部屋のイメージも変わりますね。

アクリル絵の具をスポンジで、トントンと置くように乗せて色付け。
いろいろな塗装のやり方がありますが、好みのレンガ風になるように少しづついろんな色を混ぜていくのがいいですね。

はんだごてのない方はカッターでも

こちらは消しゴムはんこ用のカッターで溝を付けた後、ペイントして作り上げたなんちゃってレンガ。
カラーボードは5mmしか厚さがないので、カッターでも溝は作れます。はんだごてまで用意するのはちょっと敷居が高く感じられる方はいかがでしょうか。

カラーボードにインテリアシートを貼るだけでも

こちらはもっと簡単。
セリアのリメイクシートなどの貼ってはがせるインテリアシートをカラーボードに貼り付けるだけ!
なんちゃってレンガのようなリアルっぽい見た目には及びませんが、全面糊付けになっているリメイクシートをそのまま壁に貼るのに比べると、カラーボードだと一部を貼り付けるだけで設置できるところが、壁紙の傷みを最小限に抑えられていいですね。

板壁風もカラーボードで

なんちゃって板壁!

quote
敢えて色は黒を使用。カラーボードに白ペンキをかすれた感じにザッと塗ります。
乾いたら好きな間隔(今回は9センチ幅)に線を引き、彫刻刀でガリガリ削って行きます。
あとは貼りたい部分に合わせて発泡スチロールをカットし壁に貼って行きます。

ファブリックパネル

お好みの生地を張れば、インテリアのアクセントとなるファブリックボードも手作りできます。

▼ダイソーで材料を揃える作り方はこちら▼
ファブリックボード 作り方

ステンシルを彫る

ステンシルディスプレイ

こちら、木目調のカラーボードに、パブロ・ピカソの名言をステンシルで彫って作られたディスプレイです。
アーティスティックで素敵なアイデアですね。

レコードジャケットを飾る

お気に入りのレコードジャケットでインテリアボードに

レコードジャケットをコピーして、カラーボードに貼り付けるだけでできあがるお洒落なインテリアボード。とてもセンスのいいお部屋になっていますよね。

好きなテイストのパーツをどんどん作れる

歯車モチーフ

こちらの壁に飾られている歯車モチーフも、何とカラーボードで作成されたもの。
サビ加工も施して、インダストリアルなディスプレイに。
もちろんアルファベットモチーフもカラーボードで。

なんちゃってルーバー

この上の方に設置してあるルーバー風の飾りは、カラーボードで手作りしたもの。
アイデア次第で、いろんなものが作れるんですね!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事