目指すはスッキリ整頓!食器棚収納を綺麗に見せるコツとアイデア集

食器棚の収納にお困りではありませんか?はい、私困っています!!

先日なだれが起きて、大事なお皿を失ってしまいました涙

おしゃれで使いやすいキッチンを目指したいですよね。

収納のコツ、学んでみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月29日更新

食器収納のポイント

よく使う食器は手前の出し入れしやすい場所に

グラスは重ねて

食器の大きさを揃えて


食器収納のルールはいろいろ聞きますが

実際、その通りにうまく収納できるかと言いますと

ご家庭の食器の量にも収納棚の形状にもよりますので

これなら絶対うまくいく!なんていう方法はないと言えるでしょう。

それでも、見栄え悪くなく、それでいて、使い勝手もいい収納方法を自分なりに試行錯誤して見つけていきたいものです!

1.食器を種類別に分けて収納しましょう

和食系、洋食系でまず大分類。

その後さらに細かく、椀、鉢、皿と形状によって分けましょう。

そもそも、お客様用と普段使い用で分けておくとよいでしょう。
食器を種類ごとに分けておけば、必要な時にどこを探せばよいかすぐにイメージできます。

普段あんまり食器棚を触らないご主人等が食器を探すときにも楽に見つけられます!
来客用のコーヒーカップとソーサーはひとまとめに。お皿は立てて収納することで小さくまとまり、食器棚の場所をとりません。

2.取り出しやすさを意識して収納しましょう

種類の異なる食器類を重ねて収納すると、いちいち取り出す際には上の食器をどかす必要が生じます。

食器は割れやすいデリケートなもの。極力、そういう危険は避けたいものです。
普段よく使う食器を手前に配置したり、お子様にも手の届くような場所に、子ども用食器を配置するなどの配慮が必要です。
必要だけどなかなか出番のない食器はいつも手前に置いておく必要はありません。

使用頻度の高いものは手の届きやすい場所に、使用頻度の低いものは奥にしまっておいても、不便にはならないのです!

★限られた場所でたくさん収納する工夫★

それぞれご家庭によって、食器の種類や数量、食器棚のサイズや形状、設置場所も異なります。

それぞれのご家庭にあった形で工夫を凝らした収納方法がいろいろありますのでいろいろ参考にしてみてくださいね。

皆さん実にいろんなアイディアで工夫されていて感心するばかりです!!
100円ショップのかごを使用する方はたくさんいらっしゃいますね。

食器種類に分け、それぞれ異なるかごに収納することで、かご毎取り出したり収納したり、上の方に置いてあるものも使いやすいです。
ワイヤーかごを使用すると、中身がよく見えます。中身が見えると収納しやすく、使いやすいメリットがあります。

不透明なケースを使用する場合は何が入っているのかを表にラベル貼りしておくとよいでしょう!
書類フォルダーにお皿類を立てて入れるのも使いやすく、たくさん収納するアイディアの一つ!

お皿類よりも、お椀や深皿が多めのご家庭には不向きかも知れません。
こちらは無印良品のファイルボックスですが、食器収納だけでなく、いろんな用途に使えると話題です!

食器収納にもとっても便利かつ、見栄えもおしゃれです!
ダイソーにはこのようなディッシュスタンドがあります。

こちらをうまく利用すると、これまた上手にお皿が収納できます!
ブックエンドにお皿を立ててもOK!使い方としてはディッシュスタンドと同じですが、たとえば、全体的に白で統一したい!という時にはこちらを用いるとよいかも。
コの字ラックも、収納にとっても役に立ちます。

ワイヤーのものや、アクリルのものがあります。お好みで選べます。
こちら茶碗ラックと言われる商品です。100円ショップではゲットできないかもしれませんが・・・・

お茶碗やお椀類を重ねて収納するには抜群です!取り出しやすさも。
ハンガーバスケットと言われるこちらの商品も便利です!食器棚でなく、いろんな場所でも活躍できる商品です!

★引き出し収納も活用しましょう

カトラリーだけでなく、小皿や箸置きの類をうまく引き出しに収納することで食器棚の収納力がまたアップしますよ。
おシャレに収納するにはテイストを統一することがまず一つのポイントです。

食器類はどうしても頂き物が多いものです。

そういう場合は、1種類の統一された入れ物で収納して統一感を出すとよいかもしれませんね。
いろいろ思ったようにはうまく収納できないかもしれません。

それでも、めげずに、少しずつでも綺麗に片づけていけたらよいですよね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事