プチプラに見えない!シンプルなカラーボックスはリメイク次第でこんなにおしゃれに!

カラーボックスを使って、賢くお洒落にプチプラリメイク!
お金をかけずとも、工夫次第で素敵なインテリアが手に入ります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.1.27 作成:2016.1.27

カラーボックスでナチュラルインテリアを実現

カラーボックスを使う一番の利点はまずプチプラなこと。
そして、作りがシンプルなだけにアイデア次第でいくらでもアレンジ可能なこと。
土台がもうできあがっているから、理想の収納を作り上げるのも一からのスタートではないので簡単です。
さあ、達人たちのカラーボックスリメイクアイデアを見てみましょう♪

キッチンカウンター

材料費2670円のキッチンカウンター

カラーボックス2つを組み立て、背面に板を取り付け。
上に作業台となる板を渡すことでできあがります。
必要になる木材はホームセンターで安価に手に入ります。

▼作り方はこちら▼
材料費2670円の自作キッチンカウンター Vol.1 ~準備編~
材料費2670円の自作キッチンカウンター Vol.2 ~組み立て編~

ニトリのカラーボックス2つで

ニトリのカラボも安価に手に入る上に、棚板の位置も比較的自由に設定できる作りなのでオススメです。
quote
背板にベニヤ板を貼り、木目調壁紙を貼り、天板はカウンター材にカッティングシート+角材で囲いました。側面に小さなブックシェルフも。
木目調壁紙は100均にも取り扱いがあるし、手軽にナチュラルな雰囲気を作れるのでいいですね!

3段カラーボックス4つ+天板

カラーボックスを4つ並べて、上に集成材の天板を乗せることでキッチンカウンターにされています。
一番上の段にはカゴで引き出しを作り、下2段には既成品の暖簾で目隠しカーテンを作られています。
反対側に回るとこんな感じ。
板を張ることで、カラーボックスの背面が見えないようにされていますね。
カラボで手作りしたとは見えませんね♪

カラーボックスの机



カラーボックスで机も作れる!

カラーボックス2つと野地板で作業台

こちらもよく見たらカラボリメイクの机になっています。
上の例と同じようにカラーボックス2つを向かい合わせに置いて、野地板を上に乗せ、木ネジで固定するだけ。

野地板

DIY好きな方がよく使われることのある野地板。
野地板とは、屋根の下地に使われる板のことなのだそうです。
画像でよく見ればわかるようにヤスリ掛けがされておらず、乾燥させていないので水分も抜け切れていません。
ホームセンターで手に入りますよ。必要な大きさにカットしてもらいましょう。
quote
野地板は水分を多く含んでますので、持った感じが変わるくらいに水分が抜けるまで天日干しするのがよいと思います。
quote
『野地板は シャビーな感じになるので ナチュラル系には もってこい』 なのだそうです。
よく天日干ししてからやすりをかけ、好みの色にペイントすれば、安価で簡単にお気に入りの作業台が手に入りますよ♪

板壁風リメイクシートでナチュラル仕上げに

カラボ感を少しでも軽減するために、セリアやキャンドゥなどの板壁風リメイクシートを貼れば、ナチュラルイメージのテーブルに♪

子ども用のランドセルラック兼机に

こんな風に板を渡せば、ちょっとした作業スペースに♪
自分のスペースができれば子どもも喜びますよね。

こんなカラーボックスデスクも

表側と裏側から二人で使えるカラーボックスデスクです。
こんな設置の仕方もできるなんて、アイデア次第でいろんな使い方ができますね!

カラーボックスに扉を付ける

扉を付けると途端にカラボに見えなくなる!

こちら、3段カラーボックスを横にして、上に2つ重ねて作られた本棚です。
扉を付けることでこんなにすっきりした美しい収納になっています。

作り方も意外と簡単

合板をカラーボックスのサイズにカットし、好みの色にペイント。
蝶番でカラボに取り付けて、プレートや取っ手、マグネットキャッチなどを必要に応じて付けます。
部品は100均でリーズナブルに手に入るものも多いですよ。
難しいテクニックは必要としないので、DIY初心者にもオススメです。

▼作り方はこちら▼
カラーボックスをリメイク♪


フォトフレームでカラーボックスに扉を!
サイズが合うフレームが手に入れば、板をカットする手間もなくより手軽です。

100均のコルクボードがジャストサイズ!

カラーボックスの扉として、100均のコルクボードがジャストサイズなのだそうで、こちらを利用されている方がいっぱいいらっしゃいます。
使われている100均は、ダイソー、セリア、それぞれ例があるようです。
画像のコルクボードはダイソー。

ただ、カラーボックスのサイズはメーカーによって違いがありますので、購入前にきちんとサイズを測っておくのが大事です。

コルクボードをリメイクするのも素敵

ジャストサイズのコルクボードを利用して、コルクを抜いてフレームだけを使い、別の好みのテイストにリメイクされる方も。
こちらは黒板風にされたりセリアのリメイクシートを貼ったりしてテレビ台に仕立てられています。かっこいい仕上がりですよね。

セリアのコルクボードとすりガラス風

こちらは力作ですね!
とてもプチプラでは作れなさそうですが、セリアのコルクボードやダイソーの木材などを使ってかなり工夫された収納システムを作り上げています。
ガラスシートを使ってすりガラス風の扉をつけるアイデアなどお洒落でぜひ真似してみたいですね!

セリアのガラスシート

ちなみにこちらの方は、コーナンでガラスシートを購入されていますが、もっとプチプラで作りたい方は、セリアやダイソーなどの100均にもありますので、そちらでお好みの柄のガラスシートを探してみられてもいいですね。

▼作り方はこちら▼
カラーボックスリメイク

黒板の扉は落描きもできて可愛い

全体的にダメージ加工をして適度に汚されているのがお洒落!黒板扉にも合っていますよね。

セリアのトレリスで

quote
家にあったボロっボロのカラーボックスに
DAISOの木目調シートを貼って
セリアの 木製トレリスで扉を作りました(^-^)
木製トレリスでもこんなに素敵な扉が!
ダイソーの木目調シートもいい仕事をしていますね♪

ベニヤ板の扉

こちらはお金をかけず、ベニヤ板で作成された扉で、中は食器棚として使われているそうです。
3つのカラーボックスを使用していらっしゃいますが、上に乗せた天板とベニヤ板の扉に統一感があり、ひとつの家具として自然に成立しています。
ナチュラルイメージですっきりシンプルにまとめられていて素敵ですね。

一枚の大きな扉で

3段カラーボックスに、それぞれひとつひとつ扉をつけるのも便利なのですが、このように上から下まで1枚大きな板を用意して扉を作っても素敵ですね。
ここまでアレンジすると、もう全くカラーボックスには見えませんよね。

ベニヤ板の扉をセリアのフレームで装飾

こちらの扉は、元はただのベニヤ板なのだそうですが、表面にモールディングが施されているような出っ張っている枠の装飾がされていますよね。
こちらはセリアのフレームを3つつなげて取り付けることで、簡単に海外のインテリアのようなモールディング風扉を実現されています。

扉と引き出し

右のほうは、3段カラーボックスを横にして2つ重ね、それぞれの段に扉を付けられています。
左のほうは縦置きで引き出しを付けられて、とてもシンプルで機能的に作られていますね。

男前な収納

こちらもまるで既製品のようなリメイクです。
3段カラーボックスを並べて天板を乗せ、それぞれに扉を付けていらっしゃいます。
黒板のフタにステンシルで男前に仕上げているのが素敵です。

カラーボックスクローゼット

子ども用クロゼットもカラーボックスで

小さなお子様ようでしたら、普通の3段カラーボックスを使ってクローゼットを作ることも可能です。
棚板を一枚だけ抜いて組み立て、つっぱり棒を渡すだけでできあがり♪
こちらは更に、黒板とメッシュのフレームで扉を付けられていてお洒落な仕上がりです。

大人用はカラボ5個使いで

カラーボックスを2個ずつ縦置きし、1個はその間に横置き。
上に天板を渡して、スチールパイプを設置することでクローゼットにされています。
カラーボックス同士、及び天板は裏のほうで連結金具や木ネジでしっかり固定されているそうです。

▼作り方はこちら▼
パイプハンガー付衣類収納棚の作り方

カラーボックス+脚

脚を付けるとまた全然家具としての雰囲気が変わりますね!
扉に布を貼ったりするのも暖か味のあるインテリアとなりお洒落です。

カラーボックス+キャスター

ソファー裏の収納に

こちらは、2段カラーボックスを横にして、それぞれにキャスターを取り付けて、ソファー裏の収納として置いていらっしゃいます。
ソファー裏というデッドスペースになりがちな場所を有効利用できる上にキャスターが付いているのでフレキシブルに組み換えも可能。掃除もしやすいです。

カラーボックスベンチ

上にクッションシートを乗せればベンチにも♪

カラボを横置きにして、上に長座布団やクッションシートなどを乗せればベンチとしても利用可能!
ソファを置くスペースのない場合なんかにも便利に使えるアイデアですね。
カラーボックスを、縦・横・縦に組んで、横置き部分をベンチにするのも素敵♡

子ども部屋に

おままごとキッチン

カラーボックスでおままごとキッチンを作成されている方はたくさんいらっしゃいます。
こちらの方は、カラボを横にして、すのこで扉を作成されていますね。
100均アイテムなどを工夫して組み入れて作りあげていくのも楽しいものです。

子ども用キッチン

渾身のおままごとキッチンまでは手が出せなくても、カラボを横にして、上にペイントしたすのこを置いたりかごを置いたり、工夫次第でなるべく簡単にままごとキッチンを作ることは可能ですね♪
カフェ風にナチュラルに作られているのが素敵です。

カラーボックスに黒板シェルフ

カラーボックスの上に設置されているのは、大きな黒板!
収納スペースも作業スペースも申し分ない遊び場ですね♪

こちらの記事も合わせてどうぞ

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事