100円なのに収納力抜群!100均のファスナー付きナイロンバックが使えると話題に!

100均のダイソーやセリアで売られているファスナー付きナイロンバックが収納にとっても便利なんです。沢山入る収納力に、スタイリッシュなモノトーン柄も人気のポイントです。また、ナイロン素材なのでリメイクも簡単に出来るので使い方が広がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月7日更新

100均でオシャレなナイロンバッグを手に入れよう

100均のナイロンバッグと聞いて正直、期待していなかった方もいるでしょう。
ところが、今話題になっているナイロンバッグは種類が豊富で見た目もこんなにオシャレなんですよ♪セリアやダイソーで色柄、大きさも様々なナイロンバックが展開されています。
特にダイソーのモノトーン柄が人気で、ストライプ・ボーダー・チェック・水玉があるようです。
多種多様なナイロンバックの中でも収納力が抜群!といわれるのが、このようにマチがあり、上部にはファスナーが付いているタイプのものです。

サイズは、高さ45cm×幅40cm×マチ19cmほど。
(種類によって若干の違いがあります)

日用品の収納に

日用品のストックをこのナイロンバックに収納します。BOXティッシュやキッチンペーパー等をまとめて収納。薄型のBOXティッシュは10個以上入れることが出来るそうです。
中身が透けないのでこのナイロンバッグに入れて並べて収納すればスッキリ。モノトーンなので並べて置いてもかっこ良く見えますね。

衣替え時の洋服を収納

ファスナー付きのバッグなので衣類の収納にも使えます。
秋冬物のパーカーやトレーナーでも10枚程度は収納可能。布団カバーなんかもしまえます。季節の変わり目に衣類をしまう場所が足りなくなったら、収納BOXを買い足すよりもナイロンバッグを用意した方が断然お得!

http://smalllovehouse.blog.fc2.com/blog-date-20151009.html

こんなにオシャレに収納出来ます♡

災害用アイテムの収納にも!

非常用のリュックの他にこのナイロンバッグに必要なものを入れて備えているそうです。(一緒に映っているお水を入れているわけではないそうです。お水を入れるには少し強度が心配かもしれませんね。)
重さは無いけれどもかさばる食材や、防寒用具を揃えておくと良いですね。

収納に使う際にはラベルやプレートを取付けて!

中身が見えないのがスッキリまとまる収納のポイントですが、何が入っているのか分からなくなってしまっては元も子もありません。

収納上手なブロガーさんは手作りのラベルや、お馴染み100均のネームタグやプレートを付けて、中身を管理しているようです。
これまた100均のセルフラミネートとリボンを使って、おしゃれなラベルを作っています。
オシャレなモノトーンバックと可愛いプレートで収納するのが楽しくなりそうですね。

ナイロンバッグのリメイクも!!

入れるものの大きさを考えて、手提げ部分をカット。内側に折り返して両面テープで貼付ければ完成!の簡単ケース
衣類用ケースとして使ったり♡
モノトーンのケースは古新聞や、リサイクル空き缶を保管するのもスタイリッシュ。
こちらは少し高さを保った状態でカットして、何に使うのでしょうか…?
セリアのダストボックスがピッタリ2個収まりました。
こちらはゴミ箱としての利用ではなく、収納ボックスとして使います。
洗面台下の収納場所をスッキリと!ダストボックスが入っているので強度も◎ですね。
カラーボックスと組み合せても使いやすそうです。(こちらはカラーボックスではありませんが…)
ボックスの高さに合わせて、ナイロンバッグの高さをカットして使用します。
車のトランクにボックスと合わせてナイロンバックを使用。
防災用具や工具セットなど車に常備するものも沢山入ってスッキリ収納出来ます。

見せたくないものをカバーする!

買い置きの缶コーヒーや缶ビールをそのまま置いておくのは美しくない!
そこで100均ナイロンバックの中にすっぽり収めて見栄えを良くしたり…
生活感の出てしまうゴミ箱を目隠し!

とにかく便利なナイロンバック!

押し入れがスッキリ片付いてしまう優れもののナイロンバッグ。
収納上級者のアイデアを真似て、キレイにスッキリお片づけを楽しみましょう♪

モノトーンのナイロンバックは品薄状態が続いているようですので見かけたら、即ゲットしてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事