そのまま使うにはシンプルすぎる!カラーボックスのリメイクアイデアまとめ

カラーボックス、そのまま使ってはいませんか?
ちょっと手を加えるだけで、おうちのいろんな場所、いろんな用途で、とても便利に使えるんですよ。100均アイテムで、カラボに見えないようなすごくお洒落なリメイクも可能なんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年11月28日更新

カラーボックスがあれば、こんなものも簡単にDIYできる♪

収納に便利なカラーボックス

カラーボックス

どこのホームセンターでも、手軽に安価に手に入るカラーボックス。
おうちの収納アイテムとして使われている方も多いのではないでしょうか。

シンプルなだけに、ちょっと手を加えると、もっと便利に使えるオリジナルの収納に変身しますよ♪

見た目をリメイクする

まずは、塗装などで見た目を変えるアイデアです。

好みの色でインテリアに合わせて

ブルーグレーにリメイクして、相性抜群の黄色い壁紙で背板をドレスアップ。
ただのカラボが、上質なお気に入りの収納棚になりますね。

壁紙でイメージを変えても

ただ、カラボに塗装するのは、そのままだと塗料を弾く素材なので、ちょっと下準備の手間もかかるようです。

ペイントは気が進まない方は、こんな風に木目調の壁紙を貼ってリメイクしてみるのはいかがでしょうか。
何度も丁寧に塗り重ねられた天然木のような味わいのボックスになりますよ。
フタは、ベニヤ板で作成されていて、セリアの黒板シートを貼られています。

レンガ風の壁紙も素敵です。

セリアのリメイクシート

セリアのリメイクシートでも、レンガ風や木板風のリメイクができますよ。
貼ってはがせるから、気軽にリメイクできるのがいいですね。

カレンダーを貼り付けて

モノクロイメージで統一されたインテリアが素敵。
カレンダーをこんな風に利用するのもお洒落ですね。

扉をつける

コルクボードの扉

コルクボードを蝶番で取り付ければ、パタパタ開く扉に変身♪
コルクボードも蝶番もコルクに取り付けられた取っ手も、全部100均で手に入りますよ。

すのこの扉

すのこも、いい感じに目隠しできていいですね!
すのこに取り付けられたセリアのファブリックボードなどの飾りも素敵。

すのこ1枚で全体に扉を付けてもいい。

焼き網で!

下はすのこでしょうか。
ビフォア画像からの変わり方がすごいですね。
やり方次第ではここまでリメイクすることも可能です。

黒板塗料でペイント

黒板塗料でペイントされた板を扉にされています。カフェ風でキッチンの収納にぴったり。
黒板塗料はセリアなどでも取り扱いがありますよ。

セリアの黒板フレームを使って

こちらは、セリアの黒板フレームをセリアの蝶番で取り付けただけだそうです。
そして側面に貼られているのはもちろんセリアのリメイクシート。
リメイク費用は合計1100円で済んだのだとか!

ガラス戸風♪

PETシートに窓の目隠しシートを貼って、アンティークガラスのような扉にされています。
PETシートはダイソーなどでも取り扱いがありますし、目隠しシートも100均にいろいろあるから、好みのものがあるか探してみるといいですね。
quote
扉はセリアのコルクボードを使ってます^ ^
すりガラス風シートをホームセンターで50cm購入して、またまたセリアで購入したハードカードケースの一番大きいのを分解してそのプラスチックにすりガラス風シートを貼ります。後は嵌め込むだけです^ ^
こちらのガラス戸風は、セリアのコルクボードを利用してすりガラス風にしたプラスチック板をはめ込む形で作られているようです。

男前で潔い扉ですね♪

ステンシルも、セリアの転写シールなどを使うと手軽にできますよ。

ミリタリーボックス風

ミリタリー風に塗装して、扉を付けられています。
カラーボックスには全く見えません。かっこよすぎます!

カラボ扉DIYの基本

初心者さんには、何をどうしたらいいのかもよくわかりませんよね。
超初心者さんに向けて、扉の付け方について、材料から手順までわかりやすく説明されていますので、まずこちらの基本を確認してみられるといいですよ。

▼カラボの扉を付ける方法はこちら▼
DIY超初心者:3段ボックス(カラーボックス)に扉を付ける方法(まとめ)

キッチンカウンターにする

白いキッチンカウンター

カラーボックスを2つ並べて強力両面テープで固定し、上にホームセンターで購入した天板を乗せて、簡易キッチンカウンターにされています。
目隠しに白いカーテンを取り付けて、清潔感もあり使いやすそうです。

3つのカラボで

3つのカラボを、縦・横・縦に並べて、上にホームセンターのコンパネを渡して作られています。木目感をもっと出したい方は、パイン材などが手に入りやすく人気のよう。

カラボ3つとすのこで

気になる背面にすのこを設置することで、後ろから見てもおしゃれなキッチンカウンターに!
上にはタイルシートを乗せて、機能性も抜群です。

カラボの複数使いでダイニングテーブルに

こんな風に、組み方次第では大きなテーブルを作成することも可能!
ダイニングテーブル兼作業テーブルとして便利に使えます。
タイルの貼り方や、裏を壁紙で隠すやり方などが詳しく説明されていますので、ご参考にどうぞ♪

▼タイル貼りのカラボキッチンカウンターの作り方はこちら▼
DIY タイル貼りキッチンカウンターをカラーボックスで作る

ハンガーラックに

ハンガーラックも簡単DIY!

カラボの中板をひとつ抜いて組み立てて、突っ張り棒を渡せば、簡単ハンガーラックのできあがり!
お子さんの羽織ものなどちょっとしたものを掛けられるようにすると便利ですね。

赤ちゃん用の収納棚に

カラボの組み合わせワザで、機能的な収納棚に。
元は白かった背面にはマステを貼って、オリジナルの家具に。
インテリアに合わせて、背面もさり気なくデコレーションすると楽しいですね。

カラボ2つで収納力アップ

こんな風に、カラボ2つに天板を乗せて、突っ張り棒を渡せば、天板の大きさに従って、かけられる収納力もアップ。
子どもも自分で使いやすい専用クロゼットになりますね。

机も作れちゃう

子どもが小さいうちは特に、必要な大きさや好みの家具など、成長に合わせてどんどん変化しますので、安価に手に入るカラボを利用してDIYされると、その時その時にぴったりの収納が手に入りますよ。

子ども用デスクに

カラボ2つ+天板で。
シンプルで、拡張性も高そうな子ども用デスクも簡単に設置できます。

お子さんのお気に入りスペースに♪

こんな素敵な自分だけのスペースがあれば、毎日楽しく過ごせそう。
お部屋を飾るガーランドなどもセリアなどで揃うから、こんな風に可愛くデコレーションしたいですね。

成長したら3段に

成長に合わせてカラボの大きさを変えてあげれば、使いやすい♪

ベンチチェストに

便利なベンチ型収納に

カラボを上向きにして設置すれば、ベンチチェストも簡単に!季節物や普段使わないバッグ入れ、もしくはおもちゃボックスとして、とても便利に使えますよ。

クッション材を使えば、ベンチとしても快適

フタの部分にクッション材を入れれば、座る時にも快適に使えますね♪
quote
中々やろー!天板とクッション材と蝶番とダウンステーと布でできるよ(^∇^)
ダウンステーは、上開き扉用のアームのような金具です。設置すれば扉の開閉が便利になります。ホームセンターで取り扱いがありますよ。

こんな風に配置しても楽しい♪

真ん中にも収納できるようにフタを設置する予定だそうですが、このままでも便利に楽しく使えそうな仕上がりになっていますよね!

ままごとキッチンに

子ども用のままごとキッチンにカラボを利用してる人も大勢いらっしゃいました。

こんなキッチンで遊んでみたい♪

飾り棚も付けられたかわいい自分だけのキッチン。
これはテンションあがりますね!

こんな大作も!

腕に覚えのあるママなら、こんなDIYはいかがでしょうか。
元がカラボとは思えないような本格的な仕上がりですね。

冷蔵庫もカラボで

これは塗装ワザもすごいですね。
自分だけの冷蔵庫、お子さんも嬉しいでしょうね。
中身は収納庫としても機能的に使えます。

お店屋さん風にも♪

ジャンクポップな塗装がかわいい。
お友達をいっぱい呼びたくなりますね!

スタバ風キッズカフェ

カラボリメイクなので、内側のほうにはおもちゃも収納できるし、お子さんも大満足の遊び場ですね!
童心に帰って、一緒に遊びたくなっちゃいます。

ちなみに大人用のスタバ風はこちら

大人だってスタバ風でくつろぎたい。
そんなあなたには、こんなカラボリメイクカウンターはいかがでしょう。
おうちでいつでもカフェ気分ですね。費用は1万円にも満たないそうですよ。

出窓風のカウンターに

カッティングシートで白い板壁風にリメイクしたカラボの上に板を乗せて、出窓のような空間に。
多肉を置いてグリーンインテリアを楽しんだり、椅子を入れた空間はドレッサー代わりに使ったり。
自分だけのお気に入りコーナーができましたね。

アンティーク風にリメイク

安いカラボで高価なアンティーク家具風に。

フレンチシックに

カラーボックスを横に2段並べて、扉と天板を付けて作られているそうです。
エイジング塗装で、ヴィンテージ感がすごくよく出ていますね!

鉄板風リメイク

こちら、何と、コルクボードに鉄板風フロアシートを貼り、100均のペンキとココアパウダーで錆加工を施してカラボの扉とされています。
凝れば凝るほど面白いものができますね!

シャビーシック

一番上は金網を張られていて素敵ですね。
ベニヤ板や角材を使って扉を作られていて、たいへんですが、できあがったものへの愛着は深まりそうです。

▼金網付きの扉の制作過程はこちら▼
カラーボックスリメイクDIY色塗り&組み立て編

いかがでしたか?

シンプルなだけに、イメージに合わせてどんどんリメイクできるカラーボックス。
おうちに眠っているカラボがあったら、ぜひリメイクワザで蘇らせてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事