クリスマスリースは買うより作ったほうが可愛い♡DIYアイデア10選!

いよいよ冬らしい寒さを感じる日も増えてきましたね。クリスマスを来月に控え、準備を何から始めよう…と迷っているならクリスマスリースを手作りしちゃいましょう!本格的なリースを買うとなったら意外とお高いのですが、自分で作れば驚きの低コスト+世界で一つの可愛らしさも大満足すること間違いなしですよ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年11月12日更新

手軽に手に入る素材といったらやっぱり100均!

数年前まではリースを手作りすると言ったら、大規模クラフトショップへ出向かなければ手に入らなかったリースの素材も、今やほとんど100均で揃ってしまうとう便利な世の中。そして、各素材も100円とは思えないクオリティーの物が手に入ります。
【リースづくりに欠かせない土台】
大・中・小、ハート型、種類も豊富なので土台選びから迷ってしまいますね。
ワイヤーハンガーをリースの土台に代用することも出来ます。
大きなリースを作りたいなら、フラフープで土台を作ってしまいましょう!!
こんなリメイク方法があったなんて驚きです。
【グルーガンとグルースティック】
リースづくりは基本、素材をグルーで土台に貼付けていくだけで出来ます。行程はとても簡単です。難しいのはどんなリースにすればセンスよく、可愛らしく作れるか…という感性の部分ですね。

まず、グルーで貼付ける前に土台の上に仮置きしてバランスを見てみましょう。少し離れた所から見てみるのことも大切です。位置が決まったらやけどに注意してグルーで貼付けていきましょう。

それでは、これからリースを作ろうと考えている方へのヒントになるような素敵なクリスマスリースアイデアをご紹介していきたいと思います。

1、大人気のナチュラル素材でリースづくり

ダイソーのナチュラル素材は大人気。
クリスマスリースのぴったりのアイテムが揃っています。
100均土台とダイソーのナチュラルパーツ、もともと持っていた木の実+レースリボン、そしてペパナプフラワーを組み合せて。
ナチュラルパーツをふんだんに使って。このままだと秋っぽさが強いのでクリスマスカラーのリボンでアレンジを加えると良いですね。
松ぼっくりパーツにゴールドのオーナメントボールを組み合せてクリスマスらしさを出しています。
赤・ホワイト・ゴールドのナチュラルパーツで、クリスマスリース。
土台にグリーンを入れるとクリスマスらしさを演出することが出来ます。

2、100均のフェイクグリーンも見逃せない!

ダイソーやセリアでこのようなフェイクグリーンが手に入ります。
グリーンは使いやすい長さに切って貼付けていっても良いし、ボリュームを出したい場合は少し長めに切って同じ方向に順番に刺していってもOK。
また、長ーいフェイクグリーンを何重かの輪にして、そのまま土台として利用する方法もありです。
グリーン×レッド この色合いだけでクリスマス!!
ユーカリのフェイクグリーンと、100均で購入したお花型のフェルトを雪の結晶に見立てたデザインです。花はプリザーブドフラワーのバラを使っていますが、100均の造花でも代用できるかも?

3、100均の造花も種類が豊富!

ナチュラルなフラワーリース。これが100均の造花なんですよ!素敵ですね。
造花とリボン、どちらもバランスが絶妙。
100均のポプリで作ったそうです。ゴージャス!
超本格的なクリスマスリース!
100均素材とは思えない出来映えです。
こちらはホワイトを基調に。

4、ひらひら可愛いコレの正体は…ペパナプフラワー

花の数は大量に必要なので、そういって意味での大変さはありますが、難しくはありません。
ペーパーナプキンで作った、紙花でリースを作るアイデアです。
ペーパーナプキンを4等分し、8枚重ね、山折4カ所で真ん中をホッチキスでとめます。端のカットの仕方を変えれば(丸と三角)違った雰囲気に。
ダイソーのペーパーナプキンで作ったペパナプフラワーでリースにしました。
ペパナプは、コーヒー・紅茶・麦茶で3色に色染めしてあるそうです。
クリスマスの雰囲気を出してくれる赤とゴールドのボールピックとペパナプフラワーの組合わせ。
グリーンのペーパーを使えばそのままクリスマスリースですね。
赤いペーパーナプキンを使って、真っ赤なリースが出来上がりました。
ワンポイントは黒のリボンと黒の小物で♡

5、オーナメントリース

こちらは、アメリカのダラーストア(The dollar store:日本の100均のようなお店)で材料を揃えて作ったリースです。
日本の100均でもオーナメント用のボールは取り扱っていますので、是非このアイデアも真似してみて下さいね。
裏から見た状態です。オーナメントの上部を取り外してその部分が裏になるようにグルーで貼付けていきます。
カラフルでゴージャスに仕上がるオーナメントツリー☆
大小のボールを組み合せるだけです。色合いを変えるだけで何通りものデザインが出来上がります。

6、要らなくなった本をリースにリメイク!!!

本場アメリカでは流行中のDIYアイデアなのですが、要らなくなった洋書を一枚ずつ切り取ってロール状に丸めたものを貼付けてリースを作るというものです。
大きなロゼット(勲章)のようですね♪
切り離したページを『S』の字になるように折り、片方の端にグルーを付けてリース土台に貼付けていきます。

7、スクラッピングペーパーを使って

裏表両方に色柄のついたスクラッピングペーパーを使えばカラフルにポップなリースも作れます。
スクラッピングペーパーを長方形に切って、ループを作りはり合わせていきます。リボンの様で可愛らしいリースに仕上がります。
貼り方を変えるだけで表情が全く違うものになるのも楽しい!

8、リボンでリース作り♡

ワイヤーの土台にリボンを隙間なく結んでいくアイデア。
材料はシンプル!だけど可愛らしさは無限大!!!
フワフワリボンのデコレーションリース。

1、ワイヤーのベースにモールをランダム(ワイヤーの内側と外側)に付けておく。
2、メッシュリボンをループ状に束ねながらモールで留めていく(外側と内側)。
3、真ん中に違うカラーのメッシュルボンを同じようにループにして束ね、モールで留めていく。
4、大小のリボンもループ状にしてモールで留めていく。
5、6、メッセージサインや小花等をあしらって完成。

モールリボンと大きなメッシュリボン2種類と太めのリボン1種類、細いリボン1種類を使ったリボンリースの作り方です。

9、トイレットペーパーの芯でリース!!!

海外では注目のトイレットペーパーのリメイクアイデア。様々なものにリメイクしていますが、リースもトイレットペーパーの芯で作ってしまいます。芯をグリーンに塗れば素敵なリースに大変身!

10、チュールリボンでクリスマスリース♡

発泡スチロール性の土台(ワイヤーでもOK、ワイヤーの土台の場合は2重のワイヤーが良いです)にリボンを付けていきます。グルーも要らず簡単ですよ!
アナと雪の女王のイメージなフローズンリース♪
いかがでしたか?100均で揃う材料を中心にクリスマスリースのアイデアを紹介しました。クリスマスまでまた1ヶ月以上ありますので、沢山つくって楽しんでみて下さいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事