【100均DIY】滑り止めマットと毛糸でかわいいラグが作れる!自作ラグアイデアまとめ

海外発!滑り止めマットで作れる簡単かわいい暖かラグ♪
100均で材料全部そろっちゃうから、すぐにやってみたくなりますよ!
毛糸や古いTシャツを使って、オリジナルラグを作っちゃいましょう☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年11月6日更新

好みの毛糸でシャギーラグ♪

買うと高いシャギーラグ

素敵だけどちょっと高い・・・

こんなラグのある暮らし、憧れますよね。
でも値段を見ると、ちょっとお高めだったりして諦めることも・・・

手作りできるらしい!

憧れのラグとそっくりなものが、自分で作れちゃうそう!
しかも、材料100均で!

100均の滑り止めマットと毛糸で作れる!

必要なものはたったこれだけ!

・滑り止めマット
・お好みの毛糸
・かぎ針(6~7号)

全て100均でそろえられるものばかり♪

1.滑り止めマットを作りたい大きさにカットする

カットした部分が脆くなるので、気になるようなら瞬間接着剤などを使って補強するといいそうですよ。

2.毛糸をカットする

どのくらいの毛足のラグにしたいのかを考えて、好みの長さに毛糸をカットします。
滑り止めマットに1本ずつ結びつけていくので、このとき切った長さの半分弱くらいの毛足になります。

毛糸のカットの仕方

厚紙にぐるぐる毛糸を巻きつける

こんな風に、一度に切っちゃうと早いですよ!

3.毛糸を滑り止めマットの穴に通す

かぎ針に毛糸を巻きつけ、マットの穴に通します。

4.かぎ針に毛糸を引っ掛けて、毛糸の輪っかに通るように引っこ抜く

結び目ができるような形にしてみましょう。

5.こんな風に結び付けられます♪

あとは、どんどんこれを繰り返していくだけ!

6.縦の列も結びつける

密度を出してモフモフにするためには、横の列だけではなく、縦の列にもどんどん結びつけていきましょう。
ひとつひとつの作業はこのように単純なので、慣れるとどんどん早くできるようになりますよ♪
ただ、作業量はラグの大きさや密度によってはかなりの量になるので、テレビでも見ながら気長に根気よく進めていくといいですよ。

絵柄を作りたいときは、下絵を描く

このように、絵柄のラグを作りたいときには、滑り止めマットにあらかじめ下絵を描いておくといいですよ☆

他の作り方もあります

ストローを使う

こちら、ストローを使って滑り止めマットに通していくやり方で、シートクッションを作られています。
太めの毛糸で作るとやりやすいそうです。

▼作り方はこちら▼
ラグ風シートクッション(100均リメイク)

モコモコマット

100均の極々太の毛糸2玉分の小さめマット♪
こちらのマットは、もっと驚きの作り方で作られているそう。

毛糸を通すだけ!

毛糸を5cmくらいに切ったものを、ひたすら滑り止めマットの穴に通していくだけ!
極々太の毛糸なので、結ばなくても抜けにくいそうですよ。

専用針でもっと快適に

ラッチフック針

滑り止めマットに毛糸を通していくような手法は、ラッチフック手芸、ビートル手芸などといって、専用の針を使うとかぎ針よりもスムース。
こちらは400円前後で、比較的安価です。

このようにして使います。

ビートル手芸用針

1000円前後で若干お値段はしますが、毛糸を使ったラグを作りたいときには強い味方になりそう。
ビートル手芸のやり方の動画です。
ハマった方、凝りたい方は、専用の道具を入手してこちらの方法で作られてもいいかもしれませんね。

こんな素敵なラグが手作りで♪

ストライプのラグ

ナチュラルな色味のストライプラグ。
玄関マットなんかにもいいサイズ。

ロゴ入りラグ

「THE」のロゴ。赤と青のコントラストが素敵です。

モザイクデザイン

90×115サイズの大物だそうです。
これだけのものを作ると、感慨もひとしおでしょうね!

国旗♪

これも細かい手仕事の作品ですね!
国旗の柄も素敵で真似したくなりますね。

芝生のようなラグ

こんな色の毛糸が手に入ったら、ぜひ一度作ってみたいグラスラグ。

小さく作ってコースターに

コースターや鍋敷きなどにするのも素敵です。

家族の洋服で

こちら、家族みんなの洋服で作ったラグなのだそう。
あの時のあの服がここに・・・と、思い出が蘇りますね♪

古いTシャツを使って作る

いらなくなったTシャツや洋服などを使って作るラグも素敵ですよ!

やり方は基本的に毛糸と同じ

Tシャツなどを紐状に切って、滑り止めマットに結びつけていくだけです。
道具を使わなくても、そのまま手で結びつけていく人も多いです。
毛糸より太さがある分扱いやすいしすぐにボリュームも出ますよ。

Tシャツヤーン

いらないTシャツが出てきたら、このようにして毛糸玉のようにしておくと、便利に使えますよ♪

余り布で作ってみたい

裂き布のマットです。
裂き布独特の質感がいい味わいですよね。

顔を埋めたくなる気持ちよさ

フワフワで、赤ちゃんを寝かせておいても安心ですね♪

いらなくなったデニムで!

ジーンズ1本半分くらいを使って作られたラグだそうです。
余ったポケットやタグなどのパーツも取っておいて、別のものにリメイクするのだそうですよ♪

いろんな作品を見てみよう

いろんな色のハギレでカラフルに

ワンちゃんのベッド用のシャギーラグだそうです。
カラフルな色使いがいいですね!

丸いラグ

丸い形にしてもかわいい!
モノトーンのはぎれを集めて作ってみたい。

椅子用のマットに

小さめで作ると、椅子のクッション代わりにも使えますね。
こちらは、小学生のお子さんが夏休みの宿題で作られたそうで、子どもでも作れちゃう簡単さがやっぱり嬉しいですよね!

黒い椅子のアクセントにも

フワフワな座り心地もいいし、見た目も楽しいですよね。

好きな形、好きな素材、好きな色で作ってみよう♪

いかがでしたか。
秋の夜長に、少しずつできあがりを楽しみにしながら結びつけていくオリジナルラグ。
目の大きめの滑り止めマットと太めの毛糸や裂き布を使えば比較的楽に仕上がるようですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事