ブーツキーパーは買うより作る!家にあるもので簡単リメイク!

秋冬には欠かせないアイテムのブーツ。
みなさん、ちゃんと綺麗に保管していますか?
今回は、大切なブーツを綺麗に保ってくれる「ブーツキーパー」の作り方を複数ご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月24日更新

目次
  1. ブーツを綺麗に保管しよう!
  2. ブーツキーパーを簡単にDIYしよう!
  3. 1.簡単&可愛い!靴下で作るブーツキーパー
  4. 2.消臭も!靴下と重曹で作るブーツキーパー
  5. 3.リサイクル!衣類の袖で作るブーツキーパー
  6. 4.超簡単!雑誌で作るブーツキーパー
  7. 5.100均クリアファイルとクリップで!
  8. 6.作らない?空き瓶をブーツキーパーにしちゃおう!
  9. みなさんの素敵なブーツキーパーDIY実例集
  10. まとめ:ブーツを大切に保管しよう

ブーツを綺麗に保管しよう!

秋冬に大活躍したブーツの季節ももうおしまいになりましたね。
みなさん、もうブーツは収納されましたか?
ブーツは、秋冬のファッションに欠かせないアイテムですから、これまで、毎日のように履いてきましたよね。
来シーズンもお世話になるブーツです。適切に保管したいところですよね。

ブーツの保管方法

毎日履いていたブーツですが、脱いだまま玄関に放置していると、こちらの写真のように倒れて、変な皺がついてしまうことも…。 保管する時にも、こちらのようにブーツを放置していると、早々にヨレて駄目になってしまいます。 お気に入りのブーツが、すぐに駄目になってしまうのは、とても悲しいですよね。

ブーツキーパーでヨレ知らず

そこで、活躍するのがブーツキーパーです。 ブーツキーパーさえあれば、ブーツをきちんと自立させることができ、大切なブーツにシワやヨレを発生させることもありません!こちらの写真のように綺麗にブーツを保管することができるようになります。

でも…

しかし、ブーツキーパーは確かに便利ですが、少々お値段が高め…。
すぐ上でご紹介したブーツキーパーも1,000円以上してしまいます。

ブーツは綺麗に保管して長持ちさせたいけど、出来る事なら、あまりお金をかけたくありませんよね。

そこで、今回は家にある物を使って簡単に作れるブーツキーパーをご紹介します。

ブーツキーパーを簡単にDIYしよう!

ここからは、簡単にブーツキーパーを手作りする方法をご紹介いたします。
特別な材料や技術なども必要ありません。 身近にある材料などを使い、気軽に取り組めるアイデアばかりなので、今すぐにでも真似できちゃいます。
これは、というアイデアを見つけたら、ぜひやってみてくださいね!

1.簡単&可愛い!靴下で作るブーツキーパー

使う材料は靴下とペットボトル!

では早速ブーツキーパーの作り方を見ていきましょう。
最初にご紹介するのは、靴下を使って作る方法です。 材料さえそろえば、あっという間に作れますよ。

材料

まずは、材料の確認です。

材料

・靴下
・リボン
・ペットボトル ・豆(大豆など)
・ハサミ

※豆は、なくてもOK。または、乾燥させた使用済みコーヒー粉末でも代用可能。

ステップ

では作り方のご紹介です。

作り方

1.靴下のつま先を結ぶ。
2.ペットボトルに豆を入れる。
3.ペットボトルを靴下の中に入れる。
4.リボンを結んで完成。

以上、たったこれだけで可愛いブーツキーパーの完成です。
面倒な場合は豆の部分をカットし、ペットボトルを靴下に入れるだけでOKです。

おまけ:アイテムは100円ショップで

ちょうどいい靴下がない場合は、100円ショップの靴下を活用してみるのがおすすめです。
可愛いデザインの靴下も多いので、ぜひお試しください。
また、リボンなども100円ショップで揃えてしまえば、さらに安くすませることが可能です。

2.消臭も!靴下と重曹で作るブーツキーパー

脱臭効果のあるブーツキーパー

続いてご紹介するのは、ブーツを綺麗に保ちながら、気になる匂いまで撃退してくれるブーツキーパーの作り方です。
脱臭効果のあるブーツキーパーとなると、作るのが難しかったり、お金がかかるイメージがあるかもしれません。
しかし、今回ご紹介するブーツキーパーなら、ご自宅にある物と100均で購入できるアイテムで、簡単に作ることができます。

材料

では、早速材料のご紹介です。

材料

・靴下
・重曹
・お茶パック or 出汁パック
・新聞紙
・リボン

脱臭のカギ

作り方をご紹介する前に、まずは脱臭の仕組みについてご紹介します。

今回のブーツキーパーには、「重曹」を用います。
そして、この「重曹」こそが臭いの元を絶ってくれる重要なキーアイテムなのです。

ブーツから漂う嫌な臭いの元は、足の菌。
長時間ブーツを履くと、足が蒸れて汗をかき、菌が繁殖してしまうのです。
菌は汗によって繁殖してしまうので、どんなにお風呂で綺麗に洗っていても、長時間蒸れた状態でいれば、繁殖は防ぎきれません。

ですので、臭いの元を絶ちたければ、この繁殖した菌を消す必要があります。

脱臭のカギ2

汗をかくことにより繁殖する足の菌。
この菌は「酸性」ですので、退治するには、アルカリ性の「重曹」がとても効果的なのです。

そのため、「重曹」が脱臭のキーアイテムとなるわけです。

重曹はお掃除で大活躍するアイテムですから、ご自宅に常備している方も多いでしょう。
もし、重曹をお持ちでない方は、100均やドラッグストアで購入することができますので、ぜひ探してみてください。

ステップ

さて、脱臭の仕組みが分かったところで、いよいよ作り方のご紹介です。

作り方

1.重曹をお茶パックにたっぷりと詰める。
(量は「脱臭のカギ2」の写真を参考にしてください。)
2.重曹を詰めたお茶パックを靴下のつま先部分に入れる。
3.新聞紙をクシャクシャに丸める。
4.丸めた新聞紙を靴下に詰める。
5.最後にリボンを結び完成。

新聞紙は湿気を取ってくれますので、除湿効果も見込めます。
また、ブーツの臭いが気になるときは、重曹を入れたお茶パックを多めに作り、かかと部分まで詰めてみるといいかもしれません。

ハーブも混ぜるのもオススメです

中に入れるのは重曹だけでなく、ハーブを混ぜてもOK!
香り高いアロマに包まれて、癒やし効果も高まりそうです。

この時に使うハーブは、ラベンダー、セージ、ローズマリーなど、除菌・消臭効果が期待できるものにするといいですよ。
ハーブは単体で入れてもいいし、重曹と混ぜても大丈夫です。

3.リサイクル!衣類の袖で作るブーツキーパー

エコなブーツキーパー

みなさん、古くなったトレーナーやセーター、シャツなどをお持ちではないですか?
これからご紹介するのは、古くなった衣類の袖を再利用するブーツキーパーの作り方です。

地球にもお財布にも優しいエコなブーツキーパーですので、ぜひ注目してください。

材料

必要な物はこちら。

材料

・トレーナー、ワイシャツなどの袖
・新聞紙
・リボン
・針
・糸

ステップ

作り方はこちら。

作り方

1.袖の肩口部分を縫う。
2.新聞紙をクシャクシャに丸めて詰めていく。
3.リボンを結んで完成。

先ほどもご紹介しましたが、新聞紙は湿気を吸い取ってくれますので、除湿効果が期待できます。
中の新聞紙が湿気ってきたら、取り替えて、効率よく湿気を取り除きましょう♪

また、臭いが気になる方は、くるぶしソックスに重曹を詰めたお茶パックを入れて、ブーツのつま先部分に入れておくといいでしょう。

4.超簡単!雑誌で作るブーツキーパー

簡易ブーツキーパー

続いてご紹介するのは、超簡単に作れちゃう簡易ブーツキーパーです。
お裁縫仕事はちょっとハードル高く感じられることもありますよね。
こちらのやり方だと、そんな手間さえ一切必要ありません!
ご自宅にある物だけで作れますので、すぐにチャレンジすることが可能です。

材料

必要な物はこちらの2点だけ!
どちらもたいていのおうちにはあるものではないでしょうか。

材料

・雑誌 2冊
・紐 2~4本

ステップ

作り方はこちら。

作り方

1.雑誌をブーツの直径に合わせて丸める。
2.丸めた雑誌を紐で縛って完成。

実に単純明快ですね!
こんなに簡単に作ってしまっていいのかしら、と思ってしまいますが、意外とブーツキーパーとしてきちんと機能します。
ブーツの筒の経に合わせたサイズに作れるのもいいですよね。
たったの2ステップで完成しますので、今すぐチャレンジすることもできますよ♪

5.100均クリアファイルとクリップで!

簡単で可愛いブーツキーパーを、100均アイテムで手作り!お次もくるっと丸めるだけシリーズの作り方です。

こちらで使われるのは、100均クリアファイルとクリップです。

作り方は超簡単!
クリアファイルを筒状にくるっと丸めて留めたものを2本作ったら、ブーツに片足ずつ入れて、上をクリップでまとめるだけ!

可愛いクリアファイルを使えば、それだけで見た目もいいブーツキーパーになります。
もしくは、マスキングテープなどを使ってデコれば、いくらでも自分好みの外見に♡

透明タイプのクリアファイルを使って、中に好きなタイプの画像を印刷したものを入れておくというやり方も素敵ですよ。

6.作らない?空き瓶をブーツキーパーにしちゃおう!

空き瓶で代用

もう手作りするのも材料を揃えるのも買ってくるのも面倒!

そんな場合にもこんな奥の手が!!
空き瓶がご自宅にある場合は、空き瓶をブーツキーパー代わりに使用してしまいましょう!
こちらの写真のように、空き瓶をブーツの中にin!
これだけでもう立派なブーツキーパーです。

とんでもない手抜きですって?
いえいえ、そんなことはありません!
空き瓶は、丈夫で自立し、適度な重みもあるので、ブーツを型くずれさせずに保存するのには意外ともってこいのアイテムです。
お洒落なデザインの空き瓶を使ってみるのもいいですよね。

みなさんの素敵なブーツキーパーDIY実例集

見て可愛い♡機能性もばっちり♡

kaname5231

こちらのブーツキーパーDIYアイデアはとても面白いですね!
ブーツキーパーとして使われているのは、なんと、バルーンアート!
ブーツからにょっきりと顔を出しているバルーンのお花や動物たちが何とも言えずにキュートで見ているだけでほのぼのしてしまいそうです。インテリアも明るくなって素敵ですね。

バルーンアート用の風船も100均で簡単に手に入りますし、一度やるとハマって楽しいですよ。
新しい趣味の開拓も兼ねてぜひ♪

シンプルなブーツキーパー、その正体は・・・

smile35tamaki417122

こちら、ずらっと並べられたブーツにそれぞれ挿してあるブーツキーパー。
テイストが揃えられていて、落ち着いた色味でいいですよね。

こちらのブーツキーパー、材料はなんと、ダンボール!
意外な素材がブーツキーパーとして活躍するんですね!
見た目がダンボールとは思えないお洒落さです。

ところでこのダンボール、新聞紙同様、吸湿性もあり、ブーツキーパーとしての性能もなかなか優秀に作れるんです。
ブーツキーパーDIYのおすすめ素材のひとつです。

まとめ:ブーツを大切に保管しよう

以上、ブーツキーパーの作り方でした。
ブーツキーパーがあるだけで、大切なブーツを長くいい状態で愛用することも可能にします。
今回ご紹介したブーツキーパーは、どれもとっても簡単に作ることができますので、ぜひご自分の好みのやり方でお試しくださいね♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事