更新:2018.1.22 作成:2015.11.4

【100均DIY】紙粘土より滑かで強度もアップ!石粉ねんどで作る大人の工作にチャレンジ!

今や100均にある粘土の種類は7、8種類あるようです。その中でも石を原料にした石粉(せきふん)ねんどが、大人の工作魂を熱くしています。乾くと強度がありフィギュア作りに適している粘土なので、小さなモチーフを作ったり、ブローチにしたり楽しみ方は色々です♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. 『石粉ねんど』ってなに?
  2. 石粉ねんどで何つくる?
  3. 石粉ねんどでDIYした作品集
  4. 石粉ねんどで作られたオーナメント
  5. 石粉ねんどのアロマストーン
  6. 石粉ねんどで、気軽に作ろう♡

『石粉ねんど』ってなに?

石粉粘土とは、石を粒の揃った細かい粉状に砕いたものに接着剤などを混ぜて粘土状にしたものことです。

他の粘土と同様に自由に形が変えられるので、クラフトやDIYに便利に活用できるのが魅力です。
石粉ねんどには、次のような特徴があります。

■手につきにくい
■乾燥して固まった後に削ることが出来る
■固まったあとも、表面を水でぬらすと水がついた部分は柔らかくなり扱いやすくなる。(質感を出すために荒らしたりすることができる)
■固まった後は、固まる前よりも軽くなる。
■絵の具を混ぜて乾燥させると、乾燥前よりも色が薄くなる
■耐水性はない
ダイソーの石粉ねんどは、200g入り。
いっぱい入っているから作りごたえがありそうですね!

ちなみにセリアの石粉ねんどは100g。量は少ないけれど質が良いと好評です。
石粉ねんどは置いておくと固まって使えなくなってしまうので、初めて挑戦する場合には使い切りサイズでちょうど良いかもしれません。

石粉ねんどで何つくる?

石粉ねんど工作で、まずみんなが試してみるのはコレ!
クッキーやドーナツなどのスイーツモチーフ♡

クッキー型のブローチやストラップ

本来の色の付け方は、乾燥させた後にアクリル絵の具を使うのですが、コネコネしている最中に粘土に色を混ぜて作っている方も多いです。
仕上げにはニスや、ネイルのつや消しタイプのトップコートを使います。

色乗せはメイクスポンジで

クッキーのこんがりした焼き色を表現する場合は、断然後づけがリアルに見えます。
メイクスポンジを使って少しずつポンポンと色をのせていきます。

スポンジにはごく少量の色が残っている状態で使うのがベストです。
何度か試してから使用して下さい。
一度にベタッと色が付かないように、注意して下さいね。

クラフト金具は100均で

ブローチ金具やストラップなど、アクセサリー作りに必要なパーツは、100均でも手に入ります。
石粉粘土で、可愛いクッキー型パーツを作ったあとは、お好みのアクセサリー金具を取り付けるだけで完成です♡

ミニチュアドーナツ

まるで本物のオールドファッションのような出来栄えですね!

ドーナツ生地のザクザクした感じやコーティングされたチョコレートのツヤ感まで、リアルに表現されています。

石粉粘土なら、こんなリアルで繊細な造形も可能にします。

石粉ねんどでDIYした作品集

ミニクロワッサンの箸置き

ツヤツヤのクロワッサンが可愛い箸置きに!!
パン生地を三日月型に成型するように、粘土をこねて。
とてもワクワクしそうな作業ですね!

お客さんが見えたとき、もしくはパーティーやイベント時に使ってみても喜ばれそうです。

ネクタイピン

アーティスティックなデザインを乗せた丸いパーツは、石粉ねんど製。
どうやって使おうか、考えた結果、ネクタイピンになったそうです。

色とりどりの個性豊かなネクタイピンは、プレゼントにしてもよさそうだし、
男女問わず使えて、コーディネートの幅が広がりそうです。

おうちモチーフ

真っ白なおうちモチーフ。
素敵なインテリアディスプレイとして使えます。

人気の北欧風インテリアなど、ナチュラルでシンプルなしつらえがお好みの方なら、きっとお気に召すのではないでしょうか。

パステルな色合いのブローチ

淡い色合いが可愛らしい、こんなパステル調のブローチも素敵ですね♡

こちらのペイントは、アクリル絵の具で行われているそうです。
上から、ニスを塗って仕上げられています。

マカロンストラップ

可愛らしいマカロンをかたどった、フェイクスイーツのストラップです。
石粉粘土の他、樹脂粘土や軽量粘土なども使われているようです。

アクセントに、ビーズなどを散らしているのもお洒落でいいですね!

ドライフラワー用の一輪挿し

ちょっとしたインテリアディスプレイアイテムも、簡単に石粉粘土で手作りできちゃいます。

こちらは、小さな小さな、ドライフラワー用の一輪挿しです。
石粉粘土だけで作る場合、お水を入れて使う普通の一輪挿しには困難ですが、ドライフラワーをちょこっと挿して楽しむようならば、気軽に使えていいですね!

何とも言えない、雰囲気のある佇まいが素敵です。

陶器のようなフレーム

石粉粘土を使って、今流行りのタイルを使ったようなフレームを作ることも可能です。
石粉粘土の白を活かして、淡く色づけられたタイル状のパーツを、フレームの周りに貼り付けていくだけで、こんなに素敵な飾りができあがります。

石粉ねんどで作られたオーナメント

ここからは、石粉粘土で作られるDIYで、特に人気のあり作りやすいものをひとつずつご紹介していきます。

まずは、インテリアディスプレイやギフトなどにも使いやすいオーナメント。
クリスマスなどのイベント時にも活躍します。

クリスマスの飾りとして

色をつけてもいいし、インテリアのテイストによっては、そのままでも素朴さが出て素敵です。

クリスマスツリーなどに飾り付けるオーナメントとして作る方もいっぱいいらっしゃいます。

ギフトタグとして

色とりどりの可愛い紐を付けてやれば、ギフトタグとしても使えます。
贈り物をワンランクアップさせる素敵なギフトタグも、こうして手作りすると、より心をこめられていいですね。

こちらのギフトタグは紙粘土で作られたそうですが、もちろん石粉粘土でも同様に作れます。

石粉ねんどのアロマストーン

アロマオイルをそこに垂らすことで、アロマの芳香を楽しめるアロマストーン。
これも石粉粘土で、お好みのデザインのものが作れます。

こちらは、手作りチョコレート用のモールドを使用して作られたアロマストーンです。
これからの季節、チョコ用のモールドも手に入りやすいのが嬉しいですよね。
雪の結晶型もお洒落ですね♡

モールドの隅のほうまで、しっかり粘土を入れ込むと、型崩れやひび割れを防ぎやすくなるようです。

ひとつ作ってみると、いろんなモールドを手に入れて作ってみたくなりますよ♪

お菓子みたいなクッキー型アロマストーン

こんな風に、ビスケットやクッキーの形を模したアロマストーンも、とても可愛いですね!
素朴な味わいのある、手作りのアロマストーンは、贈り物にしても喜ばれそうです。

石粉ねんどで、気軽に作ろう♡

これからの季節、初めて挑戦する方は、まず手始めに着色しないでも作れるオーナメントを作ってみるのもいいですよね。
粘土の白が映える季節です。家の中で過ごすことの多い今、色々作ってみると楽しいと思いますよ♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!